• TOP>
  • 爪のドルイド/Druid of the Claw

爪のドルイド/Druid of the Claw

TOP > ドルイド > Druid of the Claw

《爪のドルイド/Druid of the Claw》(ドルイド・オブ・ザ・クロー:かぎ爪のドルイド)はドルイドのコモン・ミニオンカード。


爪のドルイド.png
5Mana.png爪のドルイド/Druid of the Clawp.png common.png以下の2つから1つを選ぶ。
突撃(Charge)を得る」
「+0/+2の修整を受け、挑発(Taunt)を得る」

入手法

クラシックカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは40で、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

非常に強力かつ、汎用性の高いカード。攻撃モードのチャージ、守備モードのトーントの切り替えが可能。

フェン・クリーパー/Fen Creeperp.png は3/6Tauntである。このカードは4/6Tauntになれる。強い。
上記カードは構築では採用されないので、ライバルは《ヘドロゲッパー/Sludge Belcherp.png だろう。
当然ながら攻撃3と4では返り討ちにできるミニオンの量に差が出るため、この差は非常に大きい。また体力も5と6、と勝っている。
ただし、ヘドロゲッパーは倒されても後続が出てくるため、実質的な耐久力はあちらが一枚上手。一撃で除去される場合にも弱い。
とはいえ、ゲッパー自体が強カードであり、そのカードと選択(Choose One)の片側だけで対抗できる能力は非常に強力と言える。

また4/4Chargeで能動的に動くこともできるのが非常に便利。
相手のトドメに使用する、真っ先に倒したいミニオンへ攻撃するなどチャージ自体が有用で、5/4/4と悪くないスタッツを持つ。
ただしチャージではスタッツが4/4になるため、明確な目的がない限りはトーントで使用される。
例え相手にミニオンがいなく、ヒーローへ攻撃ができる状態でもトーントが選択されることが多い。

なお、テキストのどこにも書かれていないが、この効果は変身(Transform)である。クマモードの体力+2はバフではないため、サイレンスでは解除されない。

闘技場(Arena)

  • ものすごい強力なカード。コモンなのがありがたい。4枚ぐらいあっても困らないかもしれない。

コンボ

  • Druid of the Fang:変身後はどちらもBeast。

メモ

  • 前述した通り変身扱いなので、サイレンスをかけても元には戻らないし、バウンスされても選び直しはできない。

パッチ修正

  • Patch 1.0.0.3890 (2013-10-02): フレイバーテキストを変更。
  • Patch 1.0.0.3388 (2013-06-22): トーントを選んだ時に得られるヘルスを3から2へ。

フレイバーテキスト

  • 日:大猫か、それともクマか?大猫か、クマか?!決められな~い!

    爪のドルイドはwarcraft3におけるナイトエルフ陣営のユニット。強固なクマに変身して戦う。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。