• TOP>
  • 宴のプリースト/Priest of the Feast

宴のプリースト/Priest of the Feast

TOP > プリースト > 宴のプリースト/Priest of the Feast

onk.png


《宴のプリースト/Priest of the Feast》はプリーストのコモン・ミニオンカード。


宴のプリースト.png
種族テキスト
自分が呪文を使用する度、自分のヒーローの体力を3回復する。

入手法

アドベンチャーモードのワン・ナイト・イン・カラザンの勝利品。
元のカードを開放していなければ作成することはできないし、ディスエンチャントもできない。

戦略

4マナ3/6というバニラ相当のスタッツを持ちながら、あらゆる呪文カードがヒーローの回復になる能力を持つミニオン。
これ自体が4マナとそれなりに重いため、出したターン中に大きな回復は見込めないだろう。しかし盤面に残れば、翌ターン以降の十分な活躍が期待できる。したがって体力寄りのスタッツは、能力とマッチしていると言える。

「自分が呪文を使用する度」という起動条件はガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer等と同じ。ただしヒーローの回復という効果は盤面への影響が全く無いため、ライフを狙ってこないコントロール相手にはバニラ同然に成り下がってしまう場合が多い。
一方でアグロ(特にフェイス系)デッキやフリーズメイジに対しては非常に有効である。リーサルの直前であってもこれで大量回復をすればゲームの仕切り直しができ、相手のリソース残量次第では勝ち目を奪ってしまう事にもなるだろう。

構築では、4マナのミニオンには《移ろいのシェード/Shifting Shadep.png や《オウケナイのソウルプリースト/Auchenai Soulpriestp.png といったライバルが多いが、住み分けはできている。

クラーケン年においては、復活プリーストに採用された。
アグロに対してソフトトーントとして機能し、相手が処理した返しに《復活/Resurrect》や《オニキスのビショップ/Onyx Bishop》で一気に盤面を取り戻し、あわよくばライフも回復する。

マンモス年においては、ミラクルプリースト?に採用される。
軽量スペルが多いため大量回復が期待でき、また体力寄りのスタッツも神授の霊力/Divine Spirit内なる炎/Inner Fireコンボの対象として適している。

闘技場(Arena)

呪文のピックが安定しない闘技場では、効果を発揮する頻度はだいぶ少なくなるだろう。
しかしスタッツ的には申し分ないので、仮にスペルが一枚も取れてなかったとしても、チルウィンドのイェティ/Chillwind Yetiセンジン・シールドマスタ/Sen'jin Shieldmastaと同等か僅かに劣る程度の働きが期待できる。
「能力が腐る」という先入観に囚われず、他の二枚とよく見比べよう。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: かつて宴のプリーストを束ねていた伝説の法皇は、うまい料理を食うと巨大化して口から光線を吐いたといわれている。「このチーズケーキは、うー・まー・いー・ぞぉぉぉぉっ!」
  • 英: Now that's a world champion cheesecake!
    • 訳: さあ、これが世界一のチーズケーキさ!
    • 2015年の世界王者に輝いたOstkaka選手に言及していると思われる。
      Ostkakaはスウェーデン語でチーズケーキを意味する

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。