• TOP>
  • 拡がりゆく虫害/Spreading Plague

拡がりゆく虫害/Spreading Plague

TOP > ドルイド > 拡がりゆく虫害/Spreading Plague

FST


《拡がりゆく虫害/Spreading Plague》はドルイドのレア・呪文カード。


拡がりゆく虫害
種族テキスト
挑発を持つ1/5のスカラベを1体召喚する。相手のミニオンの方が数が多い場合再度この呪文を使用する。
Scarab_Beetle(63091)
種族テキスト
挑発

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

みんなの評価投票

戦略

攻撃力は低いがタフな挑発トークンを複数召喚する。
序盤のマナ加速の隙を埋めるカード。
早いうちから出てくる8/8くらいの大型対策にはなりにくいが、苦手だった横並びへの回答となる。

相手のミニオンのほうが多いとき、その差分トークンが召喚される。
例えば相手の場に4体、こちらが0体なら、
この呪文を使うとトークンが4体出て、このカードの前にミニオンを出すとトークンが3体になる。
ミニオンの数が影響する《精神支配技士/Mind Control Tech》などを警戒するのでなければミニオンを出す前に使うといい。
出てくるミニオンは2.5コスト相応のため3体以上出るケースでの利用が基本であり、5体以上出せるとかなりのアドバンテージが得られる。

このカードは基本的には究極の侵蝕/Ultimate Infestationの撃てる10マナまで時間稼ぎのためのカードだが、
獰猛な咆哮/Savage Roar枝分かれの道/Branching Pathsで全体強化するのも強力。
特に後者はコンボを意識せずとも自然に投入できるのでスキあらば狙ってみるとよい。

マナ加速の間に空いた盤面をすぐに埋める事が出来るためアグロに対しても隙が無く、翡翠ドルイドには必ず採用される程だった。
そのため9/19日のパッチで5マナから6マナに修整され、これにより滋養/Nourishで引いてきて即使うことはできなくなった。

闘技場(Arena)

手札1枚で不利盤面を五分にできるため非常に強力。
1/1トークンを何体も並べるパラディンが人気のヒーローであるためメタカードとしての強みがある。
精神支配技師を警戒して4体並べてこない事も多いが、3体出れば十分。
バフカードとのコンボも狙えるため使い道は多い。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

  • Update 9.1 (2017-9-19): 5マナから6マナに変更。

フレイバーテキスト

  • 日:かつて、病害を媒介するのはネズミやシラミだった。昨今では、主な媒介はエルフである。
  • 英:In the past, plagues were spread by mice or fleas. These days they're spread by elves.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。