• TOP>
  • グルバシの狂戦士/Gurubashi Berserker

グルバシの狂戦士/Gurubashi Berserker

TOP > 中立コスト5 > グルバシの狂戦士/Gurubashi Berserker

《グルバシの狂戦士/Gurubashi Berserker》は中立のベーシック・ミニオン


グルバシの狂戦士.png
5Mana.pngグルバシの狂戦士/Gurubashi Berserkerp.png -このミニオンがダメージを受ける度、攻撃力+3を得る。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはウォーロックのレベルが57,58になるとそれぞれ入手できる。

戦略

エンレージではないので、効果は重複し、全回復させても効果は維持される。
回復を併用するなどして維持し続けることでどんどんムキムキになっていくが、存外役に立てないことも多い。
スタッツと効果が噛み合っており、しかも単独で仕事ができるので強そうに思えるのだが、
うまく機能する確率とあっさり除去される確率を考えると、とても構築向けのカードではない。

闘技場(Arena)

闘技場(Arena)では殴りあい中心のため活躍の機会がある。場合によっては2枚交換に持ち込めたりする。
最大の問題は相手にミニオンが残っている状態で出すと、例えば4/5あたりに攻撃され、3/2で攻撃されて倒されてしまうことである。
(4/5には2点しか与えられない)。
こちらが盤面を奪っていてこそ活躍するカードと言える。

最も相性がいいのはメイジで、自分でダメージを与えられる。
しかしヒロパを1回無駄にして自分のミニオンに1点を与えて攻撃を3上げる行為は、確かに手札消費なしを考慮すればそこそこなのだが、
盤面を押されている状態では圧倒的に弱い。
メイジは5ターン目までが強いヒーローではないので、このカードを悠長に出している暇がないことも多い。

回復が得意なプリーストでは強くなる可能性がある。
しかし、当たり前だが最初から強いミニオンを出す方が強い。
また回復で攻撃が強化されていく使いやすいミニオンの聖なる勇者/Holy Championが追加されたが、
あちらと比べるとやはり見劣りする。
(もちろん両者を比較して選べないのが闘技場)

闘技場で採用率の高い暴走コドー/Stampeding Kodoに注意。

コンボ

メモ

  • グルバシは古代トロール王国の名前。トロール族はこのような幾つかの王国を作って栄えたらしいが、無印Warcraftの時代で既に人間・ハイエルフ連合に押され衰退してしまっだ。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:痛みなくして得るものなし。
  • 英:No Pain, No Gain.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。