• TOP>
  • ウルトラサウルス/Ultrasaur

ウルトラサウルス/Ultrasaur

TOP > 中立コスト7以上 > ウルトラサウルス/Ultrasaur

UNG


《ウルトラサウルス/Ultrasaur》は中立のコモン・ミニオンカード。


ウルトラサウルス
種族テキスト

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

超巨大サイズの獣ミニオン。体力だけならティランタス/Tyrantusすら凌駕する。
フェイスや体力8以上のミニオンを殴らない前提であれば、あの竜王デスウィング/Deathwing, Dragonlordより暴れまくる。
普通に10マナミニオンとして運用するにはカードパワーに乏しく、構築では滅多に目にするようなカードではない、はずだったのだが....。

ワタリガラス年に入って10マナミニオンの総数が激減、いわゆる「ハズレ」の候補がなくなった結果、
性悪な召喚師/Spiteful Summoner》と10マナスペルを採用した「性悪な召喚師デッキ」で、頻繁にデッキ外から召喚されることとなった。
《性悪な召喚師》のマナコスト増加でインパクトは薄れたが、10マナでは弱いカードも7マナで4/4と7/14が並ぶと話は別で、
何らかの対抗手段が手札になければそのままゲームエンド直行となりかねない。

デッキに最初から採用する場合シナジーの見込めるのは、ドルイドのクエスト《ジャングルの巨獣たち/Jungle Giants》である。
もちろん0コストで出すことができれば非常に強力で、《巨大アナコンダ/Giant Anaconda》の能力で場に出すことができる。(勿論ティランタス/Tyrantusが優先される)
また招集効果やブームシップ/The Boomshipなど手札やデッキからの踏み倒し手段が増えたことも追い風。
特にこのミニオンは獣であるため、ウーンダスタ/Oondastaキャスリーナ・ウィンターウィスプ/Kathrena Winterwisp、《動物園の監視員/Menagerie Warden》などと強力なシナジーを起こせる。(勿論ドラゴン軸なら竜王デスウィング/Deathwing, Dragonlordが優先される)

何よりも、この顔である。

闘技場(Arena)

テンポが大事な闘技場で10マナミニオンを取る事自体がリスキー。
何の効果も持たないこのカードではそれに見合った成果を得る事は難しい。
他の候補がよほど悪くない限りピックするべきではない。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:その非常に長い首は、やたらと隣近所を覗き続けているうちに進化したものだ。
  • 英:Evolved the really long neck to spy on its neighbors.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。