• TOP>
  • フループのスーパー肥料/Floop's Glorious Gloop

フループのスーパー肥料/Floop's Glorious Gloop

TOP > ドルイド > フループのスーパー肥料/Floop's Glorious Gloop

bdp


《フループのスーパー肥料/Floop's Glorious Gloop》はドルイドのレジェンド・呪文カード。


フループのスーパー肥料
種族テキスト
このターンにミニオンが死亡する度このターンの間のみマナクリスタルを1つ獲得する。

入手法

博士のメカメカ大作戦カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

このターンの間、ミニオンが死亡するたびマナクリスタルを一つ獲得する。
変則的なマナ加速カード。トークンドルイドでは大量展開からのマナ加速コンボが狙える。

トークンドルイドはこのカードを使わずとも展開に十分なマナを確保でき、マナが欲しいランプドルイドではマナ加速の機会が少ないというジレンマを抱えており、スタンダードではほとんど活躍できなかった。積極的に敵を倒すAoEに乏しく、猛威を振るっていた《拡がりゆく虫害/Spreading Plague》は相手が使うとトークンデッキの天敵となり、自分が使うと挑発トークンを死なせにくいためいずれにせよこのカードと相性が悪いという、当時のドルイドデッキの構造もこのカードへの逆風となっていた。

他方ワイルドでは《毒の種/Poison Seeds》と組み合わせて爆発的加速が行える点で注目を集めた。とはいえこちらでもランプ・コンボドルイドは自分から展開を進めることが少なく、相手が並べてこなければ毒の種での加速は難しい点から、採用されて活躍することはあったが必携というレベルではなかった。しかしナスリア城殺人事件にて《デナスリアス陛下/Sire Denathrius》軸のランプドルイドが成立して以降は、《オニクシアの鱗/Scale of Onyxia》や《ヒレのフレンズ/Flipper Friends》との併用で大量にマナを捻出するキーカードとして重要な位置を占めるようになった。

闘技場(Arena)

構築と違い、マナを大量に得ることが難しい。評価は高くない。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:誰かがこれの名前を口にする度、正義の味方が現れたと思って警備ロボたちが大騒ぎするため、普段は「フループのねばねば」とか「べとべと」とだけ呼ばれている。
  • 英:How much gloop could Floop's Gloop gloop if Floop's Gloop could gloop gloop?
    • 訳:もしフループのねばねばがねばねばをねばねばできるならば、どれほどのねばねばをねばねばできるだろう?
    • 英語の早言葉「How much wood would a woodchuck chuck if a woodchuck could chuck wood? (ウッドチャックが木を投げられるならば、何本投げるだろう)」が元ネタ。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。