• TOP>
  • ウンゴロ探検/Explore Un'Goro

ウンゴロ探検/Explore Un'Goro

TOP > ウォリアーのカード > ウンゴロ探検/Explore Un'Goro

UNG.jpg


《ウンゴロ探検/Explore Un'Goro》はウォリアーのエピック・呪文カード。


ウンゴロ探検.png
Choose Your Path.png
種族テキスト
自分のデッキのカード全てを「カードを一枚発見する」カードのコピーに置き換える。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

戦略

闇との訣別/Renounce Darkness》以来のデッキ変化系カード。
今回はデッキ全てのカードを「カード1枚を発見する」効果を持つ1マナスペルに置き換える。
コントロールウォリアーにおいて《エリーズ・スターシーカー/Elise Starseeker》の後継的な役割を担うのではないかと言われていたが…。
 
発見ゆえにある程度欲しいものが選べるのは確かにメリットなのだが、1マナスペルというのが曲者。
使わないとほかのカードにならない、要はターン毎に使えるマナが1つ減るのと同じようなものである。
早く使いすぎるとボード展開で相手に先手を許すし、終盤でも10マナミニオンを発見したターンに即使えないのが辛い。
また手札の内容は変わらないため即効性がなく、テンポとハンドの両方でアド損となる。
発見そのものも結局3択なので、選択肢に欲しいカードが出てこないという可能性も大いにある。
通常の発見カードと違いマナ域やカードタイプ等によって予めカードプールが絞られていないため、状況に合わせたカードを引いてこれる可能性が非常に低く
単なる1マナスペルであることも合わせてむしろ発見のメリットを殺してしまっている。
ウォリアーで複数枚ドローができるカードは《狂瀾怒濤/Battle Rage》くらいしかなく、何枚もめくって有効打を引くという使い方も難しい。

そもそも《エリーズ・スターシーカー/Elise Starseeker》は、コントロールミラーでは手札で腐りがちなドロースペルやアグロ対策カードをミニオンに置き換えてバリュー勝負を制するためのカードである。序盤にこのカードを使用してしまったのでは、デッキ内の優秀なカードすらも使えなくなってしまい、逆にバリュー勝負で負けてしまう。つまり、手札のカードが置き換わらないこのカードでは《エリーズ・スターシーカー/Elise Starseeker》の後継にはなれないのである。
 
挙句の果てに凍てつく玉座の騎士団で《待ち伏せのガイスト/Skulking Geist》が登場。《翡翠の偶像/Jade Idol》のメタカードとしてデザインされたのだが、期せずしてこのカードの最悪のメタとして機能してしまっている。

上述の理由からネタカードの域を出ていないのが現状である。
ランク戦で酒場の喧嘩を楽しみたい酔狂なプレイヤー向きのカードだろう。

闘技場(Arena)

デッキ作成時にあんなに3択したのにまだ足りない3択ジャンキーのあなたに。
そうでないならテンポロスがかなり酷い事になるのでオススメ出来ない。

コンボ

  • ガジェッツァンの競売人:デッキが全て1マナ呪文となるため大量ドローが可能になる。

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:大魔境ウンゴロ奥地に「カードの生る木」は実在した!
  • 英:It turns out cards DO grow on trees!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。