• TOP>
  • 【オーバーウォッチ】マーシーの立ち回り、連携、スキル、アビリティ

【オーバーウォッチ】マーシーの立ち回り、連携、スキル、アビリティ

このページは『オーバーウォッチ』に登場するヒーロー「マーシー」の紹介ページです。

コミュニティ機能を導入しました。キャラに関する議論・雑談は↑のスレッドを利用頂けると幸いです。
このページのコメント欄はページ情報の更新提案、間違いの指摘などにご活用ください。


マーシー(MERCY)

「手当てを開始します」

【オーバーウォッチ】マーシー
Health:200
Armor:0
Total:0
難易度★
本名アンジェラ・ジーグラー
ロールサポート
年齢37歳
職業衛生兵、緊急対応要員
活動拠点スイス、チューリッヒ
所属元・オーバーウォッチ
CV大原 さやか

マーシーの評価

良い点

  • 味方を蘇生できる
  • カドゥケウス・スタッフが接続式なので扱いやすい
  • 味方の回復と強化を自在に切り替えられる
  • ガーディアンエンジェルで味方の元へ飛べる
  • 空中の味方へも可能
  • ヘルスが被弾後に自動で回復する

悪い点

  • カドゥケウス・スタッフは単体回復
  • 回復と強化の切り替えに状況判断力が必要
  • 攻撃手段が乏しい
  • ULTを除くと、他のサポートと比べると突破力に難あり

マーシーのアビリティ

me1R2
LM
カデュケウス・スタッフ
長押しで味方のライフを回復 50HP/秒

カドゥケウス・スタッフ(回復)

杖の先端から味方1人にビームを接続し、接続中の味方のヘルスを毎秒50回復する。射程15m。

味方を回復するマーシーのメインウェポン。デフォルトでは押している間ビームが出るが、オプションで離してもビームが出るように変更可能。
射程は15mあり、結構離れていても回復できる。巻き込まれないように適度に距離を取ると良い。
接続中の味方と射線が切れてしまった場合でも、1秒間は接続が切れない。物陰をうまく利用して敵の攻撃から身を隠しつつヒールしよう。
また敵のバリアによって射線が切れたりすることはない。

ヴァルキリー発動中は接続した味方を中心とした周辺の味方にも効果が及ぶようになり、接続射程も大幅に延長される。

me1R1
RM
カデュケウス・スタッフ
長押しで味方が与えるダメージを増加 1.3倍

カドゥケウス・スタッフ(ダメージ増加)

杖の先端から味方1人にビームを接続し、接続中の味方は敵に与えるダメージが+30%される。
通称ダメブ(ダメージブースト)。

回復が不要な場合はこちらをメインに使用することになる。押すボタンが異なるだけなので、切り替えの隙が全く無い。
味方の攻撃が敵にあたった際に、その味方にビームが接続されていれば+30%の補正が適用される。発射したタイミングは関係ない模様。
例えば、ラインハルトがファイア・ストライクを撃った時にヒールしていたが、敵に当たった時にダメージブーストしていた場合、威力は+30%される。
逆にファイア・ストライクを撃った時にダメージブーストしていたが、敵に当たった時にヒールしていた場合はダメージは変わらない。

ブースト先として効果的なのは単発高火力のジャンクラットやファラ、ヘッドショットで200族が一撃になるアッシュなど。
相手のダメージ計算を狂わせ、事故死を誘発させやすくなる。
ダメージブーストされた味方は与えるダメージが増える=ultが早く溜まるということなので、まだultがたまっていない味方につけるのも有効。
特にメックをはがされたD.vaがいる場合は積極的につないであげよう。

シンメトラやトールビョーンのタレット、ハンゾーの龍撃波、D.vaの自爆、ジャンクラットのリップ・タイヤなどには効果がないので注意。

スーパーチャージャーやナノブーストに対しても加算される。(3つ合わせて+130%)

こちらもヴァルキリー発動中は接続した味方を中心とした周辺の味方にも効果が及ぶようになり、接続射程も大幅に延長される。

me2R2
LM
カデュケウス・ブラスター
オートマチック武器
弾数:20 ダメージ:20 レート:5rps リロード:1秒

カドゥケウス・ブラスター

サブウェポンのハンドガン。
D.Vaの非搭乗時のライト・ガンと似た性能。ライト・ガンに比べ連射が遅いが1発のダメージが高い。持ち替えの手間が掛かる上、性能も控えめ。
ブレがなく、判定もゆるいのでヘッドショトをとりやすく、以外と火力を出せるが、あくまで味方が周りにいない時の護身用の面が強い。
これを撃っている間はまったくヒールができないということなので、銃を抜く際は細心の注意を払うこと。
距離減衰がないのでタレット破壊などには使える。裏とりしている敵がいたら、これを撃って味方に知らせる使い方もある。

ヴァルキリー発動中は弾数無限、弾速2倍に強化される。

me3L1
Shift
ガーディアン・エンジェル
味方のもとに飛んでいく
クールダウン:1.5秒

ガーディアン・エンジェル

黄色の羽を開き、味方を指定し、その場へ急行する。ピンチの味方を即座にサポートできる。
通称GA。

ダメージを受けた味方をすばやく回復する・敵の攻撃から逃げる、などマーシーの要となるスキル。ヴァルキリー発動中は速度が上がる。
死亡した味方を中継地点として飛ぶことも可能。
追加入力や地形を使うことで軌道や飛距離を変化させることができる。

GAキャンセル

GA発動中にもう一度GAを入力することで、その場で停止する。
入力した時点でクールダウンが開始されるので、通常時よりも小刻みに飛ぶことができる。
前線の味方に飛んだ場合、敵に近づきすぎて攻撃に巻き込まれる恐れがあるので、適度な距離でキャンセルしよう。

GAジャンプ

GA発動中にジャンプを入力すると、加速しながらターゲットした味方を飛び越える軌道に変化する。
大きく飛距離を稼ぐことができ、拠点からの合流を急ぐ際や背面から敵に襲われた時、乱戦時に攪乱するために使用する。
特に乱戦時はこれが使えるかどうかで生存率が大幅に変わる。味方タンクを中心にして戦場を飛び回ろう。

GAハイジャンプ、エッジブースト

味方とマーシーの間に乗り上げられる程度の障害物がある状態で、GAジャンプを使うことで上方へ飛び上がることができる。
ジャンプ入力のタイミングはマーシーが障害物へと当たった時。平面で味方が高台にいなくても上空へと逃げられる。

しゃがみGA、垂直ジャンプ

しゃがみを入力して即座にGAを入力すると、マーシーが通常時よりも低空を滑空することができる。
この場合、GA終了間際に元の高さに戻る挙動になる(味方ターゲットに近づくとフワッと持ち上がる)。
この元の高さへと戻る挙動の途中にジャンプを入力することで、垂直方向に大きく飛び上がることができる。
味方さえいれば地形すら関係なしに飛ぶことができ、敵の攻撃をかわせるほか、高台の敵に奇襲をかけることもできる。
入力のタイミングはややシビアだができるようになって損はない。

味方の指定方法・キャンセルの方法がオプション設定として存在する。重要な設定なので確認しておくこと。

  • ビーム接続先を優先がONの場合、ビームが接続していれば接続先に向かって飛ぶ。ビームが接続中であれば、対象が壁越しであっても飛んでいくことができる。ファラと組んで空中を飛び回ったり、高機動のヒーローにピッタリついていくことができる。ただし遠くに飛ぶ際にはビームを一時的に切らなければならない。
  • ビーム接続先を優先がOFFの場合、ビームの接続先に関わらず視点対象に向かって飛ぶ。タンクをヒールしつつ、後衛に飛んで距離を取ったり逃げたりすることができる。ただしファラと組む場合、上を見て飛ばなければならないため、非常に難しくなる。視点対象という関係上、壁越しの味方には飛べず、対象を間違えて飛んでしまう可能性もある。
L2
Shift
リザレクト
味方1人を蘇生する
範囲:5m
詠唱:1.75秒
クールダウン:30秒(死亡でリセットされない)

リザレクト

味方1人を全回復状態で蘇生する。味方の死亡地点の付近でのみ発動でき、誰を蘇生するかが画面に表示される。CT30秒。
人数差が重要なオーバーウォッチにおいてかなり強力なスキル。
発動できれば1人の人数差をなかったことにできる。

ただしその分うまく扱うのは非常に難しくもなっている。
ガーディアン・エンジェルで素早く死亡地点に移動できるが、かなり近づかなければ発動できない。
蘇生中にノックバックをくらったりして離れるとキャンセルされてしまう上にクールダウンが始まる。
さらに蘇生まで1.75秒の詠唱時間があり、移動速度が大幅に減少し発動時は隙だらけである。もちろんその間はヒールもできない。
無敵等の効果もないため、発動前後にマーシーがやられることも少なくない。

タンクを起こしてもその結果マーシーが落ちては前線の維持が難しくなるので、発動のタイミングは特に注意。
味方が壊滅している状態で一人起こしても相手チームのultゲージをためるだけなので、そのような場面での蘇生はご法度。

蘇生の優先度も機動力の有無やultの有無、前線の状況で変わってくる。
トレーサーやゲンジなどの機動力の高いキャラは前線への復帰も早いので優先度は低くなるし、ultがたまっている味方がいるなら優先度は高くなる。
ゼニヤッタの光彩やルシオのドロップ・ザ・ビートがたまっているなら、最悪マーシーが落ちてもウェーブを制することができるかもしれない。

味方の魂が消えるまでに10秒の時間があるので、すぐに蘇生せずに数秒おいてから蘇生を試みるのも有効である。

元々は範囲内の味方全員を蘇生できるアルティメットアビリティだったが、性能を大幅に弱体し通常アビリティに変更された。

me4エンジェリック・ディセント
長押しで落下速度が低下

エンジェリック・ディセント(ジャンプ長押し)

ヴァルキリースーツの推進力を使い、高所からゆっくりと降下する。

上空のファラにガーディアン・エンジェルを使用した場合に使うのが主な役割。
相手にウィドウメイカーやアッシュがいるなら狙撃される可能性が高くなるので、緩急をつけるように意識しよう。

リジェネレーション(パッシブ)
被弾から1秒後に体力が自動回復する 20HP/秒

リジェネレーション(パッシブアビリティ

被弾後1秒後にマーシーの体力が毎秒20回復する。

マーシーの強力な自己回復手段。GAで逃げるだけで回復する時間を稼げる。
ヴァルキリー発動中は被弾で中断されなくなり、常時効果が発動する。

アルティメットアビリティ


Q
ヴァルキリー
一定時間自身の武装、アビリティを強化する
効果時間:15秒

ヴァルキリー(アルティメットアビリティ

大きな黄色の羽を開く。ヴァルキリースーツの出力を最大にし、15秒間自力での飛行が可能になり、各武装とアビリティが強化される。アップデートで追加された新たなアルティメットアビリティ。

  • 発動中は完全浮遊状態になり、自在に空中を移動可能。ジャンプボタンで上昇、しゃがみボタンで降下する。
  • カドゥケウス・スタッフの射程が大幅に延長され、同時に複数人を回復、支援できるようになる。
  • カドゥケウス・ブラスターの弾速が上昇しリロードが不要に。威力は変化なし。
  • ガーディアン・エンジェルの範囲と移動速度が増加。
  • パッシブのHP自動回復が常時発動する。

攻撃能力も多少強化されるが、DPS自体は上昇しないため基本的に支援、生存力強化を目的としたアルティメットアビリティ。
飛行能力は強力だが、何も考えずに飛ぶとソルジャー76とマクリーのultであっさり倒されたりする。カドゥケウス・スタッフの射程延長により、飛ばずとも遠距離から複数人回復できるので、飛ぶかどうかは良く考えよう。

マーシーの使い方

基本的には攻撃せずに、味方の回復やサポートがメイン。
タンクやオフェンスの後ろについていき、攻撃時にはR1ボタンで味方のダメージを増加させ、傷ついたらR2ボタンで回復していく。誰がピンチなのか、など常に周囲を見渡し、傷ついた仲間がいたらL1ボタンですぐに駆けつける。
また自身が襲われた時のために常に味方の位置を把握しておき、裏取りヒーローに絡まれた時の逃走経路を想定しておこう。
単独では長所を活かせないので、必ず誰かと行動を共にしよう。

30秒ごとに味方1人を蘇生できるが、発動中はマーシーが無防備なため狙うべきかは状況に左右される。蘇生する代わりにマーシーがデスすると、却って不利になってしまう場合が多い。味方にマーシーがいる時は、(ゲンジ、トレーサーなどの奇襲ヒーローを除き)あまり離れた場所でデスしないよう気をつければ多少安全に行える状況を増やすことができる。

オプション設定

  • ビーム接続 切り替え(初期設定 OFF)
    • ON:ボタンを離してもビームが維持される。
    • OFF:ボタンを押している間ビームが維持される。
  • ガーディアン・エンジェル - ビーム接続先を優先(初期設定 ON)
    • ON:ビームが維持されていれば、視点に関わらずビームの接続先に飛ぶ。維持されていなければ、視点対象に向かって飛ぶ
    • OFF:視点対象に向かって飛ぶ。ビームの接続先はガーディアン・エンジェルに影響しない。
  • ガーディアン・エンジェル切り替え(初期設定 ON)
    • ON:飛んでいる間、もう1回ボタンを押すと移動を中断
    • OFF:飛んでいる間、ボタンを離すと移動を中断

変更点

  • カドゥケウス・スタッフ
    • ダメージ増加が他のマーシーと重複する→重複しない
    • 秒間回復量小(100%)→大(120%)
    • 心頭滅却中のゼニヤッタをターゲットする→しない
  • ガーディアン・エンジェル
    • リザレクト(削除されたULT)使用後 特になし→即時クールダウン
    • リザレクト(アビリティ)使用後 即時クールダウン→クールダウンなし
    • 味方まで飛行→ジャンプボタンで味方の先まで飛行
  • リザレクト(削除されたULT)
    • アルティメットのコスト小(100%)→大(130%)
    • 蘇生された味方が動けるまで長(3秒)→短(2.5秒)
    • 蘇生中 無防備→一時無敵
    • 範囲内の全員を蘇生するULT→1人蘇生のアビリティ
      • 結果的に大幅な強化となり、ライバルプレイ使用率は全ヒーロー中1位をキープ。調整が行われた。
  • リザレクト(アビリティ)
    • キャストタイム短(0秒)→長(1.75秒)
    • キャスト中の移動速度高(100%)→低(25%)
  • ヴァルキリー
    • リザレクト(アビリティ)を即クールダウン→蘇生2回所持(発動時に1回追加)→クールダウン、ストック追加ともに廃止
    • リザレクト(アビリティ)のキャストタイム(0秒)→(1.75秒)
    • リザレクト(アビリティ)のキャスト中の移動速度(100%)→(25%)

治療費を請求しておきますね

マーシーはファンが多いヒーローの1人。ガーディアン・エンジェルに慣れて、使っていくうちに楽しさが理解できるはず。
またピンクマーシー募金では魔法少女風のコスプレで14億円以上を稼いだ。

マーシーメタ

2017年9~12月頃はマーシーが中心と言っても過言ではない時期。サポートヒーローの中でずば抜けた性能を誇った。詳細は過去のヒーローへ。

マーシーの対処法

  • 正面戦闘では蘇生で粘られやすいため、奇襲を仕掛け先に倒す
  • ビームの接続で位置を把握できるので、優先して倒す
  • オートエイムの武器、アルティメットアビリティで倒す

ストーリー

稀代の癒し手、優秀な科学者、平和の唱道者。いくつもの顔を持つアンジェラ・ジーグラー博士は、彼女の庇護を求める者にとってはまさに守護天使である。

スイスの有名病院で外科手術の責任者を務めていたアンジェラは、応用ナノバイオロジーにおけるパイオニアとなり、重篤な病気や怪我の治療技術を飛躍的に発展させた。その活躍がオーバーウォッチの注意を引くまで、そう時間はかからなかった。

戦争で両親を亡くしていたアンジェラは、地球の平和を守るためとはいえ、軍国主義的なオーバーウォッチの方針には反対だった。しかし、彼らが実際に提案していたのは、より多くの人命を救う機会だと理解した彼女は、オーバーウォッチにおける医療研究の責任者となり、前線で戦う人々を癒すにはどうすれば良いのかを真剣に考えるようになる。ヴァルキリースーツ、それが彼女の出した答えだった。アンジェラは自らこのスーツに身を包み、数々の任務に出動した。

こうしてオーバーウォッチに貢献していた彼女だったが、上官や組織の命令に反対することも多かった。組織が解散すると、彼女は戦争の後遺症に苦しむ人々の手助けをしようと決意する。

今、彼女は世界各地をめぐりながら、戦争で傷ついた地域の人々のケアに多くの時間を費やしている。罪なき人々の身に危険が及ぶとき、そこには必ずヴァルキリースーツをまとった天使の姿がある。


ジーグラー衛生兵数々の任務に出動したジーグラー衛生兵。7年前。

マーシーの動画


過去のバージョンの動画

マーシーのスキン

マーシーのスキンはこちら

マーシーのスクリーンショット

関連ページ

オフェンス

タンク

サポート

ヒーローページアクセスランキング

アクセスランキングの続きはこちら

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

オーバーウォッチ ピックアップ!

最新のコメント



もっと見る

更新履歴

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。