• TOP>
  • トログの猛獣超狂師/Trogg Beastrager

トログの猛獣超狂師/Trogg Beastrager

TOP > ハンター > トログの猛獣超狂師/Trogg Beastrager

MSG.png


《トログの猛獣超狂師/Trogg Beastrager》はハンターのレア・ミニオンカード。


トログの猛獣超狂師.png
種族テキスト
雄叫び: 自分の手札にあるランダムな獣1体に+1/+1を与える。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

注意点

  • 見た目が紛らわしいが、これ自身は獣ではない。

戦略

2/3/2と十分なスタッツを持ち、さらに手札の獣にバフをかけてくれるミニオン。
雄叫びによる+1/+1のバフは1マナ相当のため、バフした獣を場に出して活躍させる事ができればかなり強い。
パトコドー/Dispatch Kodoネズミ軍団/Rat Pack等の露骨に相性が良い組み合わせもある。

バフにより盤面への影響力が増すため「放置はできないが、処理も難しい」という断末魔ミニオン特有のいやらしさを更に強化できる。蝕まれしオオカミ/Infested Wolfなど本体スタッツが犠牲となっている場合は尚更。
一方でバフカードの全てに言える事だが、呪術/Hexや沈黙で対処された場合に断末魔とバフの両方を同時に打ち消される。手札に獣が残っているうちに使用する必要があり、また対象もランダムという性質は、意識的なケアができないため更に不利である。

現環境のハンターの主流はミッドレンジハンターで、その軽量域は野良猫/Alleycatやさしいおばあちゃん/Kindly Grandmotherといった盤面に残り易い獣を展開して放電レイザーモー/Crackling Razormaw猟犬使い/Houndmasterで強化する構成となっている。
枠数的にはこれらで埋まり切っていて、このカードの出番はほぼ無いという現状である。

闘技場(Arena)

2/3/2の時点で十分。
ピック方針を崩してまで獣を集めるほどでは無いが、きちんと起動できれば強い。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:型にはまらない調教師、人呼んでGTO(ゲンコツ・トンマ・おれ・おまえ・なぐる)。
  • 英:Still angry that the Gadgetzan Rager Club wouldn't accept him as a member.
    • 訳:彼はガジェッツァン・レイジャー・クラブのメンバーとして認められなかったので、ずっと怒りっぱなしなのさ。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。