• TOP>
  • チルウィンドのイェティ/Chillwind Yeti

チルウィンドのイェティ/Chillwind Yeti

TOP > 中立コスト4 > チルウィンドのイェティ/Chillwind Yeti

《チルウィンドのイェティ/Chillwind Yeti》は中立のベーシック・ミニオン


チルウィンドのイェティ.png

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはウォリアーのレベルが55,56になるとそれぞれ入手できる。

戦略

Hearthstoneを少し遊んだことがあるプレイヤーなら誰もが実感する、非常に強いミニオン。構築ではランプドルイドなどに採用されていたこともあった。

一見すると何の特徴もないバニラだが、4/5というスタッツはHearthstoneでは「強力」であるように設計されている。

4ターン目に出したイエティを返しのターンで倒せるミニオンはほとんど存在しない。また、カード全体を見渡しても、イエティに一方的に勝てるミニオンは少ない。

さらに、《チルウィンドのイェティ/Chillwind Yetip.png は攻撃力を4点も持っている。これは3ターン目までに出てきたミニオンのほとんどを一撃で倒せるという意味である。つまり、3ターン目までに出されたミニオンに《チルウィンドのイェティ/Chillwind Yetip.png ぶつけると、相手は死んで、こちらは生き残っていられる。そうなれば相手はとどめを刺す行動が何かしら必要になる(1:2交換)。結果、イエティは相手に2枚以上のカードを使わせられる強力なカードだと言える。

上位互換である メカ・イェティ/Mechanical Yetip.png に取って代わられていたが、 メカ・イェティ/Mechanical Yetip.png は無事スタンダート落ち。
しかし、新環境も、ただのバニラミニオンが復権する隙間を与えてはくれなかった……。
何かしらデッキの特徴に合わせた特技もちの4マナに場所を奪われ、初心者を除いてはあまり採用されない。

上述の通り、けして弱いミニオンではないのだが。

ところが2017年8月のランク戦にてこのカードを採用したマーロックパラディン が一時レジェンド1位を獲得する珍事態が起こる。また、その直後のHCT APAC Summer Playoffsにこのカードを採用したマーロックパラディン を持ち込む選手が現れる。
一般的に採用されるカードに出世したというわけではないが、ごく稀に採用されるのはスタッツの優秀さゆえだろうか。

闘技場(Arena)

闘技場(Arena)では最強カードのうちの1つ。出たら何も考えずピックしてもいいというほど強い。
場にミニオンが居る時に効果を発揮できるカードが増えたため、場持ちの良いイエティは依然として高い評価を受けている。

コンボ

メモ

  • 全体絵
    wpid-t7REQ1y.jpg

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ヤツには、山を降りてラーメン屋を開きたいっていう人生の夢があるが、ふんぎりがつかないでいるんだ。
  • 英:He always dreamed of coming down from the mountains and opening a noodle shop, but he never got the nerve.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

{{error}}
※ただいま集計中です。
  • {{page.rank}}
    {{page.name}}
    ({{page.count}} {{page.count > 1 ? 'views' : 'view'}})
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。