• TOP>
  • ラジオチャット

ラジオチャット

概要

多言語対応のラジオチャット。野良プレイヤー同士でもパーティーと野良の複合チームでも活用してみよう。
本来の意味以外の用途で使うと誤解を招きやすいのでおすすめしません。

ラジオチャットはチーム連携を強化する目的で使われます。チャット欄にログが表示され、ボイスが味方全員に聞こえます。連打すると他の人のログが消えてしまうので控えめに。

トレジャーボックスから入手できるボイス(「ヤサイマシマシ!」「いいえ、バナナは結構です」等)は、近くの味方にしか聞こえずログに表示されないので、気軽なコミュニケーションや遊びに向いています。

種類

こんにちは

  • 「よろしく頼む」「よう」「どうも」
  • ゲーム開始の挨拶、リスポン地点の敵に挨拶、落下中の敵のマーシーと挨拶等。

ありがとう

  • 「礼を言う」「助かったよ!」
  • 使用方法は個人差あり。ロールを変更してもらった時。目標確保時。等

了解

  • 「了解」「わかった」
  • 「ult報告」に対する返事等。

ult報告

集合

  • 「こちらに集合だ!」「こっちに来てくれ!」
  • 6名全員でタイミングを揃えたい時に主に使われる。

回復要請

  • 「回復してくれ!」「手当てを願う!」
  • 回復能力を持つサポートと、ソルジャー76(バイオティック・フィールド)とトールビョーン(自動でアーマー要請になる)に聞こえます。一部例外あり。
  • ヒーラーにはチームメンバーの残り体力が表示されているので注意。ヒーラーの死角にいて気付いてもらえない時など。上級者向け。
  • ライバルプレイでは瀕死時に使用してほしいとの意見あり。
  • 単独行動などでチームメンバーと遠く離れると、ヒーラーの位置から回復できない場合がある。
  • 素早いヒーローでも状況次第では回復パックを拾いに行けない場合がある。例えばゲンジは体力が少ないとULTの龍撃剣を活かす事は難しい。

キー配置から

キーに配置し使用すると下記の動作になります。円形のコミュニケーションホイールからは出来ません。
PS4では予めキーを配置しておく必要があります。

〇〇から〇〇へ「こんにちは」

  • プレイヤーに照準を合わせてキーに配置した「こんにちは」を押す。

〇〇から〇〇へ「ありがとう」

  • プレイヤーに照準を合わせてキーに配置した「ありがとう」を押す。

〇〇から〇〇へ集合に「了解」

  • 味方の集合のマーカーに照準を合わせてキーに配置した「了解」を押す。

目標の攻撃/防衛要請

  • エリアやペイロードなどの目標に照準を合わせてキーに配置した「了解」を押す。

〇〇から〇〇へ「ついていく」

  • プレイヤーに照準を合わせてキーに配置した「集合」を押す。

〇〇から〇〇へ「回復要請」

  • プレイヤーに照準を合わせてキーに配置した「回復要請」を押す。

関連ページ

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。


編集者募集中!
このWikiは誰でも編集できます(ログイン不要!)なので、編集できる方はどんどん編集してください。
情報提供者募集中!
「編集はできないけど…、情報提供なら」という方は、各ページのコメント欄で情報提供をお願いします。
コメントやページ編集の際に
PC/PS4のライバルプレイのヒーロー人気順は異なります。必要であればどの機種か明記してください。


オーバーウォッチ ピックアップ!

最新コメント

{{error}}

{{error}}
最新の{{count}}件

更新履歴

{{error}}
最新の{{count}}件

ニュース

Wiki編集に困ったら


公式サイト

公式動画

その他のリンク

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。