• TOP>
  • パトコドー/Dispatch Kodo

パトコドー/Dispatch Kodo

TOP > ハンター > パトコドー/Dispatch Kodo

MSG.png


《パトコドー/Dispatch Kodo》はハンターのレア・ミニオンカード。


パトコドー.png
種族テキスト
雄叫び: このミニオンの攻撃力に等しい数のダメージを与える。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

戦略

素で使う場合、nerf前の《木立の番人/Keeper of the Grove》から沈黙させる選択肢を除いたのと同等。アージェントの騎兵/Argent Horseriderストームウィンドの騎士/Stormwind Knight辺りとも共通点が見出せる。
ダメージを飛ばしつつミニオンが出せるので、盤面の取り合いにおいて優秀である。スタッツは2.5マナ相当なので、3/2(2マナ相当)を除去しながら出せばテンポを得ていると見る事ができる。
一方で、例えば同マナの4/4/5に対しては、ダメージを与えた上でも尚一方的に倒されてしまう。

攻撃力がそのまま効果ダメージとなるので、グーンズ勢力のテーマである手札バフや、《ダイアウルフ・リーダー/Dire Wolf Alpha》や《レオック/Leokk》の場に出た瞬間に攻撃力を上げるタイプの能力と相性が良い。
またハンターには獣シナジーや、獣限定の手札バフがあるため、獣である事も評価が高い。
フェイスに直接飛ばせる点も忘れてはならない。十分育てば《ブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard》や《殺しの命令/Kill Command》等と合わせて、挑発を無視したバーストダメージを狙えるだろう。

問題は、ハンターの手札バフがランダムであること。このカードが強化されるかどうかが基本的に運であるため、安定した運用が難しい。
現スタン環境での主流はミッドレンジハンターであるが、全体的に断末魔等による場持ちの良さが重視されている事と、単体ではインパクトのある仕事ができない事から、殆ど採用されない。一方で主流からは外れるが、ダイアウルフ・リーダー/Dire Wolf Alphaが採用されたフェイスハンターに少数採用される場合がある。
前環境では非常に近い境遇だったネズミ軍団/Rat Packが大出世を遂げたのに比べて、いまいち活躍の場に恵まれない。

闘技場(Arena)

除去しながら展開する強い動きが可能。盤面に触る事が苦手なハンターの弱点を補ってくれる。
獣シナジーも使えるため、優先的にピックしたい1枚。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「ガジェッツァン第一銀行にて強盗事件発生。ホーゼンと思わしき集団が、大量の翡翠を運び出している模様。コドー77号、急行できますか?」
  • 英:"Crime reported at First Bank of Gadgetzan. Huge quantities of Jade being carried away by what looks like a bunch of Hozen. Kodo 77 can you make it over there now?"

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。