• TOP>
  • オーバーウォッチの用語説明

オーバーウォッチの用語説明

ここでは、オーバーウォッチのゲーム内で使われる用語を解説・説明します。
このページ以外に記載されている場合があります。Wiki内を検索してください。

あ行

アーマー(Armor)

残り体力(黄色く表示される部分)被弾1回ごとに5ダメージ軽減出来るが、基本ダメージの50パーセントまでしか減らない(単発ダメージの低い散弾、連射、照射系武器に対しての効果が大きい)

アタッカー

旧ロール名のオフェンスとディフェンスの総称として使われた。現ダメージロール。

アテナ

WATCHPOINT:GIBRALTARなどのシステムのAI。

あの恩知らず

マクリーの事。

アンチピック

またはカウンターピック。敵チームのヒーローの天敵となるヒーローを選択する事。

アルティメットアビリティ

ヒーロー(キャラクター)ごと固有の必殺技。攻撃をしたり時間経過でゲージがたまり、満タンになると発動できる(発動後はゲージが0に戻る)。
アルティメット、アルト、ウルト、ultなど人によって呼び方がさまざま。
ゲーマー用語ではウルトと略される。プロゲーマーのD.Vaはゲーム内の台詞でウルトと呼んでいる。

ヴィシュカー・コーポレーション

シンメトラが所属する企業。

ウィゾー

ウィドウメイカーハンゾーのこと。攻撃役スナイパーとしての2人をまとめて挙げたいときに遣われる言葉。

エイムアシスト

エイムアシスト

オフェンス

オフェンス

オンファイア

活躍すると左下のアイコンが青く燃える状態。着火時にキャラ毎の専用台詞がある。発動条件はやや厳しく、個人の実力を測るひとつの指標となっている。

オーバーウォッチ

オムニッククライシスを鎮圧する為にヒーローで結成された組織の名称。戦後、何者かの陰謀により解散。ウィンストンが元メンバーを呼び戻す。

オムニック

ロボットの事。元はAIだが自我を獲得している。
バスティオンなどの軍事用から家政婦やゼニヤッタなどの僧侶まで多種存在する。

オムニッククライシス

オムニックによる反乱。かつての大規模な戦争。

か行

カード

リザルト画面で投票するあれ。5票(エピック)と10票(レジェンド)でキャラクターが喋る。
ちなみに「8 目標貢献キル 10」と表示された場合は、目標貢献キル数は8/10キル。

介護

特定のプレーヤーなどを徹底的にサポートすること。サポートが愚痴を吐くときに味方を貶す意味合いで使うこともある。

海賊船

ペイロードの上にバスティオンを乗せ、守りながら進行する戦い方。「パイレーツ・シップ戦術」とも。
由来は不明だが公式の記事 にも記述がある。

回避

回避

カウンター

  1. カウンターピック。アンチピックとほぼ同じ。
  2. カウンターult。特定のultに対するカウンターとなるult。

カティヤ・ヴォルスカヤ

ロシアの軍事企業VOLSKAYA INDUSTRIESのオーナー社長。
短編アニメーション"INFILTRATION" に登場。

カバディ

インド発祥のスポーツを由来とする日本のネットスラング。
タンク同士が睨み合いになり、進行が停止している状態のこと。攻撃防衛の双方が盾持ちタンクを採用していると発生しやすい。
防衛側は時間を消費できるため好都合である。逆に攻撃側は拮抗を崩さない限り勝利はない。

ガブちゃん

ソンブラだけが遣うリーパーの愛称。本名の「ガブリエル」から。
「ガブちゃんって呼んでいい?」という問いかけに対して許可はもらえていないものの、キルボイスや準備前会話などで勝手に呼んでいる。

キャリー

敵の数を減らすエースアタッカーの俗称。オフェンスだけではなく全てのヒーローが対象。

クイック、クイマ

クイックプレイ(クイックマッチ)の事。

クリティカルヒット

ヘッドショットなどの弱点への命中。着弾時の音が違う。

グラマス

ライバルプレイのグランドマスター。

ゴリラ

ウィンストンのネットスラング。ちなみに外国のプレーヤーは彼をモンキーと呼ぶ

さ行

サイコパス

メイのネットスラング。敵を氷漬けにしてからゆっくりトドメを刺すため。または「メイコパス」。
ちなみにリーパーは完全無欠のサイコパス。

サブタンク

メインタンクと協力して前線を押し上げたり、メインタンクを守ったりする役割のヒーロー。ザリアが代表例。

サブヒーラー

メインヒーラーの護衛とダメージ量の少ない味方を回復させることが役割のヒーローの通称。ゼニヤッタが代表例。

サポタン

サポートとタンク。

シールド(Shield)

シールド

ジェフ

オーバーウォッチの開発チームの偉い人。

『オーバーウォッチ』ディレクターが暖炉の前で“何もせず”10時間くつろぐTwitch配信を実施。合計20万人以上のユーザが放送を見守る
https://jp.automaton.am/articles/newsjp/20171225-60119/

ジェラール

ウィドウメイカーの今は亡き夫。
アナとの準備時会話で聞く会がある。

死ね死ね

リーパーのult、デスブロッサムのこと。発動時のボイスから。
海外でも発動時のボイスから「die die die」と呼ばれる。

シャンバリ

テカルサ・モンデッタを指導者とする宗教。NEPALのマップが寺院。
ゼニヤッタは僧侶。

自由枠

対戦中に臨機応変にヒーローを変更する必要のある枠(役割)。
汎用性の低いヒーローが対象になりやすい。

ショットコーラー

  1. ボイスチャットで「いっせーの、せ!」と言う人。ターゲットのコールなど。プロチームでは1チームに複数人いる模様。
  2. 推薦システムの投票項目。

推薦

推薦システム

スヴャトゴール

VOLSKAYA INDUSTRIESで生産されている巨大ロボ。

スカーミッシュ (skirmish)

スカーミッシュ

スキルレート(SR)

ライバルプレイの偏差値。

ストライクチーム

オーバーウォッチの部隊のひとつ。ストライクコマンダー・モリソンヴィルヘルム中尉などのオーバーウォッチのマークが入った青い衣装のスキン。

スパム

プレイを妨害するコミュニケーションを繰り返す。サイトの宣伝等。違反かつ通報機能の対象です。

スノーボール

雪玉が坂道を転がりながら大きくなるように、一度有利が出来上がってから止められなくなってしまう様。
集団戦に勝ったチームがより早くULTゲージを貯められ次の集団戦も勝ちやすくなるというように、オーバーウォッチではULT差でスノーボールが起きやすい。

即ピ

キャラ選択を最短で行う事。即ピック。

ソルマク

ソルジャー76マクリー。両方を指すこともあれば、どちらか一方という意味で使われることもある。
共にベーシックな性能のオフェンスであり、武器がヒットスキャンのためまとめて呼ばれる。

た行

ダイブ

ダイブ

盾割り

ラインハルトのバリア・フィールドなどの大型バリアを攻撃して割る事。バリア・フィールドの耐久値が減るとひび割れが起こり、0になると完全に割れる。

タレ爺

トールビョーンのネットスラング。タレットを扱う爺さん。

タロン

リーパーなどが所属する敵の組織。多くは謎に包まれている。

チート

サードパーティーのプログラムを使用しゲーム内の機能を自動化する。違反かつ通報機能の対象です。

チームキル

相手チーム6名を全滅させた時に表示されるメッセージ。他のFPSなどでは味方を倒してしまったときにチームキル・TKと言ったりするが、オーバーウォッチでは良い意味なので安心してよい。

チョークポイント

進行ルートが細く「そこを通らないと先に進めない」ポイントのこと。HANAMURAやVOLSKAYA INDUSTRIESの門が代表例。
防衛側は如何にしてここを抑えるか、攻撃側はどう突破するかが勝敗の分かれ目となる。

なお元々は海洋用語であり、海峡や運河のことを指す。

チャージ

ラインハルトの突進するアビリティ。

ディフェンス

ディフェンス

テカルサ・モンデッタ

シャンバリの指導者のオムニック。短編アニメーション"ALIVE" にて標的となる。KING’S ROWと深く関連している。

デッドロックギャング

ROUTE66を拠点とするギャング。マクリーの古巣。

凸砂

突撃するスナイパー。

ドラゴンサージ

ハンゾーのULT龍撃波とザリアのULTグラビトンサージのコンボのネットスラング。
発売当初から存在していたがハンゾーの電光石火リワークによって再注目。

○○奴隷

初期のゲームバランスが今ほど良くなかった頃に使われたネットスラング。○○にはキャラ名が入り、主にルシオが呼ばれていた。
初期ルシオの低火力、いるだけで良いと言われるほどの回復範囲、なおかつ必須キャラとして扱われていた事から。逆の見方をすれば強キャラ(OP)。初期はワントリックプレイヤーも多く、現在と比較するのは難しい。
2017年4月にルシオの仕様が大幅に変更され、呼ばれる事は無くなった。

トレゲン

トレーサーゲンジ。両方を指すこともあれば、どちらか一方という意味で使われることもある。
共に高機動・高火力のためまとめて呼ばれる。

トロール(troll)

トロール

な行

内部レート

実力の近い者同士で対戦する為の非表示のレーティングの通称。自分でも確認できない。FPSではよくある機能。ライバルプレイのスキルレートとは別物。
クイックプレイの説明文は「同じぐらいの腕前のプレイヤーと対戦」と書かれているが、例外も多い。

ナノブ、ナノ○○

サポートヒーローアナのアルティメット技”nano boost”のこと。主に略して呼称されている。
ちなみに「ナノブを自分に付けて」は韓国語では「ポンミー」。

ナノゲンジはナノブーストが付いたゲンジ

は行

バス

バスティオンの事。

バックフィル(backfill)

途中参加したプレイヤーへの経験値ボーナス。

パッシブスキル

パッシブ(passive)=受身、受動的を表す言葉。
ボタンを押す必要のない常時発動型のスキル。

パック

マップに配置されている回復(ヒール)パック。小パックと大パックの2種類。

バリア

バリア

ハルザリ

タンクのラインハルトザリアをセットで使うこと。前線をジリジリと押し上げる戦術では定番の組み合わせ。

ハルバス

タンクのラインハルトとディフェンスのバスティオンの組み合わせのこと。高耐久の代わりに攻撃ができないラインハルトと高火力の代わりに移動できず的になってしまうバスティオン、互いの弱点をうまくフォローしあった伝統の戦術。
盾役をオリーサに代えてオリバス、3ヒーロー揃ってハルオリバスと言われることも。

ヒットスキャン

発射と同時にダメージ判定がされる武器の仕様。弾速が無限という表現をされることもある。ソルジャー76のメインウェポンなど。

ヒーラー

サポートの俗称。
2018年5月までヒール能力のないシンメトラ(シールドジェネレーター版)がサポートに含まれていた為、主に「シンメトラ以外のサポート」を指す用語だった。

ファイナルブロウ

敵のヘルスを0にする最後の一撃を与えた数。(他のFPSでのキル数)

ファラマ(ファラマーシー)

ファラマーシーの2人セットで空を飛び回る戦術。単独で飛び続けられるファラはもちろん、マーシーファラへのガーディアン・エンジェルとエンジェリック・ディセントを駆使することで空中を維持することができる。

フォーカス

フォーカスを合わせる=火力を敵1人に集中させる事。

ロードホッグのネットスラング。とん、ぶた。

フランカー

正面以外の側面などから敵を攻める役割の俗称。

ブラックウォッチ

オーバーウォッチ内の部隊のひとつ。汚れ仕事を請け負う。
リーパーマクリーなどのスキンがある。

オーバーウォッチソフトの開発社であるブリザード・エンターテイメントのこと。
カタカナ表記だとブリギッテの可能性も。

ブリジット

ブリギッテのコミック初登場時の和訳。

プレイ オブ ザ ゲーム(Play of the game)

勝敗決定後の結果表示画面にて、その試合(ゲーム)中に活躍したキャラクターのクールな瞬間を切り取り、終了後に皆で盛り上がるような交流や歓談の機会を与えることを目的としたリプレイ。

プロゲーマー

ゲーム(コンピューターゲーム)をすることにより報酬を受ける人のこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC

大会の賞金やスポンサー契約などが収入源。プロスポーツ選手と同じように勝負の世界。日本人で有名なのは格闘ゲームプレイヤーの梅原大吾選手など。

Twitchなどの配信業はプロゲーマーではなくストリーマーと呼ばれるので注意。
ただし、現役のプロゲーマーや元プロゲーマーが配信をする場合もある。実力を判断するにはレートや過去の世界大会の成績を確認するとよい。

ブロック

PC版の任意のプレイヤーのテキストチャットを非表示にする機能。詳細は通報機能

ベイブレード

ベイブレード

ペイロード

ペイロード(英語:Payload)とは、直訳的には「対価(運賃)を取る荷物」(wikipediaより引用)とのこと。なので、多分なにか大事な荷物を積んでいて、護衛をする、ということなのでしょう。
運搬物に関してはマップの各種ページに記載。

ペトラス法

オーバーウォッチによる活動を違法とする法律。

ヘリックスセキュリティーインターナショナル

民間の警備会社。ファラが所属。
ソルジャー76のヘリックス・ロケットなど。

ヘルス(Health)

残り体力(白く表示される部分)、あるいはアーマーやシールドを含めた全体力の事。

ポートレートレベル

ポートレートは対戦中に左下に常時表示されているアイコンの事。ポートレートレベルが上がると額縁が豪華になる。

ま行

マウサー

マウサー

魔境

自分の居心地の悪いスキルレート帯を指すネットスラング、もしくは比喩。発売当初によく使われた。
例えばブロンズは魔境と言うと、ブロンズは自分より弱者(の集まり)と言ってるのとほぼ同義。なのでマウントを取る事になる。
ゴールドランクから見ればシルバー帯は魔境、プラチナランクから見ればゴールド帯は魔境、グランドマスターランクから見ればマスター帯は魔境と順に上がっていくので個人差がある。曖昧な用語。

ミュート

任意のプレイヤーのボイスチャットを消音にする機能。

メインタンク

敵と接近した時に前線を押し引きする役割のヒーロー。ラインハルトが代表例。

メインヒーラー

瀕死の味方やヘルスの多いタンクの回復をするヒーローの通称。マーシーが代表例。

や行

ら行

ランクマッチ、ランクマ

ライバルプレイの事。他のFPSではランクマッチと名付けられている事が多い為。

リスポン

ゲーム開始時またはヒーローが死んだときに復活する場所のこと。

リワーク

アビリティの変更など大幅な調整。

ルメリコ

DORADOにあるエネルギー会社。

レート

ライバルプレイのスキルレート。

レア

トレジャーボックスから入手できる青色のアイテム。
コモン(白)→レア(青)→エピック(紫)→レジェンド(オレンジ)

ロー(low)

VCなどでよく使われる用語で、(主に敵の)ヒーローのHPが低い状態のことを指す。例えば「ハルトロー!」と言われたら「敵のラインハルトが瀕死だ!」という意味。

ロール

キャラクターの主な役割。役割、タイプ、クラス、などと言われることもある。
RPGでは戦士、魔法使い、僧侶、盗賊、といった職業がロールに相当する。
オーバーウォッチは21種類のヒーロー(キャラクター)が存在し、その中から1人を選んでプレイするが(プレイ中に切り替えることもできる)、各ヒーローはオフェンス(攻撃型)、ディフェンス(防衛型)、タンク(体力型)、サポート(補助型)の4種類に属している。

ロールキュー

グループ検索

ロス・ムエルトス

DORADOを拠点するギャング。詳細はマップのページに記載。

わ行

役割などの意味。1チームで6人なので最大6枠。

○○ ワン(one)

ボイスチャット用語。戦闘中に敵ヒーローへの攻撃を合わせる時に使う。例えば「ハルト ワン!」と言われたら「敵のラインハルトを一緒に攻撃だ!」という意味。twoは使わない。

英数字

Boost行為 (ブースト行為)

ブースト行為

CS版

CSは家庭用ゲームの意味。PS4版やXboxOne版をひとまとめにした用語。
家庭用ゲームとは (カテイヨウゲームとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

CT

クールタイム

DM

D.Vaのディフェンス・マトリックス。

DPS

DPS

e-Sports

エレクトロニック・スポーツの略。

eスポーツはLANパーティの中から生まれたとされる[3]。欧米では1990年代後半から高額な賞金がかけられた世界規模の大会も開催され、参加者の中にはアマチュアから年収1億円を超えるプロゲーマーまで含まれる[4][5]。

『League of Legends』[6]や『スタークラフト2』[7]などはプロフェッショナルスポーツと認定され、日本でもアスリートビザが発行された[8][9]。

2017年の調査では、eスポーツは世界中で3億8,500万以上の視聴者がいるとされている

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84

補足

  • 主に賞金ありのオフライン大会の事。(賞金なしの大会やクラン戦も含まれる場合がある)
  • FPSでは賞金ありの大会は主にPC版で開催される。
  • プロゲーマーの項目も参照。

gg

海外のネットスラング。good gameの略。
意味は「お疲れ様でした」「良い試合だった」等。すばらしい試合に対するねぎらい。
スポーツの試合後の握手のようなもの。(なので対戦中に皮肉としても使われやすい)

オンラインゲームでよく使われる用語で、D.Vaには「GG」のボイスやスプレーが用意されている。

ggwp

海外のネットスラング。good game,well playedの略。
意味は「お疲れ様でした、お見事でした」等。

GOATs

GOATs

group up

「集合」の事。

HS

ヘッドショット

lol

(笑)を意味するネットスラング。

noob(ぬーぶ)

下手なプレイヤーを指すネットスラング。軽蔑的なニュアンスを含む。
http://dic.nicovideo.jp/a/noob

OTP

ワントリックプレイヤー

OWL

オーバーウォッチ リーグ

POTG

プレイオブザゲーム

PTRサーバー

PTR

ty

Thank Youの略。

ult

→アルティメット(ultimate)=アルティメットアビリティの略

VC

ボイスチャット

200族

最大体力が200であるヒーローの総称。
半数以上のヒーローがこの体力以下なので、敵を倒す際に必要な火力としての一つの基準となる。

2-2-2

2-2-2

3タンク

3タンク

○○k○d

k=キル、d=デス。
21k7dだと21キル7デスとなり、時間平均で見ると自分の1デスの間に3人の相手を倒していることになる。
ダメージロールのうち、一部のヒーローや運用を除いた多くで、活躍できているかどうかのわかりやすい指標となる。

〇〇専

ひとつのクラスやひとりのヒーローから頑なに変更しないプレイヤー。
ワントリックプレイヤー

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

    アクセスランキング

    オーバーウォッチ ピックアップ!

    @英語公式 @日本PC @日本PS4

    最新のコメント



    もっと見る

    更新履歴

    編集メンバー参加申請

    こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

    管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

    編集メンバーの詳細はこちらから。

    あなたのアカウント ゲスト
    サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
    メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
    編集メンバー参加申請

    編集に参加するにはログインが必要です。

    オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

    {{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
    ※勝手にツイートすることはありません。