• TOP>
  • 恐竜術/Dinomancy

恐竜術/Dinomancy

TOP > ハンターのカード > 恐竜術/Dinomancy

UNG.jpg


《恐竜術/Dinomancy》はハンターのエピック・呪文カード。


恐竜術.png
種族テキスト
自分のヒーローパワーが「獣1体に+2/+2を付与する」になる。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

戦略

ヒーローパワーを置き換えるカード。一度使えば効果は永続する。
ハンターはデフォルトのヒーローパワーでは盤面に干渉ができないが、この呪文を使った後は盤面に干渉できるようになる。
一般的にヒーローパワーは手札消費がない代わりに0マナ相当のパワーしかないが、このカードを使った後は条件付きだが2マナ相当になるのは強力。
「+2/+2」のバフは小粒ミニオンの火力の強化だけでなく、大型ミニオンの回復のように使うこともできるためボードの奪い合いがとても強くなる。
加えて、単体性能低めのミニオンや、低コストミニオンも強化できるため、後半それらを引いて息切れするのを防げるのも強い。
しかし、最初のバフをかけるまでに4マナ必要であり、即効性もないためアグロには対しては無力である。また、AoEが乏しく盤面の奪取が難しいハンターにとって、序盤のテンポロスは致命的。
永続リソース強化のこのカードは長期戦になるほど強いが、他のラスカードは中・短期戦向けのカードが多く、絶妙に噛み合わない場面も多い。
盤面を無視して確実にフェイスを詰められる元のヒーローパワーが有用な場面もある。
後半のカードの質を上げて息切れしにくくなるが、コントロールすることが苦手なハンターにとって使うタイミングがなかなか難しいカードである。

闘技場(Arena)

小型ミニオンすら無視出来なくなり、盤面を取りやすくなるためデッキが上手く組めているなら強力無比。
ただし、獣が居ないとヒーローパワーを使う事すらできなくなるため、ピックの時点でデッキ構成を意識する必要がある。
獣が途切れた場合、特にデッキトップ勝負になった頃にヒーローパワーが腐るというのは少々厳しい。
決して弱いカードではないのだが海外のカードランクサイトでは「あまりピックすべきではない」という評価が主流のようだ。

コンボ

デッキ

メモ

  • 2枚使用しても《影なる姿/Shadowform》の様に強化されたりはしないが、
    ヒーローパワー使用後にこのカードを使用すると再び使用可能になるため、計6マナで+4/+4出来る

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:恐竜術は知ってるでしょ?唇を合わせてガオオオオーーーッって言うだけよ。
  • 英:Anyone can dinomance. Just put your lips together and RAAWWWAARGGGH.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします
※勝手にツイートすることはありません。