• TOP>
  • フューゲン/Feugen

フューゲン/Feugen

TOP > 中立コスト5 > フューゲン/Feugen


naxx


《フューゲン/Feugen》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


フューゲン
コスト名前レアリティテキスト
5Manaフューゲン/Feugenp legendary断末魔(Deathrattle):この対戦中に《スタラグ/Stalaggp も死亡した場合、サディアス(Thaddius)p (11/11)を召喚する。
サディアス

入手法

アドベンチャーモードのカース・オブ・ナクスラマスの勝利品。
Constructクォーターの全ての敵に勝利すると入手できる。
クラフトすることはできないし、ディスエンチャントもできない。
ゴールデンカードは元のカードを持っていれば作れる。ダスト3200でクラフトでき、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

注意点

  • 先に死ぬ方に沈黙(Silence)をかけても意味が無い。断末魔(Deathrattle)の発動が必要なのは、Thaddiusを召喚する時だけ。
  • フューゲン/スタラグとして死ななければカウントされない。《呪術/Hexp などで変身(Transform)させられると相方もバニラに成り下がる。
  • 相手のスタラグが死んでもカウントされる。よって互いに採用している場合は(すでに両方握ってるのでなければ)先出し不利なことが多い。
    • 先にフューゲン/スタラグのどちらかが死んでおり、残りのもう一匹のコントロールが奪われたとき、敵に回ったフューゲン/スタラグを倒すと相手の盤面に《サディアス/Thaddius》が産まれる。大損であるので要注意。
  • フューゲンとスタラグが同時に死ぬと、2体の《サディアス/Thaddius》を召喚する。(どちらかが先に死んでいなくても両方サディアスを召喚する。)
    • 相打ちとかならともかく、相手のをまとめてAoEで破壊なんてした日には爆発だ。

戦略

  • 2体分の断末魔(Deathrattle)を発動させるという面倒な条件を伴うが、出てくるのは驚愕の11/11。処理されなければ一瞬で相手をねじ伏せるに足るパワーである。
    • 断末魔(Deathrattle)特有の弱点に加えて「ゲーム中に両方引けなければバニラ」というわかりやすい欠点もある。
  • 当然ながら採用する場合は双方をデッキに入れなければならないので、サーチカードなどを多めに投入して早い段階で双方を手早く揃えたい。
    • ドルイドなど大型ミニオンに対する明確な除去手段が少ないクラスの場合、除去に手間取る可能性があるのでチャンス。
  • 何気に5/4/7というスタッツはかなり優秀であり、コンボを狙う傍らで普通に戦力として数えられるのは大きなポイント。ただしスタラグの方は微妙である。
  • また断末魔(Deathrattle)とおいう事で《頽廃させしものン=ゾス/N'Zoth, the Corruptorp で相方共々蘇生することが出来る。その場合双方がサディアスを召喚するため圧倒的な盤面を敷くことが可能。

闘技場(Arena)

  • そもそもレジェンドミニオンを2枚ピックできるということ自体がほとんど無いので相方をピックできる確率は相当低い。
    • 従って基本的には5/4/7バニラとしてピックすることになる、ただ上記の通りスタッツは優秀なので、他2枚が微妙だったらバニラ覚悟で取るのもアリ。

コンボ

フレイバーテキスト

  • 日:フューゲンはスタラグの方が人気があるのを密かに妬んでおり、インターネット掲示板で中傷することで憂さを晴らしている。
  • 英:Feugen is sad because everyone likes Stalagg better.
    • 訳:みんなスタラグの方を気に入ってるから、フューゲンは悲しんでいるんだ。

パッチ修正

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。