• TOP>
  • モローズ/Moroes

モローズ/Moroes

TOP > 中立コスト3 > モローズ/Moroes

onk.png


《モローズ/Moroes》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


モローズ.png
種族テキスト
隠れ身, 自分のターンの終了時に1/1の家令を召喚する。

入手法

アドベンチャーモードのワン・ナイト・イン・カラザンの勝利品。
元のカードを開放していなければ作成することはできないし、ディスエンチャントもできない。

戦略

アグロパラディンの新たな刺客。
自身も生産されるトークンも《ダークシャイアの管理官/Steward of Darkshirep.png によって聖なる盾を得られる。

隠れ身を持っているので全体除去でなければ倒しづらい。
もし倒せなければ、マナを消費することなくミニオンを場に出し続けてしまうのでアドバンテージ差がどんどん開いていく。
とは言えマナ相応のミニオンとなるには召喚した次のターンの終わりまでかかるし、
《モローズ/Moroes》の隠れ身を維持しつつ召喚される家令をこちらから攻撃させるには更に時間がかかる。

小さなミニオンを利用するデッキには採用しやすい。ズートークンドルイドアグロパラディンなどがその候補だろう。
とは言え最近の環境では1点AoEが採用されているヒーローも多く、活躍させるのは少々困難といったところ。

そして実装からおよそ8ヶ月後、大魔境ウンゴロにて追加されたローグクエスト
地底の大洞窟/The Caverns Below》の登場によりにわかに注目されることとなる。
結局《モローズ/Moroes》を使うまでもない、という評価には落ち着いたが。

闘技場(Arena)

対処できなければ凄まじく鬱陶しいが対処されてしまえば凄まじいアド損を生み出す、という意味である意味博打になるレジェンド。
守る手段は用意し難い反面、AoEは少ないけれども各ヒーローとも何かしら用意するものである。
あまりレジェンドに相手の運の悪さを求めたくはない事を考えれば他を選ぶのが無難ではある。

コンボ

メモ

  • ワン・ナイト・イン・カラザンの主要キャラクター。行方知れずとなったを捜索するためにプレイヤーに協力を依頼してくる。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: モローズは家令の長として大勢の使用人を率いているが、それでも風船を膨らませるのはだいたい自分でやるハメになる。
  • 英: Moroes runs an army of stewards, but still ends up inflating the balloons himself.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

{{error}}
※ただいま集計中です。
  • {{page.rank}}
    {{page.name}}
    ({{page.count}} {{page.count > 1 ? 'views' : 'view'}})
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。