• TOP>
  • しめやかな通夜/Solemn Vigil

しめやかな通夜/Solemn Vigil

最終コメント:2017年03月26日

TOP > パラディンのカード > しめやかな通夜/Solemn Vigil


brm.png


《しめやかな通夜/Solemn Vigil》はパラディンのコモン・呪文カード。


しめやかな通夜.png
5Mana.pngしめやかな通夜/Solemn Vigilp.png common.pngカードを2枚引く。このスペルのコストは、このターンに破壊されたミニオン1体につき1少なくなる。

入手法

アドベンチャーモードのブラックロック・マウンテンの勝利品。
クラフトすることはできないし、ディスエンチャントもできない。
ゴールデンカードは元のカードを持っていれば作れる。ダスト400でクラフトでき、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

3マナ2ドローが基準と考えると、ミニオンが1回相打ちすればギリギリOKのラインとなる。
それ以上のコスパになる状況を用意できるデッキでこそ、5マナで使うかもしれないリスクを負って投入する価値がある。

パラディンは展開力に長けるヒーローのため、かなりの頻度でミニオン同士を戦わせ、コストを下げることができる。
しかし相手のターンで戦闘になった場合、次の自分のターンにはマナコストが戻っているので使えない。
盤面を奪っているなら活用できるが、盤面に自分のミニオンが残らない状況では5マナ2ドローになるだろう。

このカードの最大の問題は相手に依存する点。
相手がミニオンをほとんど展開しない場合、必然的に腐りやすい。
相手を選ぶカードは必然的にメタカードとなるため、このカードも常時デッキに2枚積むようなカードではない。
更に言えばパラディンには爆発的にカードを稼げる《神聖なる恩寵/Divine Favorp.png があったりとあまり採用されていないのが現状。

闘技場(Arena)

闘技場(Arena)では基本的にミニオン同士の戦いなので、コスト1以下に下げることも夢ではない。
パラディンは序盤の盤面を奪いやすいので、うまく相打ちでコストを下げることが狙える。

コンボ

フレイバーテキスト

  • 英:Each year, folk gather in front of Blackrock Mountain to mourn those who were mind-controlled into the lava.
  • 日:毎年、人々はブラックロック・マウンテンの前に集い、マインドコントロールされて溶岩に飛び込んだ者達に鎮魂の祈りを捧げる。
    • 嫌がらせでこういうことをするプリーストがWoWには大勢いたらしい。
      ダンジョンの入り口にはMeeting Stone(パーティメンバーを呼び寄せる石柱)がある。
      そしてBRMの入り口は溶岩の上にあるため、敵陣営のプリーストにMind Controlされて落とされる屈辱を皆一度は経験してる。
      (Horde側もAlliance側も共用のため、鉢合わせして戦闘が起こることも珍しくなかった。)

パッチ修正

  • Blackrock Mountain patch(2015-04): 追加。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。