• TOP>
  • 闇との訣別/Renounce Darkness

闇との訣別/Renounce Darkness

TOP > ウォーロック > 闇との訣別/Renounce Darkness

wog.png


《闇との訣別/Renounce Darkness》はウォーロックのエピック・呪文カード。


闇との訣別.png
種族テキスト
自分のヒーローパワーとウォーロック専用カードが他のクラスに入替わる。入替わったカードのコストは(1)減る。

入手法

旧神のささやきカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

戦略

エリーズ・スターシーカー/Elise Starseekerp.png の《黄金のサル/Golden Monkey》のように手札とデッキ内のカードを他のクラスのカードにランダムに置き替えるカード。
ただし置き替えるのはウォーロック専用カードのみ、さらにヒーローパワーもカードと合ったクラスの物に置き替えられてしまう。
また、あくまでもチェンジされるのは手札とデッキ内のカードだけであり、クラスが変わるわけではないのでクラスを指定するカードや発見(Discover)等ではウォーロック専用カードが手に入る事となる。

ウォーロック専用ミニオンが変更されたクラスのミニオン、ウォーロック専用呪文カードが変更されたクラスの呪文カードに置き替えるという訳ではないため、元々入っていたウォーロック専用カードの量と置き替えられたクラスによってデッキ内のミニオンと呪文カードの比率も大きく変更される。
そのため、どれだけウォーロック専用カードを入れて置くのかをデッキ構築段階から気をつける必要がある。
例として、フィニッシャー不在のガチガチのアグロデッキを組み、これ以上小さなミニオンを引きたくないというタイミングで使えばフィニッシャーを獲得できる(場合もある)。

全てのカードをウォーロック専用カードで構築した場合はデッキ内のカードが全て変わった上にコストが(1)減る事となる。
メイジ、プリースト、ローグ等呪文カードの比率が高いクラスが抽選された場合、極端にミニオンの少ないデッキになる危険性がある。
またこのカードを初手に引き込めない場合、《鬼軍曹/Abusive Sergeantp.png や《ナイフ・ジャグラー/Knife Jugglerp.png の無いZooもどきでこのカードを引くまで戦わなければならない。
そのためファンデッキ以上になっていないのが現状のようだ。

闘技場(Arena)

中立カードの比率がどうしても高くなる闘技場にはあまりにも向いてない。
博打がしたいなら《エリーズ・スターシーカー/Elise Starseekerp.png の方がよっぽどマシである。

コンボ

デッキ

  • ファンデッキの域こそ出ないが、《バーンズ/Barnesp.png と《放たれし激昂ヤシャラージュ/Y'Shaarj, Rage Unboundp.png にこのカードと除去や召喚スペルのみで構成されたデッキが考案されている。バーンズ→ヤシャラージュのコピー→ヤシャラージュ本体と呼び出した後にこのカードを使うと、デッキ内で変換されたミニオンがさらに飛び出してくる、と言った戦法。
    無論《闇との訣別/Renounce Darkness》が来ない、ヤシャラージュが来る、など事故れば台無しの博打デッキである。

メモ

  • ゴールデンのこのカードを使用して作成されたカードは全てゴールデンとなる。
  • 読み方は「やみとのけつべつ」。
  • ローグやプリースト等別のクラスで使用するとヒーローパワーと「ウォーロック専用カード」が別のヒーローのものに変わる。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:闇よさらば!
  • 英:SEE YA DARKNESS!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。