• TOP>
  • 古代の盾持ち/Ancient Shieldbearer

古代の盾持ち/Ancient Shieldbearer

TOP > ウォリアーのカード > 古代の盾持ち/Ancient Shieldbearer

wog.png


《古代の盾持ち/Ancient Shieldbearer》はウォリアーのコモン・ミニオンカード。


古代の盾持ち.png
種族テキスト
雄叫び: 自分のクトゥーンの攻撃力が10以上なら、装甲10を得る。

入手法

旧神のささやきカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

戦略

クトゥーンデッキにのみ許された強力ミニオン。本体のスタッツは6マナ相当なので、実質1マナでアーマー+10してくれている。効果を発動出来れば非常に強力。このカードを扱える事が、コントロールウォリアーにおいてクトゥーンを採用する大きな理由となる。

かつてのコントロールウォリアーの必須ミニオン《シールドメイデン/Shieldmaiden》が6マナ5/5、アーマー+5である。スタッツとコストを1マナ分大きくした代わりにアーマーの増加量が2倍と考えればどれだけ強力なのかわかるだろう。

もっとも効果の発動の為に信者達をデッキに組み込まなくてはならない。本来コントロールウォリアーに採用されない信者ミニオンを採用する為に、全体的にややテンポ寄りの構築となる。

シールドスラム/Shield Slam》との相性は抜群。10マナ時はこれ+ヒロパ+シールドスラムでヘルス12のミニオンすら葬り去る。それでなくとも瞬時に10点が出せるのは非常に心強い。

また7マナなので《ブラン・ブロンズビアード/Brann Bronzebeard》 とのコンボも10マナ時なら容易。アーマー+20とその恩恵は絶大である。

ただし同じマナ帯に同じくクトゥーン専用超強力ミニオンである《双皇帝ヴェク=ロア/Twin Emperor Vek'lor》が居る。あちらは12点防げるが沈黙やミニオン限定除去ダメージスペル等にやや弱い(ただし反撃ダメージで敵の掃討をしてくれる)
対してこちらは何があろうと必ず10点防いでくれる。どちらを先に出すかで明暗が分かれることもあるので良く考えたい。

闘技場(Arena)

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:その昔、彼女が運ぶ盾は重さが2トンもあり、それを片手に4枚ずつ運ばなきゃならなかったそうだ!
  • 英:Back in her day, each shield weighed two tons and she had to carry four of them on each arm!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。