• TOP>
  • マナ・ワーム/Mana Wyrm

マナ・ワーム/Mana Wyrm

TOP > メイジのカード > マナ・ワーム/Mana Wyrm

《マナ・ワーム/Mana Wyrm》はメイジのコモン・ミニオンカード。


マナ・ワーム.png
1Mana.pngマナ・ワーム/Mana Wyrm p.png common.pngあなたがスペルを唱えるたび、+1/+0を得る

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは40、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

魔法使いの弟子/Sorcerer's Apprenticeとアグロメイジ(テンポメイジ)のキーパーツ。
このカードを最初に出し、弟子で軽減したスペルでブロッカーを除去して相手の顔面を叩く。
相手がうまく除去できない場合は6/3ぐらいに成長し、そのまま相手のライフを削り切る。

コインでも反応するため、このマナワームを出し、コインを使って2枚目を出す。
この時点で2/3と1/3であり、次のターンにフロストボルト/Frostboltで相手のミニオンを除去するだけで3/3と2/3で顔面を殴れる。
もしくは2ターン目に魔法使いの弟子/Sorcerer's Apprenticeを出して1マナのスペルでミニオンを除去したり、
0マナで使用できるミラーイメージ/Mirror Imageで守りつつパンプアップと、
回り始めるとやりたい放題できる。

中盤でも1マナで出してスペルを2枚使って3/3にしたりと、テンポよく中型ミニオンを出すことができる。
そのまま成長すれば際限なく火力を上げるので決して無視できないところが強み。

少しでもメイジ戦に慣れたプレイヤーは、初手のこのカードの危険性は熟知している。
そのため真っ先に除去されるのだが、所詮は1マナミニオンである。
武器で倒されない限りはテンポ的に負けないので、初手にあるなら気にせずに出そう。

闘技場(Arena)

闘技場(Arena)でも1マナミニオンが2体ぐらいいても問題ないため、ピックしていこう。
逆に多すぎても問題になるので、やはり2枚ぐらいまでがベスト。
1-3マナの呪文が多いなら最初に出して、呪文で敵のミニオンを除去しつつ殴れるので、優先度が上がる。
4マナの時に1マナで出して、残り3マナで呪文を使うなどの動きも強い。

コンボ

フレイバーテキスト

  • 日:こいつらは魔力をエサに生きてる連中だ。危険っていうよりもせいぜい厄介者ってとこだが、マナのバケツと一緒に放置しないよう気をつけた方がいいな。

コメント

コメントはお気軽に。(名前は無しでもOK)

「若き頃の走り書きを、老いた私が秘術に変える」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。