• TOP>
  • 野蛮な闘士/Savage Combatant

野蛮な闘士/Savage Combatant

TOP > ドルイドのカード > 野蛮な闘士/Savage Combatant


tgt.png



《野蛮な闘士/Savage Combatant》はドルイドのレア・ミニオンカード。


野蛮な闘士.png
4Mana.png《野蛮な闘士/Savage Combatant》p.png rare.png(5/4) 激励(Inspire):自分のヒーローに、このターンの間攻撃力+2を付与する。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは100で、ディスエンチャントで20ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが800必要で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。

補足

他のヒーローが使用しても激励発動時に攻撃+2を得られるので、普通に攻撃できる。
例としてウォリアーならアーマーを+2しつつ、攻撃+2になる。

戦略

ドルイドのTGT新ミニオン。ヒーローパワーで得られる攻撃力を合計3にしてくれる。
これまで《噛み付き/Bite》などの採用率の低さもあり、ドルイド自身がヒーローパワーで殴る対象は限られていたが、
このカードの登場によって中盤以降のミニオン処理にヒーローパワーを用いる選択肢ができた。

タフネスが低いのは普通好ましくないのだが(4/5の方が良い)、この強力な効果に加えて4マナ5/4なら十分なスタッツ。
状況次第では打点4より打点5の方がいい場合もある。

4ターン目に出しても普通に強いが、6ターン目に出してすぐにヒーローパワーを使っても強い。
お得意のマナ加速から3ターン目より前に出した場合、相手のすぐに出せるミニオンが体力3以下しかいない場合も多い&武器と違って耐久度は無いため、《野蛮な闘士/Savage Combatant》を除去しない限り相手はタフネス3以下のミニオンが容易に出せなくなる。
もちろんヒーローでミニオンを攻撃すれば自分も痛いが、《野蛮な闘士/Savage Combatant》自体の攻撃力は5もあるため、《野蛮な闘士/Savage Combatant》で相手ヒーローを攻撃すればダメージレースでは十分勝てる。

ミッドレンジドルイドの良き中堅ミニオン、アグロドルイドの押し込み要因としてよく採用される。
非常に使いやすく、ドルイドに限ってはレジェンダリーである《ジャスティサー・トゥルーハート/Justicar Trueheartp.png を食ってしまった感じがある。

獣のため、《ヤシャラージュの烙印/Mark of Y'Shaarj》等を採用したビーストドルイドでも採用される。

闘技場(Arena)

強い。
使いやすい効果と、カードとボードのアドバンテージの稼ぎやすさ。
また1枚で8点クロックが刻めるので、逆転される前に倒しきれる。

コンボ

パッチ修正

メモ

良く雄牛と勘違いされるが熊である。
Warcraftシリーズでのドルイドは様々な動物にTransform(変身)出来る。
カードに写っているクマはWoWでいうBear Formであり、タフなTank役となる。

  • 恐らくトーレン(Tauren)プレイヤーからの変身。その場合は当然牛の角がつく。

セリフ

召喚時「解きはなて、内なる獣」

フレイバーテキスト

  • 英:Maybe if you whistle a tune it will soothe him. Yeah... Try that.
  • 訳:口笛を吹けば彼をなだめられるかもしれないぞ、もしかすると。ほら……やってみろって。
  • 日:ほら、怖くない、怖くない。ほらね、怖くない。ねっ?おびえていただけなんだよね。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。