• TOP>
  • 炎魔コウモリ/Fiery Bat

炎魔コウモリ/Fiery Bat

最終コメント:9日前

TOP > ハンター > 炎魔コウモリ/Fiery Bat

wog.png


《炎魔コウモリ/Fiery Bat》はハンターのコモン・ミニオンカード。


炎魔コウモリ.png
種族テキスト
断末魔: ランダムな敵1体に1ダメージを与える。

入手法

旧神のささやきカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

1マナ2/1は十分なスタッツ。さらに断末魔でヒーローを含む敵の誰かに1ダメージという能力が付き、おまけに獣である。

3/2ミニオンと相討ちできる攻撃力を持っているため、1ターン目に出せば相手は3/2ミニオンを出しづらく、他の行動を取らざるをえない。ヒーローパワーで一方的トレードされてしまうが、相手の2ターン目をスキップした上に1ダメージ与えられるので、結果としては悪くない。

また、50%の確率で、2/3ミニオンとも相討ちになる可能性を秘めている。これは非常に珍しい1マナミニオンだといえる。

さらに、1マナの獣は《殺しの命令/Kill Commandp.png をダメージアップできるため、中盤以降に来ても使いみちがある。

また、断末魔を持つミニオンなので、《絶望の追跡者/Forlorn Stalker》の能力(+1/+1)の対象となる。

それらの理由から、ナーフ(Nerf)される前の《レプラノーム/Leper Gnomep.png と比べても遜色ないミニオンといえる。

闘技場(Arena)

非常に強い。1マナ2/1はハンターには必須。そして、獣であり、さらに盤面にダメージを落とす能力付き。

ハンターはヒーローパワーが盤面に干渉しない関係上、相手にボードを取られた時点でカードを使って巻き返しを図らねばならないため、ヒーローパワーが使えない(使っている場合じゃない)ヒーローに成り下がる。「ヒーローパワーを使用できないヒーロー」対「ヒーローパワーも駆使して盤面を作れるヒーロー」という構図になったら圧倒的に不利になる。すなわちハンターは、ボードを取られたら負けるヒーローだといえる。

なので、1ターン目からボードの主導権を取っていかなければいけないため、1ターン目に強いミニオンを出すことは命題といえる。そしてこのミニオンは1マナの行動として最適である。

コンボ

デッキ

メモ

ハースストーンワールドチャンピオンシップの初代王者「Firebat」をカード化したもの。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:獣の一族が有利な時は獣の仲間だと主張し、鳥の一族が有利な時は鳥の仲間だと主張し、炎の精霊族が有利な時は炎の精霊の仲間だと主張する、ものすごい卑怯者。
  • 英:He'll always be our first.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。