• TOP>
  • 密言・死/Shadow Word Death

密言・死/Shadow Word Death

TOP > プリーストのカード > 密言・死/Shadow Word Death

《密言・死/Shadow Word:Death》(影なる言葉「死」)はプリーストのベーシック・呪文カード。


密言・死.png
3Mana.png密言・死/Shadow Word:Deathp.png -攻撃力5以上のミニオンを対象とする。それを破壊する

入手法

プリーストのレベルが8になると2枚入手できる。
ゴールデンカードはプリーストのレベルが43,44になるとそれぞれ入手できる。

戦略

密言・痛/Shadow Word Pain》と対になる除去カード。大型ミニオンを3マナで破壊することにより、テンポ差を得られ、盤面を有利にすることができる。

相方の《密言・痛/Shadow Word Painp.png よりも大きな働きをする場合が多い。なぜなら、《密言・痛/Shadow Word Painp.png の破壊対象である攻撃力3以下のミニオンは、盤面のミニオンを使って破壊することが簡単だから、わざわざ呪文を使って1:1交換する必要もないケースが多い。しかし、攻撃力5以上のミニオンはミニオンでの対処が難しく、たとえば5/5などを倒したい場合でも、1:1の交換では済まない場合が多いので、この呪文を回答とすることが最善策であるケースが多い。

敵のフィニッシャーを対象にするのが基本。それは《ドクター・ブーム/Dr. Boomp.png 、《ティリオン・フォードリング/Tirion Fordringp.png 、《戦の古代樹/Ancient of Warp.png 、《大魔術師アントニダス/Archmage Antonidasp.png 、《アレクストラーザ/Alexstraszap.png などである。

また、自分の《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunnerp.png を破壊することで、即座に相手のミニオンを奪うという使い方もコントロールプリーストではよく見られる。

アグロに対しては機能しないことが多いので、アグロの多い環境であれば1枚刺し、そうでなければ好き好きで1枚か2枚かを選ぶと良い。テンポ寄りのプリーストであれば1枚でも良いだろうし、ガチガチのコントロールであれば2枚刺しても問題ないだろう。(《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunnerp.png とのコンボで1枚使うことを考慮して)

闘技場(Arena)

コンボ

  • Abusive Sergeant、Dark Iron Dwarf:攻撃力3のミニオンも殺せるようになる。

メモ

このスペルをトリガーとしてSpellbenderが発動すると、対象は1/3と条件に当てはまらないミニオンになるが、除去は適用される。

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): Fadeを抜いて追加。

フレイバーテキスト

  • 日:外した場合、標的の額に稲妻の形の傷を残すそうだ。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。