• TOP>
  • 【オーバーウォッチ】初心者指南

【オーバーウォッチ】初心者指南

『オーバーウォッチ』の初心者が、最初にやるべきこと、最初に覚えておくべきことをまとめています。

初心者が覚えたいポイント 基本編

操作方法を覚えよう

まずはチュートリアルで操作方法を覚えましょう。
また演習場ではヒーローの動き方やアビリティを練習できるので、初めて使うヒーローはそこで確認しておこう。

ゲームモード別のルールを覚えよう

ゲームモードごとに勝利条件やルールが異なる。
それぞれのルールをまずは覚えよう。

ペイロードのルール

ペイロードを目的地まで運ぶことができれば攻撃チームの勝利。
時間切れまで進行を阻止できれば防御チームの勝利となる。

攻撃チームのメンバーはペイロードの近くにいると「ペイロード+◯」と画面中央に表示され、ペイロードを運ぶことができる。(3人で最高速度)
防衛チームはそれを防ぐことができ、攻撃チームが一人もいない状態でペイロードを自動で押し返すことができる。

ポイントキャプチャーのルール

攻撃側と防御側に分かれた2チームが、マップ上のコントロールポイントをめぐって争う。
攻撃チームはコントロールポイントの制圧を、防御チームは時間切れまでコントロールポイントを守り抜く。

コントロールのルール

両チームが攻撃側となり、MAPのほぼ中心にある指定のエリアを奪い合うルール。
エリアの制圧に成功すると、画面上部に表示されている%表示が増えていき、先に100%に到達したチームの勝利となる。
他のルールと違い2本先取であり、1戦ごとに3つあるステージの中からランダムに選ばれる(重複はしない)。

共通のルール

タイムアップ時に、陣地やペイロードに少しでも状況の変化が起こっている、または争奪中の場合は、オーバータイム(延長)が発生する。
また、オーバータイムからオーバータイムにつなげることもできるので、最後まで諦めずに陣地・ペイロードに接近しよう。オーバータイム中はリスポンまでの時間が長くなる。

全てのロールができるプレイヤーになろう

「俺は敵を多く倒したいからダメージ専門だ!味方にサポートが居なくても知らないね!」

こんな考え方はおすすめしません。「自分はこのヒーローしか使いたくない!」という所謂「キャラ専(ワントリックプレイヤー)」「ロール専」は、このゲームで勝つのは難しくなります。
基本的にダメージ、タンク、サポートと、この3つのロールがバランス良く混成されたチームは勝率が高まります。試合開幕時のヒーロー編成画面で、6人全員でバランスの良いチームが組めるように考えてヒーローを選択するのが理想です。

もし使いたいヒーロー、やりたいロールがあるのなら早めの選択を心がけて下さい。選択した上でチームバランスがおかしいようであれば、足りないロールを選ぶと良いでしょう。

チーム編成画面でテキストチャット(PC版限定)、ボイスチャットで作戦会議をするようにすると、特殊な立ち回りを得意とするヒーローでも扱いやすくなるでしょう。

敵を倒したり裏取りしたりといった立ち回りが出来るダメージヒーローは基本的に人気です。
ですが、人気=他の人も扱える、といった事が多く、ダメージヒーローばかり練習していて他のロールは手付かずだと、いざ他のロールをやることになった時に勝手がわからず、全然試合に貢献出来ずに負けてしまうでしょう。
こういったゲームの性質上、多くのヒーローを扱える=プレイヤーそのものの腕前、という風に直結しやすいです。一人のヒーローに拘らず、色んなヒーローで遊んでみましょう。ロール毎に好きなヒーローを探してみましょう。

対戦中に同じヒーローを使い続けると不利になります。(全ロール)
不利な状況ではちゃんとキャラ変えを意識すると勝ちに繋がります。相性(アンチ、カウンター)の関係上、あらゆる状況で強い万能なヒーローは存在しません。
・・・勿論、勝利できるなら問題はありません

参考リンク

楽しめるヒーローを増やそう

あまり好きではなかったヒーローが使えるようになると、実は楽しかったなんて事があります。

例えばルシオで敵を落下させて環境キルを狙えるようになると楽しさが断然違いますし、ラインハルトの基本戦闘を理解すれば人気の理由が分かってきます。(バリアフィールドをどっしりと構えるだけで味方がなんとかしなというラインハルトは典型的な初心者です。)

どのヒーローもある程度慣れるだけで楽しさが変わります。第一印象やロールで向き不向きを決めてしまうのは損です。

ヒーローごとの相性(アンチ)を考えよう

ヒーローごとに相性はハッキリとあるため「どうやっても不利」な相手が必ず出てくる。
チームで「誰が誰に対処できるか」かがわかると立ち回りが非常にしやすくなる。
「~が来たら誰も対処できない」という状況を作らないように常にお互いのヒーローを小まめに確認しよう。

とくに☆3は扱いが難しい反面、特定のヒーローに絶対的優位を持つことが多い

初心者要注意のヒーロー(ヒーロー名:狙われる相手)

ファラ:Support、Defense全般、ただし気づかれて無ければウィドウメイカーに弱い
リーパー:タンク全般(若干D.Vaは有利)
トールビョーン(タレット):機動力の高いAttacker全般
ジャンクラット:HP200のヒーロー全般、ほぼ2HITで死ぬことと放物線なので跳弾もあり地形を覚えるまでは避けにくい

この4名は使用頻度も高いため対処法を覚え、味方が有利ならその味方に、自分しかできないなら最優先で倒そう。

熟練者向けのヒーロー

十字キー左で各ヒーローの詳細説明が見られるが、そこに難易度の項目があり、☆1から☆3までで評価されています。
しかし、実際のゲームプレイとは多少差があります。下記のヒーローが高難易度(熟練が必要)です。

☆3のヒーローや下記のヒーロ-は、トレーニングやAI戦等で確認をしてから対人戦で使うと良いでしょう。例えばスナイパー系なら予め視点感度の調整が必要になります。

ゲンジ
特に熟練が必要なヒーローです。知識が必要。
まず一番使う事になるであろうメインウェポンが癖がある・・・というよりは他のヒーローに比べて正直性能に劣る。弾速、発射間隔、リロード全て遅め。加えて火力もそこまで高くない。
この癖のある武器を自身は二段ジャンプなどの三次元的な動きを取り入れながら当てて行かなければならないので、要求されるエイム技術が相当なものになる。
さらに、アルティメットを含めてもとにかく各攻撃の単発火力の低さが致命的なので、相手の残り体力から攻撃の組み合わせ(コンボ)を考えて効率良くキルを狙うことが必須になる。
熟練度の高くないゲンジははっきり言って相手からしたら脅威ではなく、無視され他の味方に負担をかけてしまいがちになる。

ソンブラ
熟練が必要な上に特にオーバーウォッチの知識が要求されるヒーローです。
ステルスとハックを駆使して味方の進攻を手助けする特殊なダメージヒーローだがアビリティがアルティメットを含めても攻撃能力を持たない補助系しかなく味方と連携する運用が前提となっている。
加えて性質上全MAP、全回復パック、全ヒーローのアビリティに精通している必要があり、知識不足の状態では基本の立ち回りすら安定しない。またULTのEMPも戦況を読み味方が攻め込めるタイミングで使わなければ無駄撃ちになることが多い。
ステルスヒーローなので単独行動が得意だが、単独で攻められる能力はほぼないので味方を無視して動いていると全くと言っていいほど役に立てない恐れがある。
全ダメージの中でも群を抜いて特殊な行動が必要なので初心者には全くお勧めできない。ゲームに慣れるまでは他のヒーローで基本の流れを掴むのが無難だろう。

ウィドウメイカー
特に熟練が必要なヒーローです。厳密には難易度☆3ではないが、特別枠としてここに記載する。
所謂スナイパーであり、タンク以外のヒーローならヘッドショットで一撃で倒すことができる。しかし、オーバーウィッチでは様々な身長のキャラが高速で動き回るので、エイム技術が相当熟練されていないとまずヘッドショットすら難しい。
加えて溜め射撃は当たっても当たらなくても戦場に大きな銃声を鳴らし、敵にはスナイパーの存在を示唆するキャラボイスが流れる。これにより非常に位置を特定されやすく、無駄撃ちが許されない。
接敵時の自衛力の低さも問題で、仮にエイム技術に自信があっても接近戦を挑まれればまず勝てないので逃げるしかなくなる。この近接戦闘の弱さにより、拠点やペイロードなどのオブジェクトに絡みにくいのも難点。
極めつけにアルティメットが直接攻撃力のあるものでは無く、情報共有系なのでメンバーとの意思疎通が取れていないと何の役にも立てない。
オーバーウォッチのプロゲーマーの試合を見て貰えれば分かるが、このヒーローは現状PCでのエイム技術を前提に設計されたヒーローである。PS4版ではスナイパーが得意なプレイヤーが練習を積む必要があるだろう。

マクリー
厳密には難易度☆3ではないが、特別枠としてここに記載する。
メインウェポンとアビリティのフラッシュバンが強く、近距離でも遠距離でも強いキャラ。だが、マクリーのメインウェポンは単発射撃であるため、使いこなすにはヘッドショットを狙っていく必要がある。そのためFPS初心者にはおすすめできない。
またソルジャー76と比べ、回復・ダッシュがないため追い込まれると倒されやすい。
防御系のアビリティがない欠点を、エイム力と味方との連携で補うことができる中級者向け。

メイ
メインウェポンやL1のクリオフリーズ、アルティメットのブリザード等は難易度☆3にしては普通に使いやすい。
このヒーローの難しい部分は全てR1のアイスウォールに集約されており、使い処を間違えれば逆に味方をピンチに陥れてしまったり敵に回復の隙を与えてしまったり、という事態になりやすい。
慣れていない内は、敵タレットやバスティオンの射線を防ぐ事だけに全力を注ぐか、もしくは一切使わないでも良い。前述の通り他の技はむしろ初心者向けと言っていい程わかりやすいので、戦場でも役割は持てるはず。
アイスウォールはもう一度R1を押す事で即時破壊出来る。機能していない壁を作った場合は即時リカバリーしよう。

ハンゾー
所謂スナイパー枠だが、弓という武器の性質上着弾にラグがあったり、あまり遠くまで飛ばないという性質がある。よって実際は中距離が得意だったりする。
スナイパーという枠組みである以上一撃必殺を心がけるべきだが、ウィドウメイカーと比べ弾の威力が低いので脅威になりにくい。加えて前述の通り弾が当て辛いので、エイム技術が無いとウィドウ以上に無視されがちになる。
L1の電光石火により近づかれても返り討ちに出来る自衛力はあるので、恐れず中距離以降で戦う事。これさえ守れれば最低スタートラインには立てるはず。

ウィンストン
スキルの射程がとても短くdpsも少ない上に、体がでかくダメージを受けやすいため、ヒーローの中でもトップクラスに立ち回りが重要になってくるヒーロー。闇雲に突っ込むだけでは、相手にダメージを与える機会を作るだけでULTゲージ上昇に貢献してしまう存在となってしまう。
そうならないためには味方との連携が重要で、相手ヒーローとの相性を知っておく必要があり、経験値がないうちは難しく感じるかもしれない。またヘルスパックでの回復も比較的重要なので、マップを覚えることも重要だ。
ただしエイムはほとんど必要ではないので、もしエイムが苦手なら極めてみるのも良いだろう。

アナ
サポートの中では最も難しいとされているヒーロー。狙った味方を回復するのにエイム力が必要で、自己回復手段はアビリティのボムしかないため頻繁に回復することが出来ない。
機動力も乏しく、ダメージヒーローとタイマンになった際に勝つか逃げるかするには相当のスキルが必要となってくる。Ult技はタイミングと仲間との協力が重要であり、闇雲に打てるものではない。

マップを覚えよう

高台の場所や裏道、敵の背後に回り込める道など、マップを覚えることで有利になる場面が多い。闇雲に前進するのではなく、マップごとの地形を意識して攻めたり守ったりすることが重要。

回復アイテムの場所は覚えておこう。
サポートヒーローの回復性能には限界がある。瀕死のタンクの回復を放棄して駆けつけてくれるとは限らない。
少量だが貴重な回復だ。

全ロールのすすめ

オーバーウォッチではバランスの良い編成での連携が魅力ですが、人気度ではダメージ>サポート>タンクとやや偏っています。
全3ロールを使えるプレイヤーが好まれるゲームなので、全てのロールであなたの好きなヒーローを見つけておきましょう。

タンクとサポートも敵を攻撃できる

タンクとサポートはその役割に完全に徹するイメージかもしれませんが、オーバーウォッチでは全てのロールが役割をしつつ敵を攻撃します。
同時に攻撃できないヒーローの方が少ないです。

  • D.Vaウィンストンは、敵の弾を消しつつ、敵ヒーローにダメージを与えます。
  • ゼニヤッタは、回復のオーブを味方に付けながら、敵ヒーローにダメージを与えます。トップレベルのオーバーウォッチ リーグの選手は、ダメージヒーローと見紛うダメージ量を記録します。また非常に苦手なトレーサーを返り討ちにしてしまう時もあります。
  • 敵のトレーサーゲンジ等に狙われたサポートは、ハンドガン等で自衛する場合があります。
  • 大盾で味方を守りながら戦うラインハルトは、ファイアストライク(遠距離攻撃)で敵のヒーローにダメージを与えます。熟練者はロケットハンマーを使った戦闘に移るタイミングを理解しています。
  • サポートが自分よりレートがかなり低いダメージを倒してしまう事はよくあります。
  • PCトップランカーの配信者はラインハルトでキル数金&ダメージ金でライバルプレイに勝利する事があります。普通はできません。

キル数について

オーバーウォッチのキルは、敵に止めを刺さなくてもカウントされます。
一般的なFPSで使われている用語とは、意味が異なるので注意。
連携を重視したオーバーウォッチ独自の変更点です。

オーバーウォッチ一般的なFPS
キル数キル数+キルアシスト数
ファイナルブロウ数キル数

例えば15キル8アシストは23キル15ファイナルブロウになる。

初心者が覚えたいポイント チームワーク編

仲間を思いやる気持ちが大事!

コメント欄にもありますが、仲間を思いやり、裏切らない気持ちが大事。ゲームが始まったら自分の都合だけでチームから抜けない!
これ、大事!

一人は皆の為に、皆は一人の為に

このゲームは6VS6のチームバトルです。自分以外の5人はどこかの誰かが操作しています。NPCではありません。自身に託されたキャラクターの性能を活かし、仲間達と協力し戦う事で初めて勝てるゲームデザインとなっています。

極一部の例外はあるでしょうが、基本的に「数こそ正義」と覚えて間違いはないです。試合開幕の最初のぶつかり合いで押し切られ数人の味方が倒れたら、すぐに引いて六人全員揃うまで無闇な突出はしないようにすると良いでしょう。数的不利を背負った状態で敵に突撃しても大した成果を残せずやられ、リスポーン時間で無駄な待機時間を作ってしまうだけです。

オーバーウォッチの花形である「アルティメットアビリティ」も基本は「合わせ技」で使用するのが基本です。
詳細は「アルティメットアビリティ(ULT)を重ねる連携」の項目へ。

NPC戦とは異なる

対人戦である限り、そのマッチで活躍できないプレイヤーは出てきます。6人のうち誰が敗因になったか探してもキリがありません。
残り5人のプレイヤーも最高のパフォーマンスを発揮しているとは限りません。

チームでの行動

持ち前のスピードで敵を錯乱させるトレーサーゲンジ等は別として、基本的に孤立して歩き回るとすぐ倒されてしまいます。
このゲームは、基本的にアルティメットアビリティを使いでもしない限り2対1の状況では生き残る事が難しいのです。数は力です。できる限り相手より多い数で敵と出会いましょう。
右も左も分からないうちは、とりあえず味方のタンクについていきましょう。

デス数を減らそう

デスするとリスポン地点へ戻りますが、その間に戦況が大きく変わるのは珍しい事ではありません。
一般的なFPSの感覚で敵を倒して倒されるを繰り返すのは、オーバーウォッチで活躍したいのであればおすすめしません。

攻撃側で味方が多く倒されると、一度全員で集まってから目標へ向かうのも一般的な戦術です。

エリア制圧とペイロードの速度

エリアの制圧とペイロードの運搬は人数によって速度が変化します。
3人以上で最大速度です。

また攻撃側のみペイロードの近くで体力が回復します。

チョークポイント

HANAMURA Aの門のような攻撃が一点集中する狭いエリアはチョークポイントと呼ばれます。公式サイトで明記。
チョークポイントは初心者には難しいかもしれませんが、チームワークで突破できます。

ラインハルトオリーサのバリア(大盾)を破壊しよう

彼らのバリアは耐久値が高く、素早く回復しますが、全員でダメージを与えると意外と簡単に破壊できます。
バリアを破壊し続けるには、ダメージヒーローの2名のダメージ量では不十分です。全員の協力が必要になるでしょう。

状況次第ですが、バリアの破壊を狙ってみるのも良いでしょう。

攻撃チーム全員で突撃しよう

攻撃側で後ろからチクチク攻撃して敵を倒せなかったり、門前で盾を構えているだけでは埒が明きません。攻撃チーム全員で突撃し目標を確保するのが基本戦術です。

もちろん単独で突撃して倒され続けるのはおすすめできません。
しかし、残り30秒やエリア99%の警告が表示されてからようやく突撃するのではかなり遅いです。
オーバーウォッチリーグなどの上級者は1ラウンド中にエリアに数回突撃しています。

ヒールパックとサポート

ダメージがサポートからヒールを貰わずに常にヒールパックだけで戦うのは難題です。小パック1つで全回復しない事も多いからです。I need healing!

ダメージの体力は200/200(一部を除く)

種類回復量再出現まで
小パック(筒状)7510秒
大パック(箱型)25015秒

アルティメットアビリティ(ULT)を重ねる連携

強固な敵陣に対し、ULTを単独で使用するより、複数のULTを重ねる連携が特にライバルプレイで活躍する。
ULTは基本的に、2つ以上同時に連携して使用すると突破力が高まる。

スコア画面では味方ヒーローのチェックマークの有無とパーセントで、ULTのチャージが確認できる。ただし、ULTを重ねるのは分かりにくいので、ULT報告で連携しよう。またはゲーム内ボイスチャットでも良い。

組み合わせは色々ありますが、ポピュラーな組み合わせとしてはイニシエート系ULTと呼ばれる、相手に移動を強要させたり相手を一箇所にまとめたり出来るULTを開幕に放ち、敵を混乱させた所に攻撃系のULTを叩き込んで一網打尽にする、というのが一般的です。
イニシエート系は主にタンクのヒーロー、攻撃系は文字通りダメージのヒーローが持っています。
ULTの組み合わせはここではとても語りきれない程奥深いので、プロゲーマーの動画などを見て研究したりするのも良いでしょう。

ラジオチャットを活用しよう

多言語対応のラジオチャット。野良プレイヤー同士でもパーティーと野良の複合チームでも活用してみよう。

「インゲームボイス音量」でヒーローのラジオチャットや台詞の音量を調整できます。ボイスチャット音量と間違えないように。

詳細はラジオチャットのページにて。

ヒールに毎回「ありがとう」は難しい

サポートが味方を回復したら毎回「ありがとう」のラジオチャットを送ってほしいというもの。
しかし、戦闘中は「ありがとう」を送る間にダメージを受け、回復を台無しにしてしまう危険性があります。
タンクとダメージからすると「ありがとう」を送りたくても送れない状況は多いです。

チームメンバーのヒーローが気に食わない時

「チーム1人のヒーローが気に食わない。ならば自分もふざけたヒーローにして嫌がらせをしてやろう」と考える人もいますが、それは正しい判断ではありません。
チームは6人います。あきらめずにプレイする残り4人の事を忘れずに。

ヒーロー変更を要請したい時

  • ベストな方法
    • ボイスチャット
    • キーボードチャット(PC版のみ)
  • ローカルな方法(自己責任でお願いします)
    • 味方を殴る
      • 意味もなく殴るプレイヤーも多いのであまり伝わらない。他のFPSでは何の意味も持たない遊び。
      • 荒らしプレイヤーに勘違いされやすい。
    • 味方の前で視点を左右に動かしてイヤイヤ
      • 伝わるかもしれない。参考リンク
      • 上下に動かすと「うなずき」に見える。
    • キャラボイスを使う or 屈伸 or ヒーロー選択をカチカチ
      • ほとんど伝わらない。

最初のヒーロー選択で諦めるのは早すぎる

対戦開始時の最初のヒーロー選択で諦めてしまう人が稀にいますが、オーバーウォッチでは対戦中にヒーローを変更可能です。
負けたい人はいないはずなので、そのヒーローが上手くいかなければ途中から編成が変わる事はよくあります。
例えばダメージヒーローがキルできなければ本人も楽しくないはずです。

強い味方と一緒に遊びたいと思うかもしれませんが、マッチングの自動調整により対戦相手も強くなります。(クイックマッチを含む)

士気を高める

「オーバーウォッチはチームの士気を高めると勝率が上がる」という意見が多く見られます。

ガチでプレイしていてもチームメイトへのきつい言葉は士気が下がるのでおすすめしません。しかも捗らないでしょう。
良い雰囲気のスポーツチームのようにプレイする事が望ましいかもしれません。
失敗した人を責める人もいれば、nice try(意訳ドンマイ)とチャットで伝える人もいます。

初心者が覚えたいポイント ライバルプレイ編

クイックプレイより高精度なマッチングで対戦するゲームモードです。

勝利が重視される

勝利でスキルレートを上げます。基本的にプレイ時間に応じてスキルレートは上昇しません。
いきなりスキルレートを大幅に上げるのは易しくないので、無理に参加するのはおすすめしません。

初回の認定マッチは精度が低い

試合数が多くなるほどより正確なスキルレートになる仕組みです。

初回の認定マッチは試合数がかなり少ないので認定の精度が低いです。より正確なスキルレートになるまで認定マッチの10戦+20戦ほど時間がかかるかもしれません。その間にスキルレートが下がっても泣かない事。
1日で30戦やろうとするととても大変です。

クイックプレイと勝利条件が異なる

コントロールマップ以外の試合の場合、ライバルプレイでは同マップで攻守交替を行って勝敗を決めますが、
クイックプレイは攻撃・防衛のどちらかだけを行って勝敗を決めるため、勝利条件に差異があります。

攻撃チームの結果クイックプレイライバルプレイ
1回目A拠点の確保率 100%
B拠点の確保率 66%
防衛チームの勝利1回目に攻撃したチームの勝利
2回目A拠点の確保率 100%
B拠点の確保率 33%
防衛チームの勝利

クイックプレイは1ゲームの対戦時間が短い

コントロールマップを除いて、クイックプレイは1ラウンド=1ゲームです。
ライバルプレイは、攻撃と防御を1ラウンドずつ(+延長戦)で1ゲームです。クイックプレイを3ゲームほど減らすとライバルプレイを1ゲームできます。

編成が重視される

クイックプレイではなんとなく選んでいたヒーローもチーム編成を考慮し、選ぶ必要があります。タンク、ダメージ、サポートなどをバランス良く揃える事で有利に戦います。

もしライバルプレイでよく使われる編成をクイックプレイで使用した場合は、一方的な展開になります。(連携が出来る前提)
編成のページは要確認です。

使えないヒーローが出てくる

対戦相手のチーム編成によって、相性が悪く使えないヒーローは必ず出てきます。
クイックプレイとは違い、常に同じヒーローでロールプレイという訳にはいきません。

各ロールの傾向

ダメージ

高ダメージ枠。金銀メダルをとれる人向け。難易度はやや高め。

タンク

サブのダメージや防御など。重量級で近距離武器で当たり合う。
高い体力とバリアなどで非常に耐久値が高い。他のロールは遠く及ばない。
性能を引き出すとダメージヒーローに劣らないキル数を叩きだす。ラインハルトのアースシャターやザリアのグラビトンサージなど凶悪無比なULTも多い。

サポート

回復とサブのダメージなど。
体力はダメージヒーローと同じくらい。きちんと攻撃を命中させた時のダメージは侮れない。ルシオのサウンドバリアやマーシーのヴァルキリーなどチーム全体バフになるULTも多い。

〇〇専はライバルプレイでは好まれない

ジャンクラット専やダメージ専といった特定の種類だけを選ぶ行為は、ライバルプレイでは好まれません。
対戦相手のチーム編成に対応できないという欠点もありますが、最大の理由はマッチングされたメンバーの得意なヒーローやクラスが被ってしまう事が少なからずあるためです。クイックプレイのようなダメージ5人サポート1人編成ではまず勝てません。誰もタンクを選ばないのではなく、誰もタンクを扱えないチームかもしれません。
複数クラスのヒーローをうまく扱えるようにしておきましょう。
ワントリックプレイヤーのページも確認しましょう。

その他

荒らしプレイヤーと出会った

ゲーム内から通報をお願いします。
公式は、「居心地のいいコミュニティを作っていくうえで通報はいちばん貢献できる手段」と言っています。詳細は通報機能にて。

PS4のメッセージは、メッセージ画面でオプションボタン→報告するで通報できます。

「プレイヤーを回避」が非常に便利

チームメイトとしてのマッチングを回避できる機能です。通報とセットで荒しに対して使いましょう。詳細は通報機能にて。

マナー

敵チームのメンバーは次のマッチで味方になるかもしれません。敵に暴言を吐くべきではありません。

マナーも要確認。

不具合を発見した

ここから報告できます。
https://jp.forums.blizzard.com/ja/overwatch/

クイック・プレイのマッチングは人によって異なる

ゲーム内には「同じぐらいの腕前のプレイヤーと対戦」と書いてあり、内部レートが機能していると言われています。
しかし、クイック・プレイは例外も多く、初心者でも高レベルの枠が豪華なプレイヤーやライバル・プレイのスキルレートが自分より非常に高いプレイヤーともマッチングします(クイックプレイではブロンズとグランドマスターがパーティーを組んでいる事もある)。クイック・プレイの内部レートであなたの実力を判定するのは困難です。

キャラの評価はプレイヤーによってかなり変わる

その理由のひとつとして、このゲームはFPSを基礎としてる為、プレイヤーの実力によって引き出される性能が異なる点があげられます。

  • ウィドウメイカーは、スナイパーライフルの一発の命中で敵を倒します。
  • プロゲーマーのゼニヤッタは、ダメージ量が常人には理解できないほど高い。
  • 一見誰にでも出来そうなマーシーも、初心者とグランドマスターの差は非常に大きいと言えます。

PC版とCS版でキャラのピックレートが異なる

PC版とCS版では、ハードウェアの違いによる操作の難易度や、一部仕様の違いにより、ヒーローのピックレートは完全に一致しません。
なのでヒーローの評価も異なる場合があります。要注意。

ヒーローのピックレートは下記のサイトなどで確認できます。全プレイヤーの集計ではなく、サイト利用者かつ戦績を公開しているプレイヤーのみの集計とのこと。
PS4版のプレイヤーはPSNを押す。
https://www.overbuff.com/heroes

トレジャーボックスの中身は入手した段階で決まる

その質問に対してJeff Kaplan氏は「入手したトレジャーボックスは今開けても、3年後に開けてもトレジャーボックスから登場するアイテムはトレジャーボックスを入手した段階で決まっているため変わらない」と説明し、「新しいアイテムを入手するには実装後に新たにトレジャーボックスを入手する必要がある」とも説明しています。

http://overwatcher.info/2016/06/18/post-364/

レベルは強さの指標にならない

FPSでは経験値のレベル=プレイヤーの強さのソフトも多いのですが、オーバーウォッチでは経験値のレベルとプレイヤーの強さは関係ないという意見が非常に多いです。

「オーバーウォッチからFPSをはじめた」、「フレンドパーティーで遊んでいたらレベルが上がっていた」、「クイック(●´ω`●)」、「アーケードやイベントモードに夢中」、「気付いたらライバルプレイのマッチングを押していた」など蓋を開けてみると多種多様のようです。

また長く続いているソフトなのでレベルの銀枠や金枠以上も少なくありません。

ゲーム内ボイスチャットで気を付ける点は

  • 暴言を吐かない。
    • このようなプレイヤーと出会った場合はミュート&通報&回避しましょう。
  • 味方に強制しない。状況は二転三転します。
  • 戦況を報告をしよう。「リーパー後ろ」や「マーシーロー(敵のマーシーが低体力の意味)」はよく使われます。

トロールとは

詳細はトロール

この動画はPC版?PS4版?

画面中央下のアルティメットの下に表示されるボタンを見ましょう。
それぞれのデフォルトはPCはQ、PS4は三角ボタン、Xbox OneはYボタンです。

PC版やりたいけど学生だから金がない

オーバーウォッチのできるネットカフェを探すのもひとつの手段です。PCスペックはPUBGが動けば余裕です。詳しくはググってください。
オーバーウォッチとeSportsが流行っている某国ではゲームセンターのようにゲーム対応のネットカフェに集まるようです。

ライバルプレイで組めないフレンドと遊ぶ場合

スキルレートが離れて組めないフレンドのスキルレートを、別のアカウントを使って引き上げるとブースト行為になり、公式にBANされます。要注意。

組めない場合はクイックプレイやアーケードでフレンドと一緒に遊びましょう。

アカウントを共用

ひとつのアカウントを複数人で共用すると公式にBANになります。大会出場禁止の措置があります。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

オーバーウォッチ ピックアップ!

最新のコメント



もっと見る

更新履歴

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。