• TOP>
  • 奇数ローグ

奇数ローグ

TOP > デッキ一覧



奇数ローグは、ローグのテンポデッキである。

※このデッキは、ワイルド専用デッキとなります。

レシピ

奇数ローグ(悪党同盟)奇数ローグノミ型(悪党同盟)奇数ローグホッパー型(悪党同盟)
2019/06~2019/06~2019/06~



デッキ概要

 《月を食らうものバク/Baku the Mooneater》でアップグレードされたヒーローパワーを中心に戦うアグロデッキ。
採用できるカードはぐっと減るものの、ヒーローパワーが優秀なので、従来のテンポローグに比べると早めにヒーロー狙いに切り替えられるのが特徴。
同じローグでよく見かけるキングスベインローグのように武器のダメージは大きく伸びず、従来の最強デッキのように爆発的に強い動きがあるわけではないので、基本的にはミニオンをしっかり通す形で丁寧にプレイしていきたい。

 採用するカードはマナコストが奇数であれば何でも良いので、いくつかバリエーションが存在する。
 《シェフ・ノミ/Chef Nomi》を採用したタイプは《マイラの不安定元素/Myra's Unstable Element》や《フェル・リーヴァー/Fel Reaver》を合わせて採用することで、不足気味だった中盤以降の決め手を用意した形。《ホッピング・ホッパー/Pogo-Hopper》を採用したタイプは合わせて《ソニア・シャドウダンサー/Sonya Shadowdancer》、《シャドーキャスター/Shadowcaster》等の再利用組や相性のよい《魔法の絨毯/Magic Carpet》、《ピットスネーク/Pit Snake》を採用し、デッキ自体にバリューを持たせた形となる。

 いずれにしても、基本的には相手の攻めにいつまでも付き合っていけるタイプのデッキではないため、ゲーム後半までにはリーサルが近い状態までには持ち込みたい。



キーカード解説

月を食らうものバク/Baku the Mooneater
 キーカードというより構築の軸。ヒーローパワーの武器の攻撃力が2点になるので、自分のミニオンを残しやすくなるのは勿論のこと、相手ヒーローの体力をどんどん詰めていくことができる。
ステータスはコストの割に低いので、基本的には採用段階で仕事が終了している。《海賊パッチーズ/Patches the Pirate》共々、基本的には引きたくないカード。

ヘンチ・クランのゴロツキ/Hench-Clan Thug
 ヒーローが攻撃する度に+1/+1されるミニオン。1度のヒーローパワーで2度攻撃できるローグとはとても相性がいい。このミニオンを通すことを優先していく。

1マナ海賊
海賊パッチーズ/Patches the Pirate》、《バッカニーア/Buccaneer》、《怪盗紳士/Swashburglar》、《南海の甲板員/Southsea Deckhand
 1ターン目に海賊を2体(1体はパッチーズ)を並べ、2ターン目にヒーローパワーを使用する。特にバッカニーアをプレイできた場合、2ターン目以降武器と合わせてクロックが6点となる。この序盤のアドバンテージを大事にしていきたい。ここから《ヘンチ・クランのゴロツキ》や《南海の船長》まで綺麗に繋がるのがこのデッキの理想的なムーブ。
 もしパッチーズを引いてしまい、他に手札に1コストミニオンがいない場合は無理にプレイする必要はない。意外と不足しがちなコンボの起点要員にもなるので、他の手札や相手のデッキタイプによっては温存してもよい。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。