• TOP>
  • グリムスケイルの託宣師/Grimscale Oracle

グリムスケイルの託宣師/Grimscale Oracle

TOP > 中立コスト1 > グリムスケイルの託宣師/Grimscale Oracle

《グリムスケイルの託宣師/Grimscale Oracle》は中立のベーシック・ミニオンカード。


グリムスケイルの信託師.png
1Mana.pngグリムスケイルの託宣師/Grimscale Oraclep.png -自身を除く全てのマーロックに攻撃力+1を付与する。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはウォーロックのレベルが53,54になるとそれぞれ入手できる。

戦略

  • マーロックを全体強化し、自身もマーロック種族バフを受けられる種族デッキ要員という大変わかりやすいカード。
    マーロック特化デッキは基本的にマーロックバフを横に並べて相互に強化してボードを制圧する戦い方になるので、低マナで全体強化のこれはマーロックのテーマとは合致している。
    仁義なきガジェッツァン現在マーロックデッキは鯛罪パラディンがあるが《七つの鯛罪/Anyfin Can Happen》でこのミニオンが出てくるのがつらい。ただ、もしファンデッキとして組むなら是非。
  • 一時的に攻撃力を伸ばす時と居座る時で使い方が少し変わる、後者の場合体力が上がるようなタイミングで出したいところ。

闘技場(Arena)

種族デッキなんぞ狙って組みようがない闘技場(Arena)ではただの1マナかかる《ウィスプ/Wisp》になる、これを取ったほうがいい三択が存在しない。
メカドラゴンのように単体性能が優れていればたまたま種族デッキに近い構成になることはあるが、マーロックは単体性能が基本的に酷いのでかみ合うピックになる期待もできないだろう。

コンボ

メモ

パッチ修正

自由帳

  • GrimscaleはEversong Woodsの海岸に生息するマーロックの部族。 Mmmrrrggglllに率いられている。

フレイバーテキスト

  • 日:こいつらがマーロックの頭脳担当だ。まあ、いなくても何も変わらないんだが。
  • 英:These are the brainy murlocs. It turns out that doesn’t mean much.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。