• TOP>
  • アザリナ・ソウルシーフ/Azalina Soulthief

アザリナ・ソウルシーフ/Azalina Soulthief

TOP > 中立コスト7以上 > アザリナ・ソウルシーフ/Azalina Soulthief 

wcw


《アザリナ・ソウルシーフ/Azalina Soulthief》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


アザリナ・ソウルシーフ
種族テキスト
雄叫び:自分の手札全てを相手の手札全てのコピーに置き換える。

入手法

妖の森ウィッチウッドカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの評価投票

このカード、強い?

005%☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる
005%☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る
016%☆☆☆   強い。デッキに入ることもある
025%☆☆    普通。環境によってはチャンスもある
049%☆     弱い。使われない

371票

戦略

自分の手札をすべて相手の手札のコピーに置き換えるという独特な効果をもつレジェンダリーミニオン。
自分の手札が何であろうと何枚であろうと関係なく相手の手札と完全に同じにする。
7/3/3というコストに見合わない貧弱なスタッツのため7マナ時に出すわけにもいかず、一般的なコンボに組み込もうにも後続のカードが消滅してしまい非常に使いづらい。
スタンダードでは専用コンボを搭載したファンデッキを除き、現状(2018.4)ではなりふり構わずドローしたいアグロデッキやクエスト達成後に不要なカードが生まれるクエストデッキに稀に採用される程度である。

しかし、スタンダードではファンデッキに過ぎない《キング・トグワグル/King Togwaggle》とのコンボを狙うデッキが《アヴィアナ/Aviana》を有するワイルドでは一転して現実的なコンボとなり、ファンデッキと侮りがたい強さを誇っていた。《アヴィアナ/Aviana》のナーフにより消滅。

2018.8.3アップデート12.0においてカードをコピーする際の挙動が変更されたことにより、手札上で受けているバフ等を保持したままコピーできるようになった。
これによってハンドバフや特定のカードを使い回すタイプのデッキに対するメタカードとして機能するようになった。

闘技場(Arena)

自分がアグロ寄りのピックになっているのであれば一考の余地あり。
手札を保持したまま戦うウォーロックやプリーストに対して強烈なカウンターになる。
ピック状況と対戦相手に強く影響されるためハイリスクハイリターン。他の候補と比べてよく考えよう。

コンボ

デッキ

メモ

  • 対ドルイド戦などで相手の手札に0マナのアザリナがいるときにコピーした場合、お互いの手札に使っても消えない0マナのアザリナが存在し続けることになる。
  • 怪物狩りのボスとしても登場。1/1のウィスプを三体も召喚するという強化パラディンをも超えるヒーローパワーを連発するうえ、そのウィスプの数だけランダムにこちらのミニオンを奪う《魂の同化》まで使ってくる(しかも4マナ)。このインチキカードの存在を常に頭に入れてプレイしなければ撃破は困難。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日: 隣の手札はゴールデン。
  • 英: The cards are always golden on the other side.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。