• TOP>
  • 王のエレク/King's Elekk

王のエレク/King's Elekk

TOP > ハンターのカード > 王のエレク/King's Elekk


tgt.png




《王のエレク/King's Elekk》はハンターのコモン・ミニオンカード。


王のエレク.png
2Mana.png王のエレク/King's Elekkp.png common.png(3/2) 雄叫び(Battlecry): あなたと対戦相手はそれぞれのデッキから無作為に選ばれたミニオンを公開する。あなたの公開したミニオンのほうがコストが大きいなら、そのミニオンを手札に加える。

入手法

The Grand Tournamentカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは40で、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

フェイスハンター以外のデッキに基本入る《サバンナ・ハイメイン/Savannah Highmanep.png を引き当てれば高確率で手札に持ってくることができる。
マナコストが重いミニオンが多いデッキで採用と行きたいところだが、ハンター自体がコントロール型にあまり向いていないのが難点。

他のミニオン公開勝負を持つミニオンとは一線を画する非常に強力なミニオン。理由は簡単で、マナコスト相応のスタッツを所持するためである。
このカード以外はミニオン公開勝負に失敗すると既存のカード以下の能力になることが基本設計なのだが、このカードは2マナの3/2という基準値を満たしている。
そのため雄叫び:デッキからミニオンを一枚加える可能性がある、と考えることもでき、非常に強力。

上記の通りミニオン公開勝負で勝てるかは結局運次第なので、ダメ元で採用してもスタッツ的には損はない。引けたらラッキーと考えよう。
とはいえ、フェイスハンターのように軽いカードばかりだとさすがに勝算が薄すぎて《ブラッドフェン・ラプター/Bloodfen Raptorp.png と大差ないので、別の選択肢を考えた方がいい。
実際のところはミッドレンジ型が良いバランスになるだろう。もちろんビースト種族なのでそちらとのシナジーも万全。

大抵の場合手札に入ってくるのは重いミニオンであり、軽いミニオンほど手札に入ってくる確率が低くなる。
つまり基本的には中盤以降を有利にするためのカードであり、序盤の回転の助けにはならない。

闘技場(Arena)

レアリティがコモンなので、デッキ作成時に登場する可能性が高い。
2マナ3/2+うまくいけば1枚カードを貰える、失敗のデメリットほぼなし(カードが1枚見えるだけ、相手のも1枚見える)と、アリーナの2マナコモンミニオンの中では最優先といっても良いくらい強い。

注意点

  • 「ドローする」と記載されているが、内部処理は「手札に加える」であるため、ドローで誘発する他カードの効果は発動しない

コンボ

メモ

  • ElekkはDraetor地方のゾウのような動物。Draenei種族が乗り物としてよく使う。プレイヤーが乗ることも出来る。
  • ブラッドフェン・ラプター/Bloodfen Raptorp.png を過去にしたミニオン。構築のデッキに入れているならぜひ交換しよう。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 英:Elekk jousting is AWESOME.
  • 訳:エレクでのジョストはサイコーだぜ。
    • ジョストとは、昔ヨーロッパで広く行われた騎士の一騎打ち競技。現在はスポーツ化している。→ジャウスト
  • 日:王のエレクを見事に乗りこなす快男児、またの名を「エレクの若大将」。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。