• TOP>
  • ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head

ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head

TOP > 中立コスト5 > ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head


gvg




《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


ミミロン・ヘッド
種族テキスト
メカ自分のターンの開始時、自分が3体以上のメカを持っている場合、それらは破壊され、その後合体してV-07-TR-0Np となる。

入手法

ゴブリンvsノームカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

4回攻撃のメガ疾風を持つ《V-07-TR-0N》を召喚できる唯一のトリガー。ただし、そのための条件はとても厳しい。具体的には次の2つが障害となる。

  1. 《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》が次のターンまで破壊されてはいけない
  2. 他の2体のメカ(Mech)のどちらも次のターンまで破壊されてはいけない

この二つの条件をクリアするもっとも手軽な2体のメカ(Mech)は、マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tronp だろう。

  • まず、1ターンのうちに《V-07-TR-0N》登場の条件を満たすことができる(《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》+《マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tron》+《マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tron》で合計9マナ)。これは相手が《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》の登場を予期していない場合、対応するための時間を与えない不意打ちの効果を持つ。
  • さらに、《マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tron》は挑発(Taunt)で《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》を守ってくれる。
  • 最後に、《マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tron》には聖なる盾(Divine Shield)が付いているので、倒すためには合計2手必要だ。《マジウザ・オ・トロン/Annoy-o-Tron》自身も生き残りやすいから、《V-07-TR-0N》登場の条件をすべて満たし、次のターンには《V-07-TR-0N》が登場する!

ちなみにローグであれば、《隠蔽/Concealp を使うのが最も簡単である。

召喚に成功すれば、《V-07-TR-0N》は突撃(Charge)も持っているので、出たターンに攻撃できる(もちろん4回)。
ただ《V-07-TR-0N》に攻撃力のバフ(Buff)をかけてあげるだけでワンターンキルもできる。4以上のバフ(Buff)がかかれば32点のダメージとなり、相手は死ぬ。

《V-07-TR-0N》の弱点は体力だ。8点なので十分高いのだが、対戦相手は死にものぐるいで壊しにかかってくるだろう。総攻撃を受けて立っていられるほどタフではない。また、挑発(Taunt)に阻まれたりすると途端に困ってしまう。彼が出たターンはマナが丸々使えるので、彼を守る挑発(Taunt)ミニオンを場に出してあげたい。

  • 《V-07-TR-0N》を守ることより、ヒーローを殴って試合を終わらせる事を考えたほうが早いかもしれない。

全てのメカが破壊されてしまうことに注意。重要なメカを《V-07-TR-0N》の部品にしてしまうのはもったいない。例えば9マナ(9/7)レジェンダリーの《メカジニア・サーマプラッグ/Mekgineer Thermapluggp なんかを破壊してしまうと、逆にテンポを失いかねない。

闘技場(Arena)

コンボ

メモ

  • 【メカ一覧】 (外部サイト)
  • 《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》もメカの1体としてカウントする。(ソース
  • 《ミミロン・ヘッド/Mimiron's Head》の能力が発動されるとき、メカが3体を越えて自分の場に存在していたとしても、全てのメカが破壊される。

パッチ修正

  • ゴブリンvsノーム (December 2014):追加。

フレイバーテキスト

  • 日:その赤い大きなボタンを押すなよ?絶対に押すなよ?
  • 英:Do not push the big red button!
  • WoWの中では、ミミロンとのボス戦の部屋には巨大な赤いボタンが壁にあり、それを押すと自爆装置が作動しハードモードでの挑戦が出来た。(当然ミミロンは「お前何やってんだ!押すなって書いてあるだろ!」と突っ込みを入れてくる)
  • ちなみにミミロン・ヘッドはある条件下でヨグ=サロンを倒すと極低確率でプレイヤー用の乗り物として入手可能。皆が羨む注目の的である。
  • ミミロンは太古の昔から存在するTitanic Watchersの一柱であり、メカノームとノームの始祖でもある。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。