• TOP>
  • ライバルプレイ

ライバルプレイ

基本概要

クイック・プレイやアーケードと違い、ライバル・プレイはより公正なゲームプレイに焦点を当てています。(ランクマッチやコンペンティブプレイにあたる)
そのため、ヒーローとマップのラインナップを理解してから参加できるよう、ライバル・プレイはレベル25までロックされています。

レベル25到達後は、プレイメニューからライバル・プレイを選択するだけで参加できます。
ソロでも、最大6名のグループでも参加することができ(敵・味方チームにはパーティが参加する場合もある)、プレイヤースキルとグループのメンバー数に応じて、可能な限り実力の近いマッチングが施されます。

実力の高いプレイヤー向けのゲームモードと認識されやすいのですが、公式は特に定めていません。実力が低くても同じ実力の対戦相手が選出されます。

クイックプレイとの違い

  • クイックプレイ
    • マップの攻守交替なし。
    • 延長戦なし。
  • ライバルプレイ
    • マップの攻守交替あり。
      • 相手のエリア取得率またはペイロード進行度を上回った時点で勝利。
    • 延長戦あり。
    • 新ヒーローの実装はクイックプレイより1週間以上遅い。
    • スキルレート(SR)を基準に好敵手とマッチングされる。
      • 味方チームの平均SRと敵チームの平均SRで計算されます。SRが一定数離れたプレイヤーとはマッチングしません。
      • SRが1000以上離れているプレイヤーとはパーティーを組めません。SRによって仕様が細かく違います。
      • SRが3000以上のプレイヤーは一定期間放置すると自動的にSRが下がります。
    • 途中抜けに罰則あり。
      • SRが通常より大きく下がりプレイ制限がかかります。
    • ライバルプレイ限定アイテムの報酬あり。

ライバルプレイのコントロールは3ラウンド先取最大5ラウンドからクイックプレイと同じ2ラウンド先取最大3ラウンドに変更されました。

認定マッチ

本格的なライバル・プレイの前に、全てのプレイヤーは最初のスキルレート(腕前)の初期値を決めるための認定マッチを10戦行います。

認定マッチ以降、スキルレートは試合結果によって増減。数値は試合の様々な要因によって変化し、勝敗だけでなく、自身のパフォーマンス、他のプレイヤーのスキルレートなども考慮されたうえ決定されます。
僅か10戦なので、認定マッチ終了時点での精度は低いです。二回目以降の認定マッチは前シーズンのスキルレートが考慮されるので精度が高くなります。

シーズンについて

ライバル・プレイは1年で4つのシーズン、1シーズンあたり2.5ヶ月で構成されており、シーズンとシーズンの間には2週間のオフシーズンを設定。
シーズン6以降は、1シーズンあたり約2ヶ月。オフシーズンは2、3日。

ライバルプレイ限定の報酬

なお、ライバル・プレイをすると特別な報酬が入手できます。
シーズン終了時までに、認定マッチを10回完了すると、「参加シーズンのスプレー」と「参加シーズンのプレイヤーアイコン」が手に入ります。

ライバル・プレイでは、勝利またはドローでライバル・ダストが手に入ります。シーズン終了時にはスキルレートに応じてまとまったライバル・ダストも手に入ります。スキルレーティングの項目を参照。
このライバル・ダストで「ゴールデンガン」に武器の見た目を変えることができます。

各シーズンの最中にリーダーボード(プラットフォーム別)も用意される(シーズンごと統計はリセット)。TOP500位以内で「TOP500のプレイヤーアイコン」と「参加シーズンのアニメーション付きスプレー」が手に入ります。

罰則

  • ライバル・プレイ時の途中抜けなどは、通常よりも厳格な罰則がある。試合中に途中退出したり放置すると、その試合が終了するまでは次の試合に参加ができなくなる。
  • 違反行為を繰り返すとライバル・プレイへの参加が制限され、更に違反行為を重ねると参加できない罰則時間が増加する。
  • 試合を通してプレイすればペナルティはなくなるが、違反行為が繰り返されると現在のシーズンからBANされるほか、報酬ももらえなくなる。
  • 試合開始の2分以内に放置状態や退出が確認されると、その試合はキャンセルされる
  • 試合終了前に退出すると、その試合が終わるまで次の試合に参加できない
  • 2分以降で違反行為が起こすと、1分間だけ再接続の権利が与えられる(その際にゲームに再度参加すると試合再開となる)
  • ゲームへの参加が行われなかった際、他のプレイヤーはペナルティーを受けずに退出する権利が与えられるが、試合は敗北扱いとなる

スキルレーティング(SR)

ティアースキルレートライバルダスト
シーズン 1シーズン 2以降
なし(認定中)なしなし0(シーズンのアイコン等の報酬もなし)
ブロンズ01~291~1499100 65
シルバー30~391500~1999200 125
ゴールド40~492000~2499400 250
プラチナ50~592500~2999800 500
ダイヤモンド60~693000~34991200 750
マスター70~793500~39992000 1200
グランドマスター80~1004000~50003000 1750

シーズン1のみスキルレートは1~100まで。シーズン2からティアーが実装され、シーズン1の戦績にデザインの異なるティアーアイコンが追加されました。
シーズン6から1シーズンの期間が短くなり、リワードが減少しました。

基本は勝利チームが上がり、敗北チームが下がる相対評価です。各ティアーに分布される為、ブロンズが0人になる事はありません。初心者が下層になったとしてもおかしくはありません。

ティアー(層)は範囲が広く、個人の実力はレートの数値に表れます
アイコンはこちら 。グランドマスターかつTOP500になるとアイコンが青白くなります。
グランドマスターが最上のティアーです。

TOP500とティアーは無関係です。ライバルプレイ上層の人口が少ない場合は、マスターやダイヤモンドがTOP500に入る場合があります。(日本のPS4版はこれに該当している)
レート叩きを止め、クイックプレイとアーケードで遊んでいる大量のプレイヤーのライバルプレイ参加を歓迎しましょう。

認定マッチを終了していないプレイヤーは含まれません。現在のシーズンのライバルプレイ内のスキルレートです。

スキルレートはPC、PS4、Xbox Oneの3つに分かれています。
全機種のレート帯の特徴や傾向は完全に一致はしません。なので掲示板などに書き込む際に適切な助言が欲しい場合は、PC版ゴールドやPS4版プラチナなど機種の明記を推奨します。

overbuff.com 等の外部サイトはサイトを利用したプレイヤーのみとの事。

分布

シーズン1スキルレート60は上位6%と公式から発表されました。
また、シーズン3の最高スキルレートの分布は以下の通りと公式ブログで発表されています。(その後のシーズンは不明)

ティアーS3 最高スキルレートの割合
ブロンズ6%
シルバー22%
ゴールド34%
プラチナ23%
ダイヤモンド10%
マスター3%
グランドマスター1%未満

(小数点以下切り捨てのため足しても100%にならない点に注意)

上位になるにつれプレイヤー人口が少なくなると思われます。ちなみにオーバーウォッチ リーグ(PC)のプロゲーマー達のSRはおおよそ4300以上です。

過去のシーズンの攻略

関連ページ

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

オーバーウォッチ ピックアップ!

最新のコメント



もっと見る

更新履歴

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。