• TOP>
  • 影なる姿/Shadowform

影なる姿/Shadowform

TOP > プリーストのカード > 影なる姿/Shadowform

《影なる姿/Shadowform》はプリーストのエピック・呪文カード。


影なる姿.png
3Mana.png影なる姿/Shadowformp.png epic.pngヒーローパワーをマインドスパイクp.png (2ダメージを与える)に変更する。
すでにヒーローパワーがマインドスパイクの場合、マインドシャッターp.png (3ダメージを与える)に変更する。

&ref(): File not found: "マインドスパイク.png" at page "img";
&ref(): File not found: "マインドシャッター.png" at page "img";

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは400で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが1600必要で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。

戦略

ヒーローパワーの2点回復を2点ダメージに変更する。2回使うと3点ダメージになる。
ヒーローパワーを書き換える効果を持った初めてのカード。

ヒーローパワーの効果が変わるので、《ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp.png や《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.png など、既成のシナジーが使えなくなる。つまり、専用のデッキを組む必要がある。

たとえ専用のデッキを組んだとしても、このカードを引いてくるまではヒーローパワーは元のまま。つまり、このカードが引けないとシナジーも使えず、弱いデッキとなる。ゆえに、引けないと弱い、引けなくても勝ちきれるデッキを組むならそもそもこのカードを入れる必要がない、など、強いジレンマを持つカードである。

メイジのヒーローパワーと比べれば、2ダメージを放てるのがいかに強いかはわかるだろう。
問題は、そのために3マナとカード1枚を使うことによる損失と、通常のプリーストに組み込まれる回復効果とのシナジーを活かしづらくなってしまうこと。
正直使えるカードかというと疑問だが、特異なデザインゆえに心くすぐられる1枚である。

闘技場(Arena)

上手く使えば強いので、使いこなす自信があるならピックしてみてもいいだろう。

コンボ

メモ

  • ヒーローパワー使用後にこのカードを使った場合でも、同一ターン中に変更後のヒーローパワーを使える。
  • 2ダメージ与えるヒーローパワーのイラストは《崩壊/Corruption》に描かれている人物の右手、3ダメージのイラストは《聖堂の探求者/Reliquary Seeker》の左手である。

パッチ修正

フレーバーテキスト

  • 英:If a bright light shines on a priest in Shadowform… do they cast a shadow?
  • 日:影なる姿のプリーストに光を当てたら…影の影ができる?

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。