• TOP>
  • 白眼/White Eyes

白眼/White Eyes

TOP > シャーマン > 白眼/White Eyes

MSG

この命、お前の盾に!

《白眼/White Eyes》はシャーマンのレジェンド・ミニオンカード。


白眼

守る!

コスト名前レアリティテキスト
5Mana白眼/White Eyesp legendary挑発断末魔: 自分のデッキに「嵐の守護神」を混ぜる。

猛る嵐の前に頭を垂れよ!

嵐の守護神

稲妻で討つ!

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

  • ややトリッキーだが強力な効果を内蔵しているミニオン。
    • 本人が5/5/5と及第点のスタッツを持つ上に、断末魔(Deathrattle)によってデッキに投入される嵐の守護者はマナレシオを完全に無視した驚異の5/10/10。
    • どちらにも挑発(Taunt)がついており、特に後者を戦闘のみでまともに突破するのは至難の技だろう。
    • スタラグ/Stalaggp &《フューゲン/Feugenp を彷彿させる能力だが、こちらは挑発(Taunt)のおかげでコントロールデッキで扱いやすいのがポイント。
  • 最大の問題は、やはり《嵐の守護者》を召喚するまでに大きな手間がかかることか。
    • 他のカードと組み合わせるなどして早めにデッキに埋められればいいが、普通にこのカードを召喚し、デッキに埋めて手札に呼び込むまでにはそれなりの時間を要する。
    • また、そもそも5マナ使って5/5を出す動きが構築としてはあまり強い動きではない、10/10は強力だが結局は単体ミニオン、敵陣に並んでいる大型ミニオンや変身系呪文により案外あっさり退場することも多い、などの事を踏まえると、見た目ほど単純に強いわけではない。
    • しかし、勿論10/10への完璧な回答はない場合の方が多いし、回答がなければ相手の動きは完全に止まるため、癖こそあるものの強力。

闘技場(Arena)

  • 闘技場において5/5/5、挑発(Taunt)は普通に強い。
    • 5/10/10など出せばゲームは終わる。

メモ

  • 日本語版の読みは「ハクガン」。(ハースストーン 公式Twitterより)
  • 元ネタの存在しないハースストーンオリジナルキャラクター。
  • アヤを守るボディーガードで、「動かざること山のごとし、疾きこと稲妻のごとし、凄まじきこと嵐のごとし」と称される市内最強のヒットマンとして恐れられている。
    • 肩の鎧は鐘を、腕の小手は酒樽を加工したもので、アヤと比べても2倍近い巨体を誇る。さらにシャーマンの精霊術も心得ており、あらゆる点で規格外の強さのため、彼こそが「翡翠蓮」の首領として信じられている。
    • コンセプトアート。
      Mean_Streets_of_Gadgetzan_concept_art3

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:アヤを守ることに人生を捧げている彼には「アヤや親にお謝りなさい」という早口言葉を10回続けて言うくらい造作もないことだ。「この命、アヤ様のために!」
  • 英:My life for Aya!
    • 訳:この命、アヤ様のために!

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。