• TOP>
  • ノースシャイアの聖職者/Northshire Cleric

ノースシャイアの聖職者/Northshire Cleric

TOP > プリーストのカード > ノースシャイアの聖職者/Northshire Cleric

"どなたかお怪我は?"(Is someone injured?)

《ノースシャイアの聖職者/Northshire Cleric》はプリーストのベーシック・ミニオンカード。


ノースシャイアの聖職者
1Manaノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp -ミニオンが回復を受ける度、カードを1枚引く。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはプリーストのレベルが40,42になるとそれぞれ入手できる。

注意点

戦略

1マナ1/3と十分なスタッツを持ちながら、大量のドローが期待できるハンドアドバンテージの塊。ほとんど全てのプリーストの構築デッキに2枚投入される。

この素晴らしいポテンシャルを持つ虚弱体質のミニオンをいつ出すべきかという疑問があるが、プレイングと環境とお互いのデッキに影響されて非常に難しい。
どのタイミングでも働きうるので適切な出し方を判断しなければならないからである。

  • 基本はドローができるタイミングで出したい。つまり、3マナ以上あって、《ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp を出してすぐ味方のミニオンを回復し、カードを一枚引くということができないかぎりは出さない。
  • 一方、1ターン目からボードに置く場合がある。
    攻撃力2以下のミニオンが環境に多くそれらを出しづらい状況にしたり、このカードを初手に出さなければ盤面が追いつけないような極端なアグロデッキの対策には出す方が良い。
    他にも2ターン目に3点ダメージをやりにくいヒーローに出したり、《ヴェレンに選ばれし者/Velen's Chosen》のような強力なバフに繋げて序盤の盤面を奪い切るのも有効。
    この場合、次のターンにドローができると判断した、もしくは、疑似挑発や展開阻害の役割をさせることになる。

ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp を2枚同時に出すのも非常に有効。1度の回復で2枚のドローが行われるので、一気にハンドアドバンテージを逆転できる。

闘技場(Arena)

ヒーローパワーと強いシナジーを持つ《ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp は闘技場(Arena)でも非常に強いカード。特に闘技場(Arena)ではドローの手段が限られるので、《ノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp はマストピックと言ってもいいかもしれない。

コンボ

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): マナコストを2から1へ。

フレイバーテキスト

  • 日:彼女らは、虐げられ、困窮した者達に救いの手を差し伸べる。それと、クッキーを売る。
  • 英:They help the downtrodden and distressed. Also they sell cookies.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。