• TOP>
  • クエストウォーロック

クエストウォーロック

TOP > デッキ一覧



クエストウォーロックは、ウォーロックのコントロールデッキである。

レシピ

クエストウォーロック.png
Brian Kibler
9040魔素
2017-09-27
過去のデッキを表示する



デッキ概要

毎ターン3/2を2体繰り出せる無限リソースが報酬のクエスト、《ラッカリの生贄/Lakkari Sacrifice》の達成を目標に、
ディスカードシナジーを最大限に詰め込んだデッキ。
爆発力はあるものの、破棄自体がランダムなこともあり、どうしても不安定な上にキーカードが捨てられてしまうことも。
また、《マルシェザールのインプ/Malchezaar's Imp》や固有ヒーローパワーの存在もあり、長くない試合でもファティーグダメージまたは寸前までデッキが回ることもある。
そのため、生命奪取のような回復が間接的に重要な要素となっている。



勝利プラン

ディスカード自体は、《銀食器ゴーレム/Silverware Golem》や《クラッチマザー・ザヴァス/Clutchmother Zavas》、そして《マルシェザールのインプ/Malchezaar's Imp》とセットで使うのが望ましい。
ただし、盤面を劇的に返せるデッキではないので、揃ってない時でも破棄に踏み込む場面はどうしても出てくる。



相性



戦略

先攻の場合

先攻1ターン目

先攻2ターン目

先攻3ターン目

後攻の場合

後攻1ターン目

後攻2ターン目

後攻3ターン目



基本マリガン



キーカード解説

ラッカリの生贄/Lakkari Sacrifice
デッキコンセプト。試合後半ともなるとこちらはカードが限られてくるので、顔面を狙うだけでなく盤面処理にも臨機応変に対処すること

ディスカードシナジー
クラッチマザー・ザヴァス/Clutchmother Zavas
銀食器ゴーレム/Silverware Golem
マルシェザールのインプ/Malchezaar's Imp
ブラッドクイーン・ラナセル/Blood-Queen Lana'thel
如何に手札が少ない時でも余り期待しすぎないこと。
ザヴァスとインプはこちらの損失を抑えてくれるし、銀食器ゴーレムはテンポを取り返すのに役立つ。
盤面が苦しくなりそうな時にはテンポ出しもありえる。
ラナセルは除去耐性こそないものの、通れば大きなリターンをもたらしてくれるので、良いプレッシャーになる。
上記のレシピなら二桁台に育つことも。

ディスカード持ちカード
魂の炎/Soulfire
ダークシャイアの司書/Darkshire Librarian
ハウルフィーンド/Wailing Felhound
ラッカリ・フェルハウンド/Lakkari Felhound
ドゥームガード/Doomguard
大切な手札を捨ててしまうだけあって、癖はあるもののコストパフォーマンスの良い強力なカードが多い。
遅い試合を意識するなら、《デスウィング/Deathwing》も選択肢に入る。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。