• TOP>
  • 呪われた蜘蛛/Haunted Creeper

呪われた蜘蛛/Haunted Creeper

TOP > 中立コスト2 > 呪われた蜘蛛/Haunted Creeper

naxx


《呪われた蜘蛛/Haunted Creeper》は中立のコモン・ミニオンカード。

呪われた蜘蛛
コスト名前種族レアリティテキスト
2Mana呪われた蜘蛛/Haunted Creeperp common断末魔:1/1の亡霊蜘蛛p を2体召喚する。
亡霊蜘蛛
コスト名前テキスト
1Mana《亡霊蜘蛛/Spectral Spider》(1/1)

入手法

アドベンチャーモードのナクスラーマスの呪いの勝利品。
蜘蛛区画のアヌブレカンに勝利すると2枚入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

注意点

戦略

  • 種族:獣(Beast)を持ち、断末魔(Deathrattle)によって小蜘蛛を2体召喚する小型ミニオン。主にアグロデッキで序盤の頭数稼ぎに採用される。
  • 単純に2マナ3/4の潜在的スタッツを持つ、と考えても強い。しかしこのミニオンの本当の強さは、生き残ってくれることにある。
    • 本ゲーム内では、敵のミニオンを全て倒してしまって自分のミニオンを場に残すことが基本戦法となる。ミニオンが1体もいない状態ではできることが少ないからだ。
    • 一方こちらは場に残したミニオンにバフ(Buff)をかけることもできるし、生き延びたミニオンで攻撃することもできる。しかし相手に《呪われた蜘蛛/Haunted Creeperp を出されてしまうと、一方的に有利な状況は作りにくい。完全に倒しきることが難しいため、相手に多くの選択肢を残してしまうのだ。
    • 倒しきれずに相手にターンを渡してしまった場合、こちらのミニオンが相手のスペルで除去されれば相手のミニオンだけが場に残ることになる。立場は逆転してこちらが追う側になってしまうわけだ。
      • また、残った《呪われた蜘蛛/Haunted Creeperp バフ(Buff)をかけられれば不利なトレードを強要される。このように、場に残るミニオンは相手にアドバンテージを完全に明け渡してしまわない強さがある。

闘技場(Arena)

  • 闘技場(Arena)でもなかなか良いピック。(60~63点)
    • 単体のスタッツはひどいものだが、後続を残せる点で将来的にアドバンテージを稼げる可能性がある。

コンボ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:アラクモフォビア: 荒ぶるクモに対する恐怖症
  • 英:Arachnofauxbia: Fear of fake spiders.
    • 訳Arachnofauxbia:偽物蜘蛛恐怖症
    • 蜘蛛恐怖症「Arachnophobia」と偽物という意味を持つ「faux」をかけたシャレ

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。