• TOP>
  • 【オーバーウォッチ】D.Vaの立ち回り、連携、スキル、アビリティ

【オーバーウォッチ】D.Vaの立ち回り、連携、スキル、アビリティ

このページは『オーバーウォッチ』に登場するヒーロー「D.Va」の紹介ページです。

コミュニティ機能を導入しました。キャラに関する議論・雑談は↑のスレッドを利用頂けると幸いです。
このページのコメント欄はページ情報の更新提案、間違いの指摘などにご活用ください。


D.Va(D.Va)

「やるからには勝つよ」

【オーバーウォッチ】D.Va
Health:150
Health:200(メック)
Armor:400(メック)
Total:600
難易度:★★
本名ハナ・ソング
ロールタンク
年齢19歳
職業元プロゲーマー、メックパイロット
活動拠点韓国、釜山
所属韓国軍機動装甲部隊
CV種田 梨沙

元・プロ・ゲーマーのD.Vaは最新鋭のメックを操り、故郷を守るために戦う。

D.Vaの評価

良い点

  • メックのショットガンの装弾数が無限で、リロード不要
  • 柔軟かつ回転率の高い飛行移動スキルを持つ
  • メックが破壊されてもデスにならず、生身での継戦、ULTで再度の復帰が可能
  • ディフェンス・マトリックスは一部ULTを消滅させる
  • ULTの自爆範囲が広く強力
  • 実弾系攻撃への防御能力が非常に高い

悪い点

  • メックのショットガンを撃っている間は移動速度が半減する
  • 生身は体力が低く、一切のアビリティを持たない
  • バリアを使えず、ビーム系攻撃や拘束スキルに弱い

D.Vaのアビリティ

フュージョン・キャノン(FUSION CANNONS)(メック搭乗時)

アイコン操作性能概要
【オーバーウォッチ】D.VaR2
LM
弾数:∞
ダメージ:散弾一発あたり0.6~2
1射撃散弾11発
ヘッドショット:可
近距離用のオートマティック兵器。範囲攻撃に適している

2丁のガトリング式ショットガン。銃口は各3つ。リロード不要の散弾を両腕から交互に連射する。連射速度が非常に早く、近距離での撃ち合いによるダメージレースの強さが圧倒的。自身の耐久力の高さも手伝って近距離では無類の強さを誇る。
リーチも非常に長いのだが、威力の距離減衰が10m辺りからと非常に短い距離から始まる上に、弾がバラける特性上中距離以降ではまさに豆鉄砲としか言いようの無い微弱なダメージになってしまう。
更に射撃中は移動速度が普段の半分程度に落ち、遠くの敵からは狙われやすく、近くの敵からは距離を離されやすい、というなんとも歯がゆい弱点も併せ持つ。
運用方法としては大体二つに別れ、中~遠距離からの集団への広範囲射撃によるヘイト稼ぎと、ブースターによる急襲、そこから接射で一気に倒す形の二つとなる。
特にブースター奇襲は重要で、ヘルスの減った相手をピンポイントで倒していき数的有利を作り出す上で非常に有効。
射撃時は鈍足になるという仕様上、敵から余分にダメージを貰いやすいのは確かに難点なのだが、ポジティブに考えれば自身がほぼ動かないのでエイムが非常にやりやすいという事でもある。

※アップデート履歴
1/25 弾丸一発辺りの最高威力が3から2に弱体化、一度に発射する弾丸の数が8発から11発に増加
ラインハルトの盾やウィンストンのバリア等、全弾容易に命中させられる対象に対しては僅かに総ダメージ数を減らす形にされたが、同時発射数が以前より3発増えたため、細身のヒーローに対するダメージのばらつきが若干緩和された。
微弱体化。
9/20 ブースター中に射撃できるようになった。同時にマイクロミサイルが追加されたこともあり、D.Vaの短所だった低い追撃能力が大幅に改善された。

ライト・ガン(LIGHT GUN)(パイロット)

アイコン操作性能概要
dva1R2
LM
弾数:20
ダメージ:14
ヘッドショット:可
リロード:2秒
メックが破壊された後も、D.Vaは中距離用のオートマチック・ブラスターで戦うことができる

メックを破壊されたD.Va本人が地上で戦うための唯一の武装のハンドガン。マーシーのカデュケウス・ブラスターと非常によく似た武器だが、こちらは発射速度で勝り、一発の威力で劣る。
性能としてはやや弾速が遅く、連射力が結構高めの素直な性能のハンドガンといった所。人によってはメックのフュージョン・キャノンより使い勝手が良いと感じたりする位には扱いやすい。
これを当てる事によって、生身時のアルティメットアビリティである「メック召喚」のゲージがモリモリ溜まっていくので、味方のタンクと行動しつつ、狙いやすい敵をガンガン撃ってさっさとメックを取り戻そう。
ちなみに11/16の大型アップデートで全ヒーローのULTコストが25%上昇しているのだが、D.Vaのこの「メック召喚」のコストのみ、5%だけの上昇に抑えられている。何もしなくても一分程度で溜まってしまう程には早い。

ディフェンス・マトリックス(DEFENSE MATRIX)(メック搭乗時)

アイコン操作性能概要
【オーバーウォッチ】D.VaL2
RM
クールタイム:1秒
効果時間:2秒(最長)
正面からの飛翔物をブロックする

メックの頭部から正面から飛来する攻撃をかき消すフィールドを前方広範囲に展開する。仕組みが一般的なアビリティと違っており、CTとゲージの二種で管理されている。L1のブースターと同時起動が可能。
具体的には、使用時にレティクルの右側にゲージが表示され、それが残っている間はシ―ルドを展開し続ける事が出来る。MAXチャージだと最高2秒間まで展開可能。
そしてシールドをしまうとゲージが回復していく・・・という、ラインハルトの盾と若干似た仕様となっている。ちなみにゲージが空の状態から8秒でMAXチャージとなる。
CTが1秒だけ適用されるので、実際はラインハルトの盾のように気軽に出し入れ出来る訳では無いのだが、こちらは完全無効化なのでまた違った運用方法がある。
主な運用方法としては、撃ち合い時に展開して味方を守る、相手の射撃系ULTをピンポイントで無効化、固定位置で攻撃する敵への接敵時の自衛・・・と多岐に渡る。
D.Vaの守りの強さを象徴する強力なアビリティだが、側面や足元は無防備、ザリアのビームやメイのブラスター等の放射系の弾、近接攻撃は無効化出来ない。効果のある武器を的確に判断し使っていく事。

※アップデート履歴
3/1 ロードホッグのチェイン・フックやトレーサーのパルス・ボムといった飛翔物をブロックする前に、設定された最小距離を移動する必要がないよう変更。
これにより、味方をロードホッグのフックコンボから守る事が出来るようになったり、無効化対策でザリアが地面に向けてグラビトン・サージを撃つテクニックも通用しなくなった。
9/20 ディフェンス・マトリクスの効果時間が最大4秒から2秒に短縮。その代わり回復速度が1.25倍に上昇した。

ブースター(BOOSTERS)(メック搭乗時)

アイコン操作性能概要
【オーバーウォッチ】D.VaL1
Shift
持続時間:2秒
クールタイム:5秒
ダメージ:10
ノックバック:有り
進行方向に飛び上がる。移動中に敵にぶつかると10ダメージ+ノックバック

2秒の間、メックのブースターによる高速移動を行うアビリティ。移動中に敵にぶつかると10ダメージとノックバックを与える。
飛翔し高台に陣取る、敵から逃げる、高所の敵に襲撃する、ノックバックで相手を奈落に叩き落す、逆に奈落から生還する・・・と、使い所は様々。
D.Vaはタンクでありながら、このアビリティの存在により要所要所で一時的に高機動で立ち回れる。CTも5秒とかなり短いので惜しまず使っていこう。
機を見て敵を一人このブースターで吹き飛ばし孤立させ、タイマンに強引に持ち込み撃破するのはD.Vaの得意戦術となる。ちなみにノックバック終わりに近接攻撃を加えるとそのまま繋がり合計40ダメージを稼げるので、立ち回りのアクセントとして使っていこう。

※アップデート履歴
2018/4/10に体当たりダメージ弱体化 25から10

マイクロミサイル(MICRO MISSILES)(メック搭乗時)

アイコン操作性能概要
L2
E
弾数:18発
ダメージ:1発あたり9-11(直撃7+爆風2-4)
クールタイム:8秒
直進する小ミサイルを複数発射する

メックの両肩から直進する18発のミサイルを発射する。距離減衰はなく、弾速は中程度。
1発あたりのダメージは低く最大ダメージは198と単体では控えめな性能だが、このアビリティの最大の長所は他のアビリティと関係なくいつでも発動できることである。
ブースターで敵に接近しつつメインと一緒に発動するのが非常に強力で、これにより高台に陣取っている敵(ソルジャー76、ウィドウメイカーなど)を急接近と共に強引に仕留めることが可能。他にも盾割り、遠距離への牽制、瀕死の敵の追撃など用法は多岐に渡る。

※アップデート履歴
9/20に追加されたD.Vaの新アビリティ。
2018/4/10に爆風ダメージ弱体化 6から4

緊急脱出!

概要
メックが破壊された際、緊急脱出する

合計600のヘルスを持つメックだが、これを0にされてもD.Vaはキル扱いにならない。暗転の後、爆散するメックの中からD.Va本人が飛び出してそのまま継続して戦う事ができるのだ。
ヘルスは150、武器は前述のライト・ガン一丁でアビリティは無し・・・という、単体性能としては貧弱極まりない。利点として自身の当たり判定が非常に薄いので、敵から狙われても被弾しづらい所位か。
暗転後の脱出ジャンプは移動キーで方向指定が可能。特に何の入力も無ければ後ろに飛びのく。
メックが破壊されてしまった時にULTの準備が出来ていれば、生身で飛び出す前の暗転演出中に発動することでそのまま自爆へと移行可能。敵中深く突っ込んでボコボコにされてしまった時にカウンター気味に使うと場を荒らせて美味しい。勿論、自爆後はメックがすぐ戻ってくるので即時戦線復帰の用途としても使える。
余談だが生身の状態ではエモートが固有の物に固定される。かわいい。

自爆(SELF-DESTRUCT)(メック搭乗時)
アルティメットアビリティ

アイコン操作持続時間概要
【オーバーウォッチ】D.Va
Q
詠唱:3秒
ダメージ:1000
メックをオーバーロードさせてから脱出する。メックは一定時間後に爆発する

その名の通り、乗っているメックを自爆させる攻撃技である。
3秒の猶予の後、かなりの広範囲を巻き込む爆破で相手を攻撃する。
ダメージはなんと1000。全ヒーロー中最高クラスの威力を誇るULTで、至近距離で直撃させられれば確実に相手を葬れる。ルシオやゼニヤッタのULTを重ねられてもその上から一撃で即死させられる。
自爆は自身と味方を巻き込む事はなく、自爆後はすぐに新しいメックを召喚できる。これを生かし、自身のヘルス回復手段として使えなくもない。
素の状態で発動するとその位置のままメックから飛び出し自爆に移行するのだが、L1のブースターと組み合わせるとその進行方向に対して移動爆弾として射出する事が可能。
このテクニックの一例として、上空に向けて射出すると敵にメックを視認させずに敵陣のど真ん中に配置したりもできる。狙った地点に正確に落とすのは非常に難しいので、カスタムゲームなどで飛距離などを検証しておくと良いだろう。
ブースターによる射出に助走は一切要らず、射出したい方向を合わせブースターを発動しすぐに自爆を使う事でその場からほぼ動かずメックだけを飛ばす事が出来る。
発動後に遮蔽物に隠れられたり、自爆の詠唱中の上部に出る赤い!マークが黄色に変わる距離まで逃げられるとダメージは一切入らない。
なお、生身の状態から発動する『メック召喚』もULT扱いだが、この召喚動作自体にもダメージ判定&ノックバック効果があり、敵が至近距離にいる状態で召喚すると敵を吹き飛ばしつつ幾分かのダメージを与えられる(筆者も偶然発見したものなので正確なダメージ数値は未検証)。とはいえ、生身の彼女はヘルスが150しかない上に、至近距離ならばマクリーやアナなどが持つ妨害系のアビリティで召喚動作を中断させられるリスクも大きいため、この召喚ダメージのみを狙って行うのは避けた方が無難だろう。

変更点

  • フュージョン・キャノン
    • 射撃中の移動速度低(100%)→高(125%)
    • 弾丸のダメージ 3→2
    • 1度に発砲する弾丸の数 8→11
    • ブースター使用中 攻撃不可→攻撃可
  • ディフェンス・マトリックス
    • 使用方法 一度に全部→短時間に分けて使用可能
    • エネルギー・メーター なし→追加
    • クールダウン 10秒→1秒
    • メーター回復開始まで高(0.5秒)→低(1秒)
    • 各飛翔物のブロック 最小距離を移動する必要あり→全てブロック
    • 敵のULTを吸収 特になし→台詞とSEあり
    • 稼働時間長(100%)→短(50%)
    • 秒間メーター回復速度低(10%)→高(12.5%)
  • マイクロミサイル
    • なし→追加
  • メック召喚
    • アルティメットのコスト大(100%)→小(80%)
  • 自爆
    • 自爆ダメージあり→なし
    • アルティメットのコスト大(100%)→小(85%)
    • 爆発までの時間低(4秒)→高(3秒)
  • その他
    • メックのヘルス低(100)→中(200)→高(400)
    • メックのアーマー高(400)→(400)→低(200)

基本的な立ち回り

一言で言うならば「フランカー(遊撃手)」。機動力の高さと打たれ強さを兼ね備えており、ひたすら動き回って相手の戦線を乱す能力に特化している。やれる事が多い分、咄嗟の判断力が重要となる。
とは言え、的が大きい分トレーサーやゲンジのように単独行動が得意という訳では無い。目安としてはブースター一回で味方の元に帰る事が出来る位置がベストポジションである。緊急脱出である程度の無理は利くが、深追いは禁物。

ブースターによる奇襲からの接近戦が有効なのはアビリティの項で説明した通りだが、普段は中距離から敵が固まっている所に向けて、範囲攻撃という名目で攻撃し続けるのが有効である。出来れば高所などのある程度目立つ位置が良い。
ダメージはそう大きくも無いが、相手からしたら常にヒットマークが出続けているのはうっとおしい事この上ない。ヘイトを稼いで味方の被弾を抑えるというタンク本来の仕事はこれで行う事が出来る。
敵にラインハルトがいれば、弾数無限のメインウェポンで盾を削ってやるのも有効打となる。距離さえ適正であれば自身の耐久値の関係上、盾割りの速度がトップクラスに早い部類になるため相手のラインハルトからしたら相当うっとおしい。
勿論、狙える状況であれば急接近からの接射による瞬時撃破もガンガン狙っていくべき。

高所からの攻撃に対処するのもD.Vaに求められる仕事の一つ。というのも、D.VaはCT5秒という高回転率のブースターで高所取りは余裕で行えるし、高所に陣取っている敵は大抵本隊を離れ少人数で行動するものなので、前述のD.Vaのタイマン性能の高さが光るのだ。
高所で接地して戦うタイプのヒーローなら前述の奇襲からのタイマンで容易に片付く。ファラのような空中散歩が可能なヒーローに対しては、メインウェポンの遠距離牽制とミサイルが役に立つ。ファラが遠方に居るときはメインの弾幕で牽制しつつ、ファラの弾をDMで排除。例え微量なダメージであっても、接地しないと満足に回復出来ないファラ側からしたら無視出来ないダメージだ。そしてこちらの領空に入ってきたときは一気にブースターでの急接近+ミサイル+メインの黄金コンボで片をつけてやろう。

守備的な面ではディフェンス・マトリックス(以下DM)が猛威を振るう。大抵の攻撃系ULTをかき消す事が出来、狙って防ぐのは難しいが、トレーサー、メイ、ザリア等が持つ投擲系ULTも爆発前なら消して無効化出来る。勿論相手のULTゲージは0になったまま。
特に大きな逆転要素となり得るオフェンス組のヒーローのULTに対してアンチとなれるのは非常に大きい要素。リーパーなら本体をDMで包む、ファラ、マクリー、ソルジャー76なら射出方向に向けDMを張りブースターで接近する・・・といった感じで対策出来る。
ロードホッグの十八番のフックコンボも、捕まえられた味方を追いかけDMを被せる事で、ザリアのバリアと同じように味方を守ってやれる。更に近接戦闘を挑む必要があるラインハルト、リーパー、ゲンジ等のヒーローが味方に居る場合、彼らが攻めるタイミングでDMを被せて後続すると被弾から守りつつ彼等を暴れさせてやれる・・・と、かなり使用用途が多い。
DMの存在はD.Vaを扱う上で非常に重要なファクター。きちんとゲージ管理をする事。味方と付かず離れずの位置に陣取り、緊急時にいつでもDMを展開出来るような状態を保っておきたい。

最後に自身のULT、自爆は状況次第でオフェンス組並みの逆転要素を持つロマン技。ULTゲージは主に近距離射撃によって効率よく回収出来る。遠距離からペチペチ撃つのは当たりこそすれ殆どゲージが回収出来ないので程ほどに。
遮蔽物が無い場所に放り込むのは当然だが、上空から落としたり天高く放り投げてガード方向を惑わせたり、はたまた裏取りで死角から放り投げたりと工夫してやるともっと命中率が上がるはず。
敵味方入り乱れた時に発動する時は、自身を含め味方は一切巻き込まれないという性質に注目。逃げ惑う敵を味方全員で追い打ちしてやると敵は「自爆から隠れる」「追手を追い払う」の2つのタスクを自爆までの三秒間、同時にこなさなくてはならなくなる。
むしろ追い打ちを本命として発動するのも大いにアリ。

体力400+アーマー値200、倒されても150の体力を持った生身でワンチャンス。そして生き延びればまたすぐ元通り。ブースターやディフェンスマトリックスにより守りの選択肢も豊富・・・と、とにかくしぶとさが光るヒーローである。
マーシーやアナなどの回復力の高いヒーローからの援護があればかなり無理矢理なゴリ押しが通せるので、そういった点では初心者帯でも活躍しやすいヒーローかもしれない。
だが「これだけやっていれば良い」という安定行動が少なく、その場その場の対応力が磨かれて始めて真価を発揮できるヒーローでもある。そういう点を加味すれば上級者向けとも言える。

D.Vaの対処法

  • 射撃中はほぼその場から動かないので射程外から一方的に狙う、もしくは近距離で複数人で囲んで叩く。
    非常に硬いという長所を逆手に取り、とりあえず攻撃してULTゲージ回収効率を上げる、という戦法も取れる。
  • 生身で行動中に狙う。ヘルスが150しかないので、何かしら当てられればそれだけで致命傷となる
  • ULTの自爆は、自爆詠唱中のメックの上部に!マークが出る。それが黄色になるまで逃げるか、遮蔽物に隠れるかで被弾を防ぐ事が可能。
    詠唱中もメックに当たり判定が残る。なのでラインハルトのチャージやロードホッグのチェインフックで位置をずらし味方の被弾を抑える事が出来る。とっさに行動するのは中々難しいが。
    最終手段はラインハルトの盾、ザリアのバリアを張った味方の後ろに隠れる事。ULTのセリフの後は3秒の猶予があるので、落ち着いて行動しよう。

カウンターピック

トレーサーゲンジの高機動型オフェンス組
これら二人は非常に素早い上に当たり判定も薄く、D.Vaのメインウェポンでは纏まったダメージが与えられない。
特にゲンジが対処としてはキツく、D.Vaと同じく上下の動きが得意な上ULTが近接攻撃と、DMが一切機能しない。
低リスクでボコボコ殴られて、相手のULTゲージ回収に使われがちなので注意する事。

ソンブラ
バリアなしで前線に向かうD.Vaの性質上、タンクの中では非常にハックされやすい。
敵の射線のある場所でハックされると、命綱のディフェンスマトリックスもブースターも使えず高確率で剥がされる。
本体も若干判定が小さめでタイマンでもやや苦戦する相手。

メイ
とにかく凍結ブラスターがキツイ。射撃時鈍足、デカい図体という性質に相性がかなり悪く、一度対面したら脱がされるまで凍らされ続ける事必死。ディフェンスマトリックスでも防げない。
更にULTの自爆がアイスウォールでワンタッチで阻害される。

ロードホッグ
集団戦で調子に乗って前に出過ぎると、大きな当たり判定も手伝ってフックで簡単に引き寄せられ、近距離で敵勢全員にまとめてボコられて一瞬でメックを脱がされてしまう。流石に耐久値600でも敵全員にフォーカスされてしまえば秒もかからず倒されてしまう。
後述のゼニヤッタとの相性が非常に良く、引き寄せ→不和のコンボはD.Vaにとって恐ろしい事この上ない。優先して狙われていると感じたら思い切ってピック変更も視野に入れてしまおう。

ゼニヤッタ
不和のオーブはディフェンスマトリックスで防ぐことができず、D.Vaでは対処することができない。
またオフェンスに調和のオーブを付けられれば、タイマンに持ち込んでも負けてしまう。
ゼニヤッタ自身もHS+不和ならば単発100ダメージ以上を叩き出すため、メックのアーマーが役に立たない。

ストーリー

元・プロ・ゲーマーのD.Vaは最新鋭のメックを操り、故郷を守るために戦う。

20年前、南シナ海の海底から突如として現れた巨大オムニックが韓国を襲撃。沿岸都市に壊滅的な打撃を与えると、波間の向こうに姿を消した。事件を受け、政府は来たるべきオムニックの脅威から国を守る為、機械化装甲ドローンユニット、通称“MEKA”を開発した。

政府のこの対応はただの杞憂ではなかった。数年ごとにオムニックが姿を現し、韓国や近隣諸国を襲撃するようになったのだ。オムニックは戦闘のたびに学習を重ね、新たな武装や能力を身につけていった。どうにか撃退に成功はするものの、破壊まではいたらず、政府はそれ以上の手を打つことができずにいた。

進化を続けたオムニックは、ついにMEKAの制御ネットワークまでも混乱させるようになり、軍は人間のパイロットを搭乗させることを考案する。そこで政府が目を付けたのは、プロ・ゲーマーたちだった。メックの高度な兵装システムを操るのにふさわしい反射神経と判断力を備える彼らはまさにうってつけだった。トップクラスのスター選手らが次々と徴兵され、その中には絶対的世界チャンピオン、ハナ・ソング(通称 D.Va)の姿もあった。D.Vaは卓越したスキルと、勝つためならば無慈悲に相手を叩き潰すことでも知られるプレイヤーだった。

召集に応じたD.Vaは、この新しい“ゲーム”を、ほかのMEKA部隊とともに果敢に戦った。最近では戦闘の模様を生配信するようにもなり、ファンの数は増え、今やD.Vaの人気は世界的なものになっている。

D.Vaの動画

短編アニメーション

ディレクターズ・コメント

日本語字幕あり

ハッピーホリデー2018

日本語字幕あり

過去のバージョンの動画

D.Vaのスキン

D.Vaのスキンはこちら

関連ページ

オフェンス

タンク

サポート

ヒーローページアクセスランキング

アクセスランキングの続きはこちら

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

オーバーウォッチ ピックアップ!

最新のコメント



もっと見る

更新履歴

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

オーバーウォッチ Overwatch 攻略まとめWiki【First Flame】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。