• TOP>
  • 躯の駆り手/Corpsetaker

躯の駆り手/Corpsetaker

TOP > 中立コスト4 > 躯の駆り手/Corpsetaker

FST

冬が、来たわよ。

《躯の駆り手/Corpsetaker》は中立のエピック・ミニオンカード。


躯の駆り手
コスト名前レアリティテキスト
4Mana躯の駆り手/Corpsetakerp epic雄叫び:挑発を持つミニオンが自分のデッキにある場合、挑発を獲得。同様に聖なる盾生命奪取疾風も獲得可能。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

みんなの評価投票

このカード、強い?
15%☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる
35%☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る
37%☆☆☆   強い。デッキに入ることもある
10%☆☆    普通。環境によってはチャンスもある
03%☆     弱い。使われない

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

  • デッキ内に挑発(Taunt)聖なる盾(Divine Shield)生命奪取(Lifesteal)疾風(Windfury)を持ったミニオンが居ればそれぞれの能力を獲得でき、全て満たせば4マナとは思えないほどの豪華なミニオンが完成する。
    • ただしそのためには、各種能力を持ったミニオンをデッキに入れねばならない。バランスを崩さず条件を満たす必要があり、デッキ構築の腕が試されるカードだと言える。
  • 守備的なデッキに採用される場合、基本的に4つの全てを付与する様に運用される。
    • 必然的にミニオン多めのデッキとなるため、コントロールと言うよりはミッドレンジ寄りの構成になるだろう。
    • 大抵はアグロの小型ミニオンを2体倒しつつ6点回復する様な形となるため、疾風(Windfury)が役立つ事はあまりないが、単体で効果が完結している《ストームウォッチャー/Stormwatcherp で付与できる事から一緒に採用される。生き残った場合に疾風(Windfury)生命奪取(Lifesteal)で一気に回復でき、また《ボーンメア/Bonemarep 等でバフが乗れば一気にゲームを決められる。
  • 総合して、守備面と攻撃面の両方の働きができる事が、このカードの最大の長所と言えるだろう。
  • 登場後しばらくはドルイド一強に近い環境が続いた事もあってほとんど使われず、《ウィッカーフレイム/Wickerflame Burnbristlep を擁するパラディン専用となっていた。
    • その後パッチ9.1の変更により環境が激変した事で研究が進み、これを採用したテンポローグやシャーマン、ウォーロックが構築された。

闘技場(Arena)

  • 能力を3つ以上持たせられた場合はマナコスト以上の高性能となるが、条件ミニオンの確保が難しい。
    • 1つ付く程度であれば中立コモン以下の性能となり、特にスタッツの低さが足を引っ張るだろう。
    • 下記の豪華レジェンドが確保できている等、複数の能力付与が確定している様な状況で無ければ、ピックは避けた方がいいだろう。

コンボ

メモ

  • フルアートワーク。死者の軍勢と共に。
    Corpsetaker_full
  • スタッツ3/3は2.5マナ相当
  • 挑発と生命奪取はそれぞれ0.5マナ(スタッツ1点)相当
  • 聖なる盾は1マナ(スタッツ2点)相当
  • 疾風は1.5~2マナ(スタッツ3~4点)相当

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:彼女の膨大な死体コレクションは、古今東西のあらゆる種類の死体をほぼ網羅している。あんたにも是非加わって欲しいそうだ。
  • 英:Her extensive collection of corpses includes one of nearly every type. She'd love for you to join it.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。