• TOP>
  • 霧招き/The Mistcaller

霧招き/The Mistcaller

TOP > シャーマン > 霧招き/The Mistcaller


tgt




《霧招き/The Mistcaller》(ザ・ミストコーラー:霧招き)はシャーマンのレジェンド・ミニオンカード。

クヴァルディルは何者にも止められぬわぁ!

霧招き

霧に飲まれよ!

6Mana霧招き/The Mistcallerp legendary(4/4) 雄叫び(Battlecry): あなたの手札とデッキにある全てのミニオンは+1/+1を付与する。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

戦略

  • このミニオンを出した時点ではデッキ内のミニオンは+1/+1されていない。詳細は下記の注意点参照
  • 弱点は6マナにして4/4と言う大事なラインを超えられていない貧弱なスタッツ。最速で出したい所だが6マナ帯で出すとテンポを失ってしまう。またマリガン時にキープするには6マナは重過ぎる他、強化を最大限生かすにはミニオン中心の専用デッキを構築する必要がある。レジェンドなので引けるとは限らないが。
  • 現在では《ケレセス公爵/Prince Kelesethp という手ごわいライバルがいる。
    • コスト2のカードを入れないという縛りこそあるものの、こちらよりはるかに軽い2マナでバフが可能な事に加え、《若き酒造大師/Youthful Brewmaster》で使いまわすにもあちらの方が軽い。そのためドラゴン年現在、《霧招き/The Mistcaller》を採用するメリットはハンドバフのみと言えよう。いっそ両方採用したれ。

闘技場(Arena)

  • スタッツが低い時点で活躍は限られる。バフはありがたいが構築と違ってドローカードも少なく、一度劣勢に回ると挽回は困難。
    • 手札にミニオンが多めに残っているならワンチャン使えるが、取りたいピックかは微妙。

注意点

  • 場に展開しているミニオンは対象外。
  • 正確な効果は「手札にあるミニオンに+1/+1のバフを与え、今後ドローしたカードに+1/+1のバフを付与する」である。
    • そのため、デッキから直接手札に加えたり、デッキから直接場に出した場合はバフは付与されない。
    • また、雄叫び(Battlecry)を発動させた後に何らかのカードの効果でデッキにミニオンを増やした場合、ドローすればそのミニオンにも+1/+1のバフが付与されている。

コンボ

メモ

  • 正式にはThe Mistcaller Yngvar(霧招きイングヴァル)という名前でクヴァルディル/Kvaldirという種族である。原作でもかなりマイナーなキャラなので覚えている人は少ない。
    • ハースストーンの開発曰く、Yngvarの名前が読みにくかったのでハースストーンではその部分が削られたとの事。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 英:Calling the mist doesn't sound all that great. "Ooooh, it is slightly damp now!"
  • 日:霧を呼ぶ、ってだけじゃ、それほどすごくは聞こえないよな。「なんということだ、空気が湿っぽくなったぞ!」

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。