• TOP>
  • 苦痛の侍祭/Acolyte of Pain

苦痛の侍祭/Acolyte of Pain

TOP > 中立コスト3 > 苦痛の侍祭/Acolyte of Pain


我に痛みを、与え給え・・・

《苦痛の侍祭/Acolyte of Pain》は中立のコモン・ミニオンカード。

苦痛の侍祭
コスト名前レアリティテキスト
3Mana苦痛の侍祭/Acolyte of Painp common(1/3) このミニオンがダメージを受ける度、カードを1枚引く。

入手法

クラシックカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

  • コンボ・コントロールデッキでドローソースとして採用されるミニオン。
    • ウォリアーの1ダメージカードやメイジのヒーローパワーをドローに変えることができる。また、回復やヘルスを上げるバフが得意なプリーストとも相性がよく、それらヒーローのデッキではよく採用されている(アグロは除く)。
    • 一撃で死んでも1ドローできるので、ハンドアドバンテージ的には無駄にならない。
    • が、当然ながらその間に相手は展開しているわけで、ハンドがあってもボードが取り返せない場合がある。特にこれを一撃で倒せるようなミニオンが既に相手の場にいる場合は出しにくい。デコイにしたり1ドローでも出さざるを得ない場面も多々あるが。
  • 1/3と言うのは1マナミニオンのスタッツ。1ドローは概ね2マナ相当と考えられてるので1ドローでも一応コスト的には妥当ではある。
  • Pingダメの多いウォリアーとの相性が良くホイホイドローされている事を危惧されてか、フェニックス年に栄誉の殿堂入りされる事が決まった。

闘技場(Arena)

  • 簡単に1点を出せるメイジならピック。他のヒーローはスルーすることも多い。
    • 構築では相性がいいウォリアーだが、闘技場(Arena)では1点スペルが揃えにくく扱いにくい。

コンボ

メモ

  • 本名モル=ズール・ブラッドブリンガー。
  • フルアートワーク
    苦痛の侍祭

パッチ修正

  • Unknown alpha patch: 2/4から1/3へ。
  • フェニックス年patch (2020.3.26)以降:栄誉の殿堂入り

フレイバーテキスト

  • 日:もっと若い頃、彼は「喜びの侍祭」になるための修行をしていたが、その実態は彼が期待していたものとはずいぶん違ったらしい。
  • 英:He trained when he was younger to be an acolyte of joy, but things didn’t work out like he thought they would.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。