• TOP>
  • 鏡の住民/Mirror Entity

鏡の住民/Mirror Entity

TOP > メイジのカード > 鏡の住民/Mirror Entity

《鏡の住民/Mirror Entity》はメイジのコモン・シークレットカード。


鏡の住民
コスト名前レアリティテキスト
3Mana鏡の住民/Mirror Entityp common秘策(Secret): 対戦相手がミニオンを召喚した時、そのコピーを自分の場にも召喚する。

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトのダストは40、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

注意点

  • 相手の手札から召喚されたミニオンにのみ反応する。

戦略

  • 相手に依存するが、場合によっては強力なアドバンテージを稼げる。もし相手の《デスウィング/Deathwingp 等大型をコピーできれば有利な状況に持っていける。
    • 張られた秘策(Secret)がこのカードだと看破された場合、相手は弱いミニオンを先に召喚する可能性が高い。
    • 弱いミニオンであれば強いミニオンを召喚するタイミングを失わせたことになり、逆に手札に弱いミニオンが無ければ、リスクを覚悟して強いミニオンを召喚するしかないというジレンマに陥れさせられる。
  • またこのカードの利点として、呪文を使用しつつ、召喚酔いをしていないミニオンを召喚出来ることが挙げられる。
    • マナ・ワーム/Mana Wyrmp を召喚した状態で使用すれば、攻撃力を上げつつ相手のミニオンを自分のものとして召喚可能であり、更にミニオンは相手のターンの最中にコピーされるので、次の自分のターンからすぐに攻撃に参加させることが出来る。
  • 総評してテクニカルなプレイングが求められるカード。アグロだと判断したら序盤に出しても構わないが、コントロールの場合は終盤まで取っておくと良い。

闘技場(Arena)

  • 即効性はなく、相手に依存するカード。他の選択肢が有用ならばそっちをとりたい。
    • しかし、これも悪い選択肢ではない。他の秘策(Secret)と違い、自分の場にミニオンが出ることはほぼ保障されているので腐りにくい。
    • また、構築より強力なミニオンをパクれる可能性が高い。手札がカツカツになりやすいアリーナにおいては、相手は分かっていても、強力なミニオン出さざるを得ないことがあるためである。
    • そのため、序盤ではなく中盤以降に使いたい。

コンボ

パッチ修正

Patch 1.0.0.3388 (2013-06-22): 「対戦相手のミニオンが攻撃してきた時に発動」から「召喚した時に発動」に変更。

フレイバーテキスト

英:"You go first." - Krush'gor the Behemoth, to his pet boar.
日:「先に行け」―巨獣クラッシュゴアが、ペットのイノシシに向けた言葉

コメント

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)

「若き頃の走り書きを、老いた私が秘術に変える」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。