• TOP>
  • 破壊者デスウィング/Deathwing the Destroyer

破壊者デスウィング/Deathwing the Destroyer

TOP > 中立コスト7以上 > デスウィング/Deathwing the Destroyer



《破壊者デスウィング/Deathwing the Destroyer》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


破壊者デスウィング
コスト名前種族・系統レアリティテキスト
10Mana《破壊者デスウィング/Deathwing the Destroyer》ドラゴンlegendary(12/12) 雄叫び:自身を除く全てのミニオンを破壊する。破壊したミニオン1体につき自分の手札を1枚破棄する。

入手法

各クラスのレベル合計を一定まで上げる事で入手できる。

作成・還元はできない。

戦略

コアセット収録にあたってリメイクされた初代デスウィング。

全体除去能力はそのままだが、手札破棄の枚数が破壊したミニオンの数依存になったため、以前の上位互換と呼んで差し支えない。
リソースを使い切った最終盤でしか出せなかった初代と異なり、こちらは手札次第で1~2体除去のために中盤戦でポン出しすることも視野に入る。

超長期戦を見越したコントロールでは12/12の巨大ミニオンよりも手札の質を維持することの方が重要視されがちなため、相変わらず出番は薄い。
一方で低マナ域から高マナ域まで手広く扱うミッドレンジであれば、役立ちづらくなった低コストカードを確定除去に変えつつフィニッシャーを叩きつけられると思うと、採用の可能性がかなり上がっている。
手札をマナ加速で使い切るドルイドランプなら、雑に突っ込んでしまって構わないだろう。

一応、初代デスウィングと違って「更地に12/12バニラとして出す」こともできる。何も破壊しなければ手札は失われない。

闘技場(Arena)

手札全ロストの先代ですら高評価だったのだから、取らない理由がない。

トップ勝負でゲームを破壊できるのはもちろん、10マナ域突入の時間帯に起こる「大型ミニオン1枚出して終わり」の動きを簡単にひっくり返せるのも強い。
もったいぶらずテンポ重視でプレイしする選択肢を頭に入れておこう。

コンボ

デッキ

メモ

  • フレイバーテキストで茶化されているとおり、同一キャラクターをモチーフとしたカードとしては異例の4枚目、キャラクタースキンも合わせると5回目の登場である。両さんに蒐集されているようだが、決して量産キャラではない。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「これが『初代デスウィング』」 「2代目『竜王デスウィング』」 「3代目『バトルグラウンドのデスウィング』」 「4代目『狂暴のアスペクト・デスウィング』」 「5代目『破壊者デスウィング』」 「全部同じじゃないですか!?」
  • 英:"He’s Deathwing? That one's Deathwing? You're Deathwing!? I'm DEATHWING! ARE THERE ANY OTHER DEATHWINGS I SHOULD KNOW ABOUT?"

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。