• TOP>
  • 【オーバーウォッチ】ラインハルトの立ち回り、連携、スキル、アビリティ

【オーバーウォッチ】ラインハルトの立ち回り、連携、スキル、アビリティ

このページは『オーバーウォッチ』に登場するヒーロー「ラインハルト」の紹介ページです。

コミュニティ機能を導入しました。キャラに関する議論・雑談は↑のスレッドを利用頂けると幸いです。
このページのコメント欄はページ情報の更新提案、間違いの指摘などにご活用ください。


ラインハルト(REINHARDT)

「正義は勝つ」

ラインハルト
Health:300
Armor:200
Total:500
難易度:★
本名ラインハルト・ヴィルヘルム
ロールタンク
年齢61歳
職業冒険家
活動拠点ドイツ、シュトゥットガルト
所属元・オーバーウォッチ
CV乃村 健次

過ぎ去りし時代の王者を自称するラインハルト・ヴィルヘルムは、武勲、正義、勇気といった騎士道精神を重んじている。
オーバーウォッチは解散したが、ラインハルトは混乱に向かって突き進む世界をただ傍観することはできなかった。再び鎧をまとった彼は、ヨーロッパに正義をもたらす騎士になることを誓う。罪なき人々を守り、よりよい時代を築くという誓いを果たすために。

ラインハルトの評価

良い点

  • 高耐久のバリア・フィールドで目標へ前進
  • バリア・フィールドは一部の敵のアルティメットアビリティから味方を守れる
  • 近距離で効果を発揮するロケットハンマー
  • 扱いにくいが高火力のチャージ
  • 複数の敵の動きを制限し一発逆転となり得るアース・シャター
  • FPSに鎧の騎士が参戦。

悪い点

  • 遠距離攻撃手段が少ない
  • ロケットハンマーを使うタイミングが最初は難しい
  • バリア・フィールドではULTアース・シャターが溜まらない
  • 味方と連携が大切

ラインハルトのアビリティ

バリアフィールドの使い方

左腕の装置からバリアを展開する。
何といってもL1のアビリティ、バリアフィールドがラインハルトの生命線である。通称盾。(しかし、ゼニヤッタなどの体力自動回復の名称はシールド。)
前方にラインハルト三体分は収まるほどの大きさのバリアを展開し、攻撃を防ぐ。耐久力は2000。
バリアは使わずにいるとすぐに耐久力が回復してゆく。状況にもよるが、こまめに出し入れすると継続戦闘力は大きく上がる。
このバリアは敵の攻撃を一切通さないが、味方の攻撃は全て通すという特性がある。
味方はこの特性を生かし、遮蔽物としてバリアを使い一方的に相手を攻撃する事が可能となる。大抵のヒーローと相性が良い非常に強力な戦術である。
勿論、敵もそれを察知し高火力でバリアを破壊しにかかったり、高機動のヒーローで裏取りしラインハルト本体に攻撃をしかけようとするはず。
状況やメンバー構成にもよるが、バリアを向ける位置をコロコロ変えるのはあまり得策では無い。裏取りしてきた敵は味方に任せるぐらいの心構えでいよう。バリアを使って前線を維持するのがラインハルトの主な仕事である。
ちなみにバリアを破壊されると500まで回復しないと再展開は不可能になる。バリアのひび割れが二段階で表示されるので、バリアの耐久力の詳細を把握出来ない味方はそれで察する事。
耐久値が1/4に低下した際は「バリアが破れるぅ!」「バリアが保たぁぁぁん!!」等の台詞がある。
ちなみにウィンストンのメインウェポン、ハンゾーの龍、メイのブリザード(ロボット)、近接武器等は防げない。敵のラインハルトのハンマー攻撃もそのまま通してしまう事も頭に入れておこう。

アップデートでフリールックが追加され、バリアの方向を変えずに背後を確認できる。

ロケットハンマーの使い方

攻撃時に三基のロケットが噴射し推力を得るハンマー。
ハンマーを振り回し、75ダメージを与えるという近接武器。走りながら振り回す事が出来、ラインハルトの前面を広くカバーする大きな攻撃範囲とリーチを持つ。
主に敵に接近された時に使う。自ら殴りかかりに行くのはタイミングが最初は難しいので、バリアを使うのが基本となる。
短時間で倒し切れる程度に相手が消耗しているのであれば、追い掛け回して倒すのもアリ。
振り回すのがかなり遅いので、やみくもに振り回すのではなく狙って当てられるようになると効果的。

ファイア・ストライクの使い方

ハンマーのロケットから衝撃波のような巨大な火炎弾を放つ。
敵のラインハルトのバリアを貫通するが、ゲンジの木の葉返しでは返すことができる。威力も100となかなか高め。
その巨大さを利用し敵の密集地に放ったり、リーチを生かして自身を狙う敵に対し牽制として放ったりと用途は様々。
クールタイムも6秒と短めなのでガンガン撃っていけるのだが、使用中はバリアを一瞬解除するためそこは気を付ける事。
これを当てる為に味方が敵の攻撃で倒されては元も子も無い。

チャージの使い方

L2のアビリティ「チャージ」は、背中の一基のロケットを噴射し突進する。
一瞬の溜めの後猛スピードで突進し、進行方向に敵が居た場合それを捉え、壁に叩き付け300ダメージと短時間のスタンを与える技。
300という高威力はタンクでも無い限りそれだけで確殺出来、相手がタンクであってもハンマーやファイア・ストライクを続けて叩き込む事で致命傷を負わせられる。
カス当たりでも敵にダメージ+ノックバックを与える。既に一人捉えている場合は、後の射線上の敵は全てカス当たりの判定で扱われる。
だが一瞬溜めがある上、ラインハルトの巨体が突進するその姿はかなり目立つため、見られている状況ではまずヒットしない。
そして長距離を移動するという性質上、相手に当たっても当たらなくても自陣の態勢が大きく崩れてしまう事に注意すべき。
チャージを発動した後は大抵、移動先の隙だらけな状況を他の敵に狙われる。チャージを発動した後の事を予測し、自身のヘルスや味方の状況と相談し的確に出していこう。
ちなみに発動後は微妙に方向を調整出来るが急停止が不可能。勢い余って落下してしまうのはありがちなミスである。
そしてラインハルト同士でチャージでぶつかると双方ダウン状態となる。

アース・シャターの使い方

アルティメットアビリティは「アース・シャター」。地面をハンマーで殴り前方広範囲にダウン効果を与える。ダメージは50。
効果範囲は前方にはかなり広いが、横には狭い。そこを頭に入れ使っていくと効果的。
ダウン状態時は無防備であり、ハンマーで殴るなりチャージでお持ち帰りするなり味方に攻撃してもらうなり、様々な運用が可能。
攻撃の発生が見てから見切るのは不可能な程素早く、敵と正面で向かい合う事が多いラインハルトにとっては非常に当てやすいアビリティと言える。
バリアが破壊された時にごまかしで使ったり、発生の速さを生かし相手がアルティメット発動中に妨害として使ったりといった運用も可。

ラインハルトの使い方

バリアを構え味方を守り、前線を押し上げるという戦術上、FPSに自信の無いプレイヤーでも扱いやすいヒーロー。
いつ引くかいつ攻めるか、その状況判断が戦線を大きく左右するチームの大黒柱だ。操作はシンプルだが戦術面ではなかなか奥が深い。

オーバーウォッチの特色のひとつである「チームプレイ」の中心となるキャラ。メインタンクと呼ばれる程の耐久力があり、ある程度使えるようにしておくとチームのタンクが不足した時に困る事は少なくなる

ハンマーの強判定や高いヘルスでゴリ押せる強みもあるが、基本はどっしりとバリアを構える堅牢なヒーロー。ワンマンプレイではなく集団行動で戦うと真価を発揮する。

味方ヒーローによる連携

味方ヒーローによる連携次第では効果を発揮しづらい。ここでは味方ヒーローによるラインハルトの活かし方を記述する。

まずすぐ破壊されてしまって一見脆そうに見えるバリアフィールドだが、耐久力2000(ソルジャー76の10人分)でとてつもなく硬い。敵チームからすればダメージが一方的に通る厄介なバリアなので、集中砲火で攻撃するだろう。

ソルジャー76のような中遠距離で戦うヒーロー以外は相性が悪そうに思えるが、バリアフィールドはほとんどのヒーローで活用可能で、リーパーのような接近系でも有利に戦える。

そして、最高峰の突破力を持ったチャージとアースシャッターだが、使用時はラインハルトの帰還は想定されていない。
その為、ラインハルトは目標へ攻撃するタイミングを常に見計らっている。目標への攻撃が成功したらラインハルトと共に前進しよう。あっという間に敵を制圧できるだろう。

味方が集まるバリア・フィールド

例えば味方がトレーサーゲンジのような背後や側面から攻撃する編成であればバリアを使って攻撃する回数は減る。またソルジャー76であってもお互いのラインハルトがバリアを構えている状況では膠着状態になりやすい。ラインハルトの動き方を変えてみよう。
またバリアが一瞬で壊れてしまう場合も味方にとっては事故が怖くてなかなか利用できないので注意。チャージですぐに遠くへ消えてしまうのも同様だ。

ラインハルト、見参!

ラインハルトはファンが多いヒーローの1人。
武器やアビリティのクセが強いので最初は違和感があるかもしれないが、使っていくうちに楽しさが理解できるはず。(一般的なFPSで例えるならメインウェポンがシールドでサブウェポンがナイフが近いだろうか。)
脳筋キャラに見えるかもしれないが、ラインハルト熟練者からは「敵のラインハルトとの読み合いが面白い」という意見も少なくない。敵のラインハルトのULTアース・シャターをバリア・フィールドで防ぐことができる等。

ラインハルトの対処法

  • バリア正面を避けて死角から攻撃する。または非実弾武器や近接攻撃で直接狙う。
  • タレットなどでバリアを削る。
  • ULTのアースシャターは発生が速く見てから見切るのはほぼ不可能。バリアが割れそうなのにそのまま構え続けていたり、急に強気になって前進してきたらまず間違いなくULTを狙っている。
    体力の高さも手伝って発動前に倒し切るのは難しいので、バラけて行動したり裏取りでちょっかいを出したりして的を絞らせないようにすると効果的。
  • カウンターピック・・・
    バスティオン タレットモードの瞬間火力は、例え耐久力2000のラインハルトのバリアですら一瞬で破壊出来る
    ジャンクラット メインウェポンのグレネードが跳弾する性質上、バリアの裏を突く事が容易。またコンカッションマインは上空で爆破させればバリアを飛び越えダメージを与え、ラインハルトを上空に飛ばす。
    トレーサー ブリンクで一気に距離を詰め、ULTのパルスボムを貼り付けリコールで戻るの黄金コンボ。
    レッキング・ボール 強力なノックバックで、守るべき味方からたやすく引き離されてしまう。1vs1でも機動力の差からまったく相手にならないレベルで苦手。

ラインハルトのアビリティ

rei1R2ロケット・ハンマー
威力抜群の近接武器
75ダメージ
rei4R1ファイア・ストライク
火炎弾を発射する:クールダウン:6秒 100ダメージ
rei3L2チャージ
前方に突進し、敵を壁に叩きつける
クールダウン:10秒 300ダメージ
rei2L1バリア・フィールド
長押しで自身の前方にエネルギー・バリアを展開する
2000ダメージまで

アルティメットアビリティ

rei5アース・シャター
正面の敵すべてをノックダウン状態にする ダメージ:50

ストーリー

過ぎ去りし時代の王者を自称するラインハルト・ヴィルヘルムは、武勲、正義、勇気といった騎士道精神を重んじている。

30年以上前、世界各地でロボットたちの蜂起「オムニック・クライシス」が勃発。それに対抗すべく、オーバーウォッチが結成された。多くの戦功をあげていたドイツ兵ラインハルトは、初代オーバーウォッチ攻撃部隊に招聘され、オムニック・クライシスを終結へと導く。紛争後、オーバーウォッチは世界の平和を維持する国際機関となった。なかでもラインハルトは頑健な戦士として名を馳せた。

その独特な倫理観と豪快な性格で、ラインハルトは多くの仲間から敬意を集めていた。臆せず主張し、厳しい批評も辞さなかった彼は、オーバーウォッチの「声」となり、オーバーウォッチが正義の組織であることが改めて人々に認識されていた。

50代後半を迎えたラインハルトは、規則により戦闘任務からの引退を余儀なくされる。一線を退いた彼は、栄光と意欲にあふれる日々が終わってしまうことを恐れた。その後、オーバーウォッチには腐敗と反乱の疑いがかけられるが、仲間たちと命をかけた大義に泥が塗られるさまを、ただ指をくわえて見ているしかなかった。

やがてオーバーウォッチは解散したが、ラインハルトは混乱に向かって突き進む世界をただ傍観することはできなかった。再び鎧をまとった彼は、ヨーロッパに正義をもたらす騎士になることを誓う。罪なき人々を守り、よりよい時代を築くという誓いを果たすために。


ヴィルヘルム中尉オーバーウォッチ攻撃部隊のラインハルト・ヴィルヘルム中尉。7年前。

コミック「ドラゴンスレイヤー」
http://comic.playoverwatch.com/ja-jp/reinhardt-dragon-slayer

ラインハルトのプレイ動画

オーバーウォッチ: 短編アニメーション "Honor and Glory"

過去のバージョンの動画

ラインハルトのスキン

ラインハルトのスキンはこちら

ラインハルトのスクリーンショット

関連ページ

オフェンス

タンク

サポート

ヒーローページアクセスランキング

アクセスランキングの続きはこちら

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

オーバーウォッチ ピックアップ!

最新のコメント



もっと見る

更新履歴

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。