• TOP>
  • 爪のドルイド/Druid of the Claw

爪のドルイド/Druid of the Claw

TOP > ドルイドのカード > 爪のドルイド/Druid of the Claw

どこを攻めましょう?

《爪のドルイド/Druid of the Claw》はドルイドのコモン・ミニオンカード。


爪のドルイド
コスト名前レアリティテキスト
5Mana爪のドルイド/Druid of the Clawp common(5/4) 選択急襲を持つ5/4のミニオンに変身する。または、挑発を持つ5/6のミニオンに変身する。
爪のドルイド3
爪のドルイド2
爪のドルイド4

入手法

クラシックカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

  • ドルイドを象徴する高スタッツかつシンプルに使いやすいカード。ネコバージョンの攻撃モード、クマバージョンの守備モードへ切り替えが可能。グリフォン年ではコアセットに投入されたため、最初から使える5マナミニオンの中でも強力であり初心者にはありがたい一枚。
  • 基本的には挑発(Taunt)として出すことが多く、5/4の急襲(Rush)は厄介な能力持ちの敵ミニオンをすぐに破壊したいときに選ぶことになる。
    • 5マナ5/6挑発(Taunt)は単純に強力であり、一方的にトレードされ辛いトップクラスのスタッツ持ち。
    • ピンポイントで即ミニオンに5点殴れることもドルイドでは非常に便利であるため、汎用性が高いカードであることが伺える。
      • とは言え構築では高スタッツバニラより何かしらの効果持ちが優先されやすく、このカード自体はあまり採用されていない。
    • テキストには書かれていないがどちらを選んでも獣(Beast)種族となれる。今後の拡張次第では獣ドルイドの一角になれるかもしれない。
  • 以前ではスタッツが劣るものの突撃(Charge)持ちであり、稀にバーストを狙えたため汎用性は過去のほうが高いと思われる。

闘技場(Arena)

  • ものすごく強力なカード。コモンなのがありがたい。4枚ぐらいあっても困らないかもしれない。

コンボ

メモ

  • 爪のドルイド/Druid of the Claw》はwarcraft3におけるナイトエルフ陣営のユニット。強固なクマに変身して戦う。
    • また変身した姿が固定されるのも原作再現と言える(原作では固定ステータスのユニットへ変身するという能力)。

パッチ修正

  • Patch 20.0(2021-3-26):攻撃力を4→5に強化。変身後を5/4急襲と5/6挑発に変更。
  • Patch 2.0.0.7234 (2014-12-04):それぞれの変身後に種族獣(Beast)を付与。
  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): フレイバーテキストを変更。
  • Patch 1.0.0.3388 (2013-06-22): 挑発(Taunt)を選んだ時に得られる体力を3から2へ。

フレイバーテキスト

  • 日:大猫か、それともクマか?大猫か、クマか?!決められな~い!
  • 英:Cat or Bear? Cat or Bear?! I just cannot CHOOSE!

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。