• TOP>
  • 最初に作成するカード

最初に作成するカード

TOP > 最初に作成するカード

このページは、ゲームを始めたばかりのプレイヤーにおすすめのカードを紹介するページです。


はじめに

どんなデッキにも入る「最強カード」は存在しない

どんなデッキにも必ず採用される、というような「最強カード」はハースストーンにはありません。

このページに挙げられているカードは、汎用性が高く、様々なデッキに入るカードです。
だからといって100%デッキに採用されるわけではありません。
「長い目で見れば作っておいて損はない」といったニュアンスで見るのがいいでしょう。

初心者の方は、作ってみたい初心者用デッキに合わせたカードを作成してみるのもいいと思います。

古いカードは2年ごとに使えなくなる

現状メインとなっている「スタンダード」ルールでは、毎年使えるカードが変わっていきます。

基本的に毎年4月の新カード発売とともに古いカードが使えなくなっていきますので、ハースストーンを始めた時期によってはせっかく作ったカードが一ヶ月しか使えなかった、ということにもなりかねません。

上記のリンク先でスタンダードルールを確認し、どのパック(=セット、拡張)のカードが次の4月で使えなくなるのか、しっかり確認をしておきましょう。

リストの見方


  • 評価の基準

    ランク意味
    S真っ先に手に入れることをおすすめするカード
    Aお勧めカード。デッキにもよるが迷ったらこれ
    B必須ではないが使い勝手の良いカード
    C使用しているデッキに合いそうなら作成をおすすめするカード

ただし、レアリティの高さや、他のカードと組み合わせて使うことが前提だったりといった理由で、実際には物凄く強くても、このページではランクを下げてるカードがあります。
逆にそれらのハンデを無視してSランクに輝くカードもあります。

  • カードの並び方
    • 中立、ヒーロー別とクラス毎に一覧が作られ、更にパック別に分かれています。
    • 一つのパックの中で評価が同じランクの場合は、その中でも上から下にオススメ順となります。

パックから排出されるコモンとレアについて

2020年3月27日のパッチにより、既に2枚所有しているカードはパックから出なくなるパック開封の改善が行われました。

  • 拡張毎のコモンの種類はおよそ50種類前後であり、コモンのみなら30パック前後開封すればほぼ確実にその拡張パックのすべてのコモンをコンプリート可能になりました。
    • レアカードのコンプリートは70パック前後必要となります。
  • 購入する予定の無い拡張パックのコモンは作成し、ある程度購入する予定の拡張パックのコモンの作成は様子見すると魔素の節約に繋がるかもしれません。
  • クラシックパックはコモンが100種類ほど存在するので、クラシックパックを大量に購入する予定が無く、特定のクラシックコモンが欲しい場合は作成するのをオススメします。

中立

  • 全ヒーローで使えるカード群なので、使い回せるのがメリット。
  • 標準的な性能で、素直な運用のできるミニオンが多い。

クラシック

Bアージェントの従騎士/Argent Squire(コモン)
能力:(1/1/1), 聖なる盾
解説:1マナながら、聖なる盾のおかげでこいつを処理するのに2手必要となり、場に残りやすい優秀なミニオン。バフカードとの相性も良い。
採用デッキ:アグロデッキ。シャーマン、パラディン、ローグ、ウォーロック等。

Bナイフ・ジャグラー(レア)
能力:(2/2/2)あなたがミニオンを召喚したとき、無作為に選ばれた対戦相手のヒーローまたはミニオンに1点のダメージを与える。
解説:ミニオンを召喚するたびにスプリットダメージを生むカード。ミニオンを出しながらボードクリアできるという動きが単純に強い。
猟犬を放て!/Unleash the Hounds》など複数のミニオンを生み出すカードとシナジーがある。弱体化されたがそれでもまだ現役。
採用デッキ:パラディン、シャーマンを始めとした多くのミニオンを召喚できるデッキ

爆誕!悪党同盟

B悪党同盟の電線ネズミ/EVIL Cable Rat(コモン)
能力:(2/1/1), 雄叫び(Battlecry):悪の手先1体を自分の手札に追加する。
解説:本体は貧弱だが悪の手先が優秀で使い勝手が良い。専用デッキを組まずとも適当に入れるだけでも活躍できる。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

Cヘンチ・クランの騎豚/Hench-Clan Hogsteed(コモン)
能力:(2/2/1), 急襲断末魔(Deathrattle):1/1のマーロックを1体召喚する。
解説:トレードしつつ小型を残す。場持ちの良さからトレードせずとも素出ししてもそこそこ使えるのが強み。豊富な種族シナジーを活かす事も出来る。
採用デッキ:アグロ、獣orマーロックデッキ

突撃!探検同盟

Bカルトゥートの守護者/Khartut Defender(レア)
能力:(6/3/4), 挑発蘇り断末魔:自分のヒーローの体力を3回復する
解説:すべての能力が噛み合っており、重めのデッキならとりあえずで投入しても活躍できる。シナジーも豊富に持つ。
採用デッキ:コントロール

Cミーラック/Murmy(コモン)
能力:(1/1/1), 蘇り
解説:メカンガルー/Mecharooとほとんど同じカード。しかし使い勝手に優れる超電磁シナジーを持つメカンガルーと比べるとマーロックシナジーは汎用性で劣る。
採用デッキ:アグロ、Zoo、マーロックデッキ

Cボーン・レイス/Bone Wraith(コモン)
能力:(4/2/5), 挑発蘇り
解説:お手軽に硬い。センジン・シールドマスタ/Sen'jin Shieldmastaからのランクアップを目指したい場合に。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

C笑顔の相棒/Beaming Sidekick(コモン)
能力:(1/1/2), 雄叫び:味方のミニオン1体に体力+2を付与する。
解説:雄叫びがいくつかのデッキとシナジーを持つ。コンボ要素がやや強めであり、他カードと比べると作成優先度はかなり低い。
採用デッキ:テンポデッキ、Zoo

激闘!ドラゴン大決戦

B爆熱バトルメイジ/Blazing Battlemage(コモン)
能力:(1/2/2)
解説:シンプルな1マナ中立バニラ。小回りが効くのであらゆるアグロデッキで採用されている。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

Cぽっちゃりチビドラゴン/Big Ol' Whelp(コモン)
能力:(5/5/5), 雄叫び:カードを1枚引く。
解説:十分なスタッツとドローを兼ね揃える優秀な中型ミニオン。ドラゴンシナジーを活用する事も出来る。
採用デッキ:ドラゴン、ミッドレンジ、コントロール

C無貌の変性者/Faceless Corruptor(レア)
能力:(5/4/4), 雄叫び:味方のミニオン1体をこのミニオンのコピーに変身させる。
解説:即座に8点分の急襲を用意でき盤面制圧力が高い。中立にしてはパワーが高く頼りになる。
採用デッキ:テンポ、ミッドレンジ

灰に舞う降魔の狩人

Cガーディアン改造屋/Guardian Augmerchant(コモン)
能力:(1/2/1), 雄叫び:ミニオン1体に1ダメージを与え聖なる盾を付与する。。
解説:笑顔の相棒の亜種となる便利ミニオン。1点除去としても機能するし後述する喧嘩屋と素晴らしいシナジーもある。
採用デッキ:テンポ、ミッドレンジ

Cボーンチューワーの喧嘩屋/Bonechewer Brawler(コモン)
能力:(2/2/3), 挑発、このミニオンがダメージを受ける度攻撃力+2を獲得する。
解説:爆熱バトルメイジと同様に小回りが利く小型中立。多くのヒーローとシナジーを持つ。
採用デッキ:テンポ、ミッドレンジ

C冷たき影の紡ぎ手/Frozen Shadoweaver(コモン)
能力:(3/4/3), 雄叫び:敵1体を凍結させる。
解説:凍結により自分よりコストの低いミニオンからのトレードを拒否しつつこちらは格上と相打ちが狙える良ミニオン。
採用デッキ:テンポ、ミッドレンジ

魔法学院スクロマンス

Bツアーガイド/Tour Guide(コモン)
能力:(1/1/1), 雄叫び:自分が次に使うヒーローパワーのコストは(0)。
解説:ヒーローパワーを積極的に使いたいデッキにとっては実質1/1付きのコインでありマナ効率が非常に良い。また、コスト減少はターンを跨いで保持できるのも利点。
採用デッキ:ハンターとウォーロック

Bペン投げ野郎/Pen Flinger(コモン)
能力:(1/1/1), 雄叫び:1ダメージを与える。魔法活性:これを自分の手札に戻す。
解説:使い回せる《エルフの射手/Elven Archer》。痒い所に手が届くカードであり、小型の呪文を搭載しているデッキなら穴埋め役としても十分な活躍をする。
採用デッキ:ローグ等の小型スペルが多めのデッキ

A貪欲な読書家/Voracious Reader(レア)
能力:(3/1/3), 自分のターンの終了時手札が3枚になるまでカードを引く。
解説:アグロ系安デッキの救世主。このカードが存在するがゆえに成立するアグロデッキは数多く、3マナで1/3付き最大3ドローはレジェンド級の性能。
採用デッキ:アグロ

Bワンド職人/Wandmaker
能力:(2/2/2), 雄叫び:自分のクラスのコスト1の呪文1枚を自分の手札に追加する。
解説:1マナ呪文は外れが少なく、使いやすい呪文が揃っているクラスは無理なく採用できる。
採用デッキ:メイジ、デーモンハンター等

C筆記の執精/Steward of Scrolls(コモン)
能力:(5/4/4), 呪文ダメージ+1、雄叫び:呪文を1つ発見する。
解説:ぽっちゃりチビドラゴン/Big Ol' Whelp》と似た様なリソース補充型中型ミニオン。こちらは呪文がメイン。エレメンタルシナジーはオマケ程度に考えよう。
採用デッキ:メイジ等の呪文ダメージが活かせるヒーロー及びデッキ

Mana一番上へ

メイジ

  • ベーシックカードで強いカードが揃っているので、そこまで急いで作るべきカードはない。必要に応じて順次作っていこう。
  • ベーシックカードが強いという関係上、最初はこのヒーローでデッキを組むと安くすむ。
    ただし魔素を使ってしまう前に安くて強いデッキを初心者用デッキで確認しておくことをおすすめする。

クラシック

B魔法使いの弟子(コモン)
能力:(2/3/2),あなたの呪文カードはコストは(1)下がる。
解説:コストが1下がるというのはとても強い。それでなくてもこの子のスタッツは3/2と十分。マナワーム等の呪文とシナジーを持つカードと合わせる事で呪文の価値が更に上がる。
採用デッキ:テンポメイジ

爆誕!悪党同盟

B魔術のタネ/Magic Trick(レア)
能力:コスト(3)以下の呪文を1枚発見する。
解説:単体でも便利だが魔法使いの弟子等と組み合わせる事で輝く。ややコンボ要素が強いのでシナジーを持つカードが揃ってから作ることを推奨。
採用デッキ:ほとんどのメイジデッキ

C伝書鴉/Messenger Raven(コモン)
能力:(3/3/2),雄叫び:メイジのミニオンを1体発見する。
解説:発見先が優秀であり腐る要素が少ない。コモンでありながら高いポテンシャルを持つ。
採用デッキ:テンポメイジ

激闘!ドラゴン大決戦

Cヴァイオレット・スペルウィング/Violet Spellwing(コモン)
能力:(1/1/1), 断末魔(Deathrattle):「魔力の矢」1枚を自分の手札に追加する。
解説:魔力の矢は使い勝手がよく腐る場面が少なく、1マナなので適当に出せるのも強い。述の呪文とのシナジーを持つカードと併用するのが良い。
採用デッキ:テンポメイジ

灰に舞う降魔の狩人

Cスタースクライヤー/Starscryer(コモン)
能力:(2/3/1), 断末魔(Deathrattle):呪文を1枚引く
解説:戦利品クレクレ君》と似た能力だが、呪文サーチの方が嬉しい場面が多い。デッキの穴埋めなら戦利品クレクレ君で代用しても良い。
採用デッキ:テンポメイジ

魔法学院スクロマンス

B一夜漬け/Cram Session(レア)
能力:カードを1枚引く(呪文ダメージによって強化される)。
解説:下記の共同実験者と似た様なカード。強力ではあるが、まずは呪文ダメージを持つカードが揃ってから作成しよう。
採用デッキ:テンポメイジ

Sワンド泥棒/Wand Thief(コモン)
能力:(1/1/2), コンボ:メイジの呪文を1つ発見する。
解説:低コストコンボの割には極めて破格。腐る場面はほとんど存在しない。
採用デッキ:ほとんどのメイジデッキ

Aファイアブランド/Firebrand(コモン)
能力:(3/3/4), 魔法活性:合計4ダメージを敵のミニオンにランダムに振り分ける。
解説:盤面制圧のプロ。理想的なスタッツと敵ミニオンにしか飛ばないスプリットダメージによる制圧力は圧巻。
採用デッキ:テンポメイジ

A根源学の予習/Primordial Studies(コモン)
能力:呪文ダメージを持つミニオンを1体発見する。 自分が次に使用する呪文ダメージを持つミニオンのコストが(1)減る。
解説:大半のケースで発見先が強い。《天文術師ソラリアン/Astromancer Solarian》を引っ張ってこれる事も。
採用デッキ:テンポメイジ

B共同実験者/Lab Partner(コモン)
能力:(1/1/3), 呪文ダメージ+1
解説:放置できない1/1/3というだけでも厄介。豊富なダメージスペルを揃えてこそなので、作成優先度は他より若干低い。
採用デッキ:テンポメイジ

Mana一番上へ

ハンター

  • 秘策と獣シナジーが基本。獣ミニオンは中立カードにも多いので、手持ちのカードを照らし合わせてみるとよい。
  • 獣以外にもいくつかシナジーを持つが、ベーシック&クラシックカードの獣シナジーが非常に多く獣を中心とした方が最も安く仕上がる。
  • レア以下に強いカードが多く、低予算でも強いデッキが作れる初心者の味方。迷ったら低予算ミッドレンジハンター

クラシック

Aサバンナ・ハイメイン(レア)
能力:(6/6/5),断末魔(Deathrattle):あなたの場に2体のハイエナ(2/2)を召喚する
解説:レジェンドより強いレア。必須。6マナで6/5と十分なサイズを持ちながら、除去されても2/2を2体生むという訳のわからない強さ。さらに獣であり、生み出すハイエナも獣。デッキに2枚入れられるのも強い。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

Cイーグルホーン・ボウ(レア)
能力:あなたの秘策(Secret)が発動するたび、この武器は使用回数が+1される。
解説:即座に3点のダメージを出せる3マナのカード。秘策が一度でも発動すればオーバーパワー。秘策の入っていないデッキでも、序盤の盤面の取り合いやダメージの詰めにも役立ってくれる。
採用デッキ:秘策ハンター

A猟犬を放て!(コモン)
能力:敵のミニオン1体につき、突撃をもつ1/1の猟犬を1体召喚する。
解説:即座にダメージを生み出す呪文。猟犬は1体ずつ動かせるので非常に便利。体力の低いミニオンや《狩人の狙い》で体力1になったミニオンを除去するのが基本だが、獣であることを利用してダメージを上げたり、単純にトドメに使ったりもする。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

B腐肉食いのハイエナ(コモン)
能力:(2/2/2),味方の獣が死ぬ度、+2/+1を得る。
解説:ハンターは低コストの獣が非常に多く、さらに多くの獣を展開できるので簡単にステータスが上がる。上手く成長できればそのまま勝ちに繋がる。
採用デッキ:獣ハンター

爆誕!悪党同盟

Bホタルチョウ/Shimmerfly(レア)
能力:(1/1/1), 断末魔:ランダムなハンターの呪文1枚を自分の手札に追加する。
解説:序盤に置ければ良し、優秀な断末魔により中盤以降でも腐らない。この手の低コスト系システムを持つハンターミニオンは大抵コモンなのだが、このカードはレアなのがやや難点。
採用デッキ:獣ハンター、スペルハンター

A必中の一矢/Marked Shot(コモン)
能力:ミニオン1体に4ダメージを与える。呪文を1つ発見する。
解説:ドローが弱いハンターにとって手札を補充しつつ除去は貴重。低コスト寄りだと除去のパワーがやや不安定or弱めなので、即座に4点を出せるこのカードは役立つ。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

突撃!探検同盟

Cハイエナ・リーダー/Hyena Alpha(レア)
能力:(4/3/3), 雄叫び:自分の秘策が準備されている場合2/2の「ハイエナ」を2体召喚する。
解説:莫大なテンポを生み出すカード。しかしレア以下の秘策は発動条件が緩めなのが難点。
採用デッキ:秘策ハンター

激闘!ドラゴン大決戦

Aフェーズ・ストーカー/Phase Stalker(レア)
能力:(2/2/3), 自分がヒーローパワーを使用した後自分のデッキから秘策を1つ準備する。
解説:秘策を入れているデッキなら必須。用意する秘策はコモンのものだけでも十分。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

B急降下グリフォン/Diving Gryphon(レア)
能力:(3/4/1), 急襲雄叫び:自分のデッキから急襲を持つミニオンを1体引く。
解説:ミニオンではあるが《必中の一矢/Marked Shot》と似ているカード。こちらはデッキからのサーチだが、レアなのが欠点。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

Sドワーフの狙撃手/Dwarven Sharpshooter(コモン)
能力:(1/1/3), 自分のヒーローパワーはミニオンを対象にできる。
解説:作らない理由がないほどに強い。ハンターを使うならば最優先で作成しよう。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

C始祖探検竜/Primordial Explorer(コモン)
能力:(3/2/3), 猛毒雄叫び:雄叫び:ドラゴン1体を発見する。
解説:リソースを提供しつつ盤面を確保するミニオンはハンターにとって貴重。シナジーを利用する場合は高レアリティカードが複数要求される。
採用デッキ:ハイランダー、ドラゴン

灰に舞う降魔の狩人

Bモクナサルのライオン/Mok'Nathal Lion(レア)
能力:(4/5/2), 急襲雄叫び:味方のミニオン1体を選択する。そのミニオンの断末魔の能力をコピーする。
解説:断末魔持ちミニオンと併用してこそだが、単体でもそこそこ使える。他の断末魔持ちミニオンを先に揃えてから作成しよう。
採用デッキ:ミッドレンジ

Aクズ拾いの工夫/Scavenger's Ingenuity(コモン)
能力:獣を1体引く。それに+2/+2を付与する。
解説:ドローに乏しいハンターにとっては非常にありがたいカード。資産に余裕が出来ればデッキに入れる獣を絞り込むのも良いだろう。
採用デッキ:ほとんどのハンターデッキ

B封印されしフェルモー/Imprisoned Felmaw(コモン)
能力:(2/5/4), 2ターンの間、休眠状態。目覚めた時ランダムな敵1体を攻撃する。
解説:適当に置くだけで強い。アグロ以外でも使えるが、どちらかというとアグロ向け。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

魔法学院スクロマンス

B膨れてるニシキヘビ/Bloated Python(レア)
能力:(3/1/2), 断末魔:4/4の「つかえてたヘビ使い」を1体召喚する。
解説:こちらも適当に置けるミニオン。上記のモクナサルのライオンと組み合わせたいが、どちらもレアなので注意。
採用デッキ:ミッドレンジ

Bヴォルパーティンガー/Wolpertinger(コモン)
能力:(1/1/1), 雄叫び:このミニオンのコピーを1体召喚する。
解説:序盤のハンターを支えるカード。上記のクズ拾いの工夫で引っ張ってきても強い。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

Mana一番上へ

パラディン

  • ここで紹介されているカードのほとんどがレア以上であり、集めるのは苦労する代わり汎用性が高いカードが多め。
  • 他にも優秀なカードは存在するが軒並みレアリティが高いため地道に魔素を集めてコツコツデッキを強化しよう。

クラシック

Bアルダーの平和の番人(レア)
能力:(3/3/3),雄叫び(Battlecry):対戦相手のミニオンを対象とする。その攻撃力を1に変更する
解説:攻撃力を1にするとはそのミニオンが木偶の坊になるという意味。
能力は変化しないので注意。3/3という十分なスタッツを持ち合わせているのが素晴らしい。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

ガラクロンドの目覚め

Aホーガンロボ/Shotbot(コモン・アドベ報酬)
能力:(2/2/2), 蘇り
解説:アドベンチャーモードのガラクロンドの目覚め4章・探検同盟クリア報酬。
非常に安定した2dropなのだが、よりによってアドベンチャーモードの最終章報酬なのが辛い。ゴールド換算でも2400ゴールドかかる。
代用品はレジェンドの《マーガァ・マーガァグル/Murgur Murgurgle》くらいしかないのも痛い。フェニックス年のスタン落ちを考慮するのであれば、マーガァグルを作成した方が良いかもしれない。
採用デッキ:ミッドレンジ

灰に舞う降魔の狩人

Sアダールの手/Hand of A'dal(コモン)
能力:ミニオン1体に+2/+2を付与する。カードを1枚引く。
解説:ヒロパでトークンを出せるパラディンにとって腐る要素がまず存在しない。最優先で作ろう。
採用デッキ:ほとんどのパラディンデッキ

魔法学院スクロマンス

A盾情可憐な女騎士/Goody Two-Shields(レア)
能力:(3/4/2), 聖なる盾魔法活性:聖なる盾を獲得する。
解説:単純に強い。運用が若干特殊なので、魔法活性の誤発動に注意。
採用デッキ:ほとんどのパラディンデッキ

C権威の祝福/Blessing of Authority(レア)
能力:ミニオン1体に+8/+8を付与する。そのミニオンはこのターンの間ヒーローを攻撃できない。
解説:5マナで+8/+8は破格。レアかつシナジーを持つカードは高レアリティなのが難点。《王の祝福/Blessing of Kings》でも代用できなくもないので、作成優先度はやや低め。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

B初登校の日/First Day of School(コモン)
能力:ランダムなコスト1のミニオン2体を自分の手札に追加する。
解説:魔法活性とのシナジー向けではあるが、単品でもそこそこ使える。上記の盾情可憐な女騎士とセットで。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

Mana一番上へ

ウォリアー

  • 強力な呪文は高レアリティが多いため、魔素を抑えるならアグロ~ミッドレンジ帯のミニオンを揃えるのがベター。
  • アグロ~コントロールと、デッキの方向性に寄って採用カードが大きく変わるのが特徴か。

クラシック

B乱闘エピック
能力:ランダムな1体を除き、全てのミニオンを破壊する。
解説:どれだけ数で負けていても、どれだけ強力なミニオンでも破壊できる可能性のある強力な全体呪文。運頼みなカードではあるが、単体除去が豊富なウォリアーならある程度ケアしやすい上、これ1枚で状況がひっくり返ることも。
このカードはエピックだが、どのタイプであれウォリアーでコントロールを組むにはこのカードが2枚揃っていることが前提となる。
採用デッキ:コントロール

B泡を吹く狂戦士/Frothing Berserker(レア)
能力:(3/2/4),ミニオンがダメージを受けるたび、+1/+0を付与する。
解説:敵味方関係なくミニオン1体が1ダメージ以上受けるたび攻撃力が上がる。敵ミニオンを武器で攻撃しても上がり、ミニオン同士の戦闘ならば攻撃力が2も上昇する。AoEでたくさんのミニオンを巻き込めば2桁達成も珍しくはない。
置いてミニオン同士のトレードをしていれば勝手に強くなりフィニッシャーへと変貌する姿はまさに狂戦士さながらの強ミニオン。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

B狂瀾怒濤/Battle Rage(コモン)
能力:ダメージを 受けている味方の キャラクター1体につき カードを1枚引く。
解説:不安定だが大量ドローを狙える。下記の扇動する船頭との併用が望ましい。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

C叩きつけ/Slam(コモン)
能力:ミニオンを対象とする。それに2点のダメージ与える。それが破壊されなかったなら、1枚カードを引く。
解説:基本的には高体力のミニオンに当てて体力を削りながらドローを目的に使う。その後は武器で追撃したり、《止めの一撃/Execute》で破壊することが出来る。
聖なる盾を剥がしながらドローも可能であり、単純に2点除去としても活用出来るため地味ながらも汎用性は高め。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

突撃!探検同盟

Bバタバタミイラ/Restless Mummy(コモン)
能力:(4/3/2), 急襲蘇り
解説:民兵指揮官と似た評価を持つカード。こちらはコモンなのが嬉しい。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

C怯える下っ端/Frightened Flunky(コモン)
能力:(2/2/2), 挑発雄叫び挑発を持つミニオン1体を発見する。
解説:挑発を展開しつつリソース確保。発見のNerfに伴い大幅に弱体化したが、それでも資産が無いうちは便利。
採用デッキ:挑発ウォリアー、ミッドレンジ、コントロール

激闘!ドラゴン大決戦

C悪党同盟の補給係/EVIL Quartermaster(コモン)
能力:(3/2/3), 雄叫び:悪の手先1体を自分の手札に追加する。装甲を3獲得する。
解説:小回りが利く。デッキの穴埋め役候補。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

ガラクロンドの目覚め

A扇動する船頭/Risky Skipper(コモン・アドベ報酬)
能力:(1/1/3), 自分がミニオンを手札から使用した後全てのミニオンに1ダメージを与える。
解説:アドベンチャーモードのガラクロンドの目覚め3章・悪党同盟クリア報酬。
非常に有用だが、ホーガンロボと同様にアドベ報酬なのが痛い。こちらは3章なので多少マシではあるが…
一部のデッキはこのカードによって成り立っているも同然なので、それらのデッキを作る場合はアドベンチャーを購入するしかない。
なお、このカードと強いシナジーを持つ《爆弾ラングラー/Bomb Wrangler》は無料で貰える。
採用デッキ:海賊、ミッドレンジ

灰に舞う降魔の狩人

B海賊の隠し武器/Corsair Cache(レア)
能力:武器を1つ引く。その武器に耐久度+1を付与する。
解説:貴重な武器サーチ。可能な限りは《イカリ/Ancharrr》等の強力な武器と併用したいが、普通の武器をサーチするだけでも十分。
採用デッキ:ほとんどのウォリアーデッキ

B血気の拳鬼/Bloodboil Brute(レア)
能力:(7/5/8), 急襲:ダメージを受けているミニオン1体につきコストが(1)減る。
解説:狂瀾怒濤と似た評価のカード。やはり扇動する船頭の有無で大きく変わる。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ、コンボ

C右に剣を、左に盾を/Sword and Board(コモン)
能力:ミニオン1体に2ダメージを与える。装甲を2獲得する。
解説:ウォリアーらしくないシンプルな除去スペル。回復ではなく装甲を得るのが嬉しい。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

魔法学院スクロマンス

B死神の大鎌/Reaper's Scythe(レア)
能力:魔法活性:このターン、この武器は隣接するミニオンにもダメージを与える。
解説:4/4/2の武器というだけでも合格点。現スタンダードでのウォリアーの武器は何かと扱いにくいが、これは率直で使いやすい。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

B無理強い/Coerce(レア)
能力:ダメージを受けているミニオン1体を破壊する。コンボ:ミニオン1体を破壊する。
解説:お手軽単体除去。ローグ程ではないが条件を満たすのは割と簡単。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

B不良学生/Troublemaker(レア)
能力:(8/6/8), 自分のターンの終了時3/3の「不良」を2体召喚し、ランダムな敵を攻撃させる。
解説:扱いやすい大型ミニオン。コントロール向けカードの割にレアなのが嬉しい。
採用デッキ:コントロール

ダークムーン・フェアへの招待状

A剣食い男/Sword Eater(コモン)
能力:(4/2/5), 挑発雄叫び:3/2の剣を装備する。
解説:3マナ相当の挑発ミニオンと3マナ相当の武器のセットが僅か4マナというバーゲンセールみたいなミニオン。攻めにも守りにも使える。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

Mana一番上へ

ドルイド

  • 固有能力である選択持ちにコモンが多く、使い勝手の良いカードが多い傾向。
  • テーマデッキは必要なカードが異なるので注意。

クラシック

A自然の怒り/Wrath(コモン)
能力:選択:「ミニオン1体に3ダメージ」「ミニオン1体に1ダメージ,1枚カードを引く」
解説:序盤の敵ミニオンを除去するには最適の一枚。3ダメージならば2マナミニオンまで破壊出来るし、体力1ならばアドバンテージを稼ぐことが出来る。
選択カードの中でも屈指の汎用性の高さを誇る。
採用デッキ:ほとんどのドルイドデッキ

B野生の力/Power of the Wild(コモン)
能力:選択:「味方ミニオン全てに+1/+1を付与する」「3/2のヒョウ(獣ミニオン)を1体召喚する」
解説:自分のミニオンだけ全体強化出来るバフスキル。展開がメインのドルイドデッキには必須。
序盤で困ったときは2マナの獣ミニオンとして使えるため、腐りづらいのも強み。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

C爪のドルイド/Druid of the Claw(コモン)
能力:(5/4/4), 選択:「4/4,突撃(Charge)持ちの獣ミニオンになる」「4/6,挑発(Taunt)持ちの獣ミニオンになる」
解説:ドルイド良質ミニオンの代表格。普段は体力6挑発で倒しにくくし、厄介なミニオンが出たら突撃で奇襲をかけることが出来る。
どちらを選んでも種族に獣がついてくるためビーストデッキの中核としても活躍出来るだろう。
採用デッキ:ミッドレンジ

突撃!探検同盟

Aハチだァーッ!!!/BEEEES!!!(コモン)
能力:1/1の「ハチ」を4体を召喚し選択したミニオン1体を攻撃させる
解説:除去に加えトークン召喚という使い勝手の良いカード。コンボ向けカードではあるが単体でも十分に強い。
採用デッキ:ほとんどのドルイドデッキ

激闘!ドラゴン大決戦

Bエメラルド探検竜/Emerald Explorer(コモン)
能力:(6/4/8), 挑発雄叫び:ドラゴン1体を発見する。
解説:十分なサイズとリソース確保を行う。他の発見持ちドラゴンと比べるとサイズは大きいものの使い勝手が良い。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

灰に舞う降魔の狩人

B鉄の樹皮/Ironbark(レア)
能力:ミニオン1体に+1/+3と挑発を付与する。自分のマナクリスタルが7個以上ある場合コストは(0)。
解説:ランプドルイド向けカード。コストが0になる事を利用したシナジーは高レアリティのカードが必要となる。
採用デッキ:ランプドルイド

B過剰繁殖/Overgrowth(コモン)
能力:空のマナクリスタルを2つ獲得する。
解説:鉄の樹皮とほぼ同じ評価。《野生の繁茂/Wild Growth》からのステップアップを目指す場合にも。
採用デッキ:ランプドルイド

B沼ビーム/Bogbeam(コモン)
能力:ミニオン1体に3ダメージを与える。自分のマナクリスタルが7個以上ある場合コストは(0)。
解説:鉄の樹皮とほぼ同じ評価。上記のランプ系カードとは基本的にセットで運用しよう。
採用デッキ:ランプドルイド

魔法学院スクロマンス

S自然学の予習/Nature Studies(コモン)
能力:呪文を1つ発見する。自分が次に使用する呪文のコストが(1)減る。
解説:他クラスの「予習」カードと比べても頭一つ抜けて強い。デッキに入れない理由は無いだろう。
採用デッキ:ほとんどのドルイドデッキ

A電光刹花/Lightning Bloom(コモン)
能力:このターンの間のみマナクリスタルを2つ獲得する。オーバーロード:(2)
解説:単体でも強いがコンボ向けのカード。コンボする為のカードは高レアリティに集中しており、それらが存在しない場合は本領を発揮しない。
採用デッキ:ランプドルイド

Mana一番上へ

ウォーロック

  • 癖が強いが上手く使えればコストパフォーマンスが良いカードがいくつか存在する。
  • 他ヒーロー同様安くて強いデッキはZoo(アグロ)である。

クラシック

B炎のインプ/Flame Imp(コモン)
能力:(1/3/2),雄叫び(Battlecry):自分のヒーローに3ダメージを与える。
解説:Zooにおける特攻隊長。2マナ相当のスタッツを持つミニオンが1ターン目から出せる。
雄叫びのダメージは盤面を有利に取るための先行投資を考えよう。ウォーロックはそういうのがコンセプトの一つである。
採用デッキ:Zoo

C魂抽出/Siphon Soul(レア)
能力:ミニオン1体を破壊する。自分のヒーローの体力を3点回復する
解説:ウォーロック固有カードの中では癖のない除去呪文。微量の回復も体力が減りやすいウォーロックではありがたい。
後半に出てくる重めのミニオンに対して有効。アグロ相手には別の呪文を用意したほうがいい。
採用デッキ:コントロール

爆誕!悪党同盟

B悪党同盟の異才/EVIL Genius(コモン)
能力:(2/2/2), 雄叫び:味方のミニオン1体を破壊する。ランダムな悪の手先2体を自分の手札に追加する。
解説:味方のミニオンを破壊してしまうデメリットがあるが、悪の手先2枚は強烈。断末魔ミニオンを破壊する事でデメリットをメリットにする事も可能。
採用デッキ:Zoo

突撃!探検同盟

B腐った商人/Expired Merchant(レア)
能力:(2/2/1), 雄叫び:自分の手札の最もコストが高いカードを1枚破棄する。断末魔:そのコピー2枚を手札に追加する。
解説:下記のグルダンの手との併用が前提のカード。作成する場合は最低でもグルダンの手が2枚揃ってからにしよう。
採用デッキ:Zoo

C邪悪な取引/Sinister Deal(コモン)
能力:悪の手先1体を発見する。
解説:色々とデメリットや制限が多いウォーロックのカードとしてはシンプルで使い勝手が良い。
採用デッキ:Zoo、ミッドレンジ

C悪党同盟の人事担当/EVIL Recruiter(コモン)
能力:(3/3/3), 雄叫び:味方の悪の手先1体を破壊して、5/5の悪魔を1体召喚する。
解説:ウォーロックの悪の手先生成カードはすべてコモンなので使いやすい。運用するなら各種悪の手先生成カードが揃ってからにしよう。
採用デッキ:Zoo、ミッドレンジ

灰に舞う降魔の狩人

B封印されしスクラップ・インプ/Imprisoned Scrap Imp(レア)
能力:(2/3/3), 2ターンの間、休眠状態。目覚めた時自分の手札のミニオン全てに+2/+1を付与する。
解説:Zooはミニオンを積みまくるので有用。このカードを採用するか否かでZooのタイプが若干変わってくる点に注意。
採用デッキ:Zoo

Bナイトシェードの刀自/Nightshade Matron(コモン)
能力:(4/5/5), 急襲雄叫び:自分の手札の最もコストが高いカードを1枚破棄する。
解説:腐った商人と同じく、グルダンの手との併用が前提のカード。
採用デッキ:Zoo

Bグルダンの手/Hand of Gul'dan(コモン)
能力:このカードを手札から使用するか破棄した時カードを3枚引く。
解説:腐った商人とナイトシェードの刀自が揃って真価を発揮するドロー。セットで運用しよう。
採用デッキ:Zoo

C不安定なフェルボルト/Unstable Felbolt(コモン)
能力:敵のミニオン1体とランダムな味方のミニオン1体に3ダメージを与える。
解説:ミニオンがいなければデメリット無しで使える。ウォーロックの呪文の中ではクセのない除去なので使いやすい。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

魔法学院スクロマンス

B影光の探求者/Shadowlight Scholar(レア)
能力:(3/3/4), 雄叫び:自分のデッキの「魂の欠片」を1つ破壊し3ダメージを与える。
解説:条件付きだが優秀。作成する場合は下記の「魂の欠片」シナジーを持つカードが必須。
採用デッキ:Zoo、ミッドレンジ、コントロール

B粉骨の砕身者/Brittlebone Destroyer(レア)
能力:(4/3/3), 雄叫び:このターンに自分のヒーローの体力が変化していた場合ミニオン1体を破壊する。
解説:ヒロパで自傷できるウォーロックは条件を満たしやすい。デュアルクラスカードなのでプリーストで使い回せるのも吉。
「魂の欠片」カードとの併用で更に輝くが、作成コストがかさばる点には注意。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

-魂剪断/Soul Shear(レア)
能力:ミニオン1体に3ダメージを与える。「魂の欠片」2枚を自分のデッキに混ぜる。
解説:「魂の欠片」シナジーカードの一つ。各種シナジーカードを作る場合にのみ作成しよう。
採用デッキ:Zoo、ミッドレンジ、コントロール

A死者蘇生/Raise Dead(コモン)
能力:自分のヒーローに3ダメージを与える。この対戦で死亡した味方のミニオンを2体まで自分の手札に戻す。
解説:0コストで自傷できるのでウォーロックとの相性が凄まじい。しかしシナジーを持つカードは高レアリティが多い。
採用デッキ:Zoo、ミッドレンジ、コントロール

-霊魂の獄吏/Spirit Jailer(コモン)
能力:(1/1/3), 雄叫び:「魂の欠片」2枚を自分のデッキに混ぜる。
解説:「魂の欠片」シナジーカードの一つ。各種シナジーカードを作る場合にのみ作成しよう。
採用デッキ:Zoo、ミッドレンジ、コントロール

-全校懲霊/School Spirits(コモン)
能力:全てのミニオンに2ダメージを与える。「魂の欠片」2枚を自分のデッキに混ぜる。
解説:「魂の欠片」シナジーカードの一つ。各種シナジーカードを作る場合にのみ作成しよう。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

Mana一番上へ

シャーマン

  • ベーシックだけでもそれなりに戦えるがやはりオーバーロード(overload)関連は強い。
  • どちらかと言えばクラシックは呪文、その他の拡張はミニオンが優秀な傾向。
  • ドルイド同様テーマデッキを安価で組みやすいヒーローである。ここではそれらに適したカードは紹介していない。

クラシック

Bライトニングストーム/Lightning Storm(レア)
能力:敵のミニオン全てに2~3ダメージを与える。オーバーロード(overload):2
解説:シャーマンではお馴染みの低コストAoE。アグロデッキのミニオンならば一掃出来るくらいは容易。
ダメージ量がランダムなことを除けば扱いやすく、ヒーローパワーで呪文ダメージ増加のトーテムが出れば殲滅力は増す。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

Bライトニングボルト/Lightning Bolt(コモン)
能力:3ダメージを与える。オーバーロード(overload):1
解説:シンプルな1マナ3点ダメージ呪文。オーバーロードがあるものの軽くて使いやすい。
採用デッキ:ほとんどのシャーマンデッキ

爆誕!悪党同盟

A下水すすりのゲス/Sludge Slurper(レア)
能力:(1/2/1), 雄叫び:悪の手先1体を自分の手札に追加する。オーバーロード:(1)
解説:マーロックではあるが高い汎用性を持つ優等生。単体でも十分に強いが豊富なシナジーと合わせる事で輝きを増す。
採用デッキ:ほとんどのシャーマンデッキ

Bアングラ・アングラー/Underbelly Angler(レア)
能力:(2/2/3), 自分がマーロックを手札から使用した後ランダムなマーロック1体を自分の手札に追加する。
解説:同じくマーロックではあるが、マーロックデッキでなくとも下水すすりのゲスと一緒に投入するだけで強い。
低資産シャーマンはリソースの確保が難しいので、お手軽に大量のリソースを増やせるこのカードは重宝する。
採用デッキ:マーロック、ミッドレンジ

Cハガサの計略/Hagatha's Scheme(レア)
能力:全てのミニオンに1ダメージを与える。(毎ターンアップグレード!)
解説:AoEに乏しく切り返しが難しいシャーマンにとって(アップグレードが必要ではあるが)全体大ダメージは貴重。
採用デッキ:コントロール

B動く噴水像/Walking Fountain(コモン)
能力:(8/4/8), 生命奪取急襲疾風
解説:コモンとは思えない能力てんこ盛りなカード。コンボで使っても良し、適当に投げても良しと状況を選ばない。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

突撃!探検同盟

B兵器化スズメバチ/Weaponized Wasp(レア)
能力:(3/3/3), 雄叫び:味方に悪の手先がいる場合3ダメージを与える。
解説:雄叫びがとにかく強い。各種悪の手先生成カードは基本的にレア以下であり、低資産でも問題なく運用できる。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

B地震/Earthquake(レア)
能力:全てのミニオンに5ダメージを与えてから全てのミニオンに2ダメージを与える。
解説:ハガサの計略/Hagatha's Schemeと並ぶ高火力全体AoE。シャーマンの全体除去は何かと不安定だが、このカードは別格。
採用デッキ:コントロール

C魔古の肉細工師/Mogu Fleshshaper(レア)
能力:(9/3/4), 急襲、戦場にいるミニオン1体につきコストが(1)減る。
解説:ほぼコンボ専用カード。各種進化カードや多くのミニオンを展開できるカードが揃ってようやく活躍できるので、それらを揃える前に作らない様に注意。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

A砂嵐のエレメンタル/Sandstorm Elemental(コモン)
能力:(2/2/2), 雄叫び:敵のミニオン全てに1ダメージを与える。オーバーロード:(1)
解説:ミニオン付きAoE。シャーマンのAoEは基本的にレア以上だが、このカードはコモンなのが嬉しい。
採用デッキ:ほとんどのシャーマンデッキ

B悪党同盟のトーテム/EVIL Totem(コモン)
能力:(2/0/2), 自分のターン終了時悪の手先1枚を自分の手札に追加する。
解説:雑に置くだけでもそれなりに貢献してくれる。悪の手先シナジーを活かさずとも適当にデッキに投入していける。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

激闘!ドラゴン大決戦

B荒々しい嵐/Surging Tempest(コモン)
能力:(1/1/3), 自分のマナクリスタルがオーバーロードしている場合攻撃力+1を得る。
解説:アグロ向け。1コストのエレメンタルという事で、エレメンタルシナジーにも使えなくもない。
採用デッキ:アグロ

C嵐の怒り/Storm's Wrath(コモン)
能力:味方のミニオン全てに+1/+1を付与する。オーバーロード:(1)
解説:アグロ向けその2。ヒロパでトークンを出せるので腐りにくい。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

灰に舞う降魔の狩人

B蛇寺院のポータル/Serpentshrine Portal(コモン)
能力:3ダメージを与える。ランダムなコスト3のミニオンを1体召喚する。オーバーロード:(1)
解説:除去と召喚を同時に行う。クセがなく使いやすい。
採用デッキ:ほとんどのシャーマンデッキ

魔法学院スクロマンス

A入念なノート取り屋/Diligent Notetaker(レア)
能力:(2/2/3), 魔法活性:自分の手札に呪文を戻す。
解説:とても便利。ドローに乏しいシャーマンにとって小型のリソース確保ミニオンはいくらでも欲しい。
採用デッキ:ほとんどのシャーマンデッキ

B溶岩噴出/Molten Blast(レア)
能力:2ダメージを与える。ダメージに等しい数の1/1のエレメンタルを召喚する。
解説:強力な効果ではあるがシャーマンはメイジと比べると呪文ダメージ持ちミニオンに乏しい。ヒロパで呪文ダメージを持つトーテムを狙おう。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

A電光刹花/Lightning Bloom(コモン)
能力:このターンの間のみマナクリスタルを2つ獲得する。オーバーロード:(2)
解説:ドルイドと似た様な評価。ドルイドと違ってオーバーロードによるシナジーにも使えるのがポイント。
採用デッキ:ほとんどのシャーマンデッキ

Mana一番上へ

プリースト

  • コントロール向けかつコンボ寄りのカードが多いため汎用性は他ヒーローよりもやや劣る。
  • ある程度集まるまで中立カードで補ったり相手のデッキパワーを利用する戦術が有効かもしれない。
  • フェニックス年の開始時に大幅調整が行われた。イマイチだったベーシック・クラシックのスペルが強化された為、拡張パックの依存度がだいぶ低下した。

クラシック

A影の狂気/Shadow Madness(レア)
能力:このターンの終わりまで、攻撃力3以下の敵のミニオン1体を味方にする。
解説:コストが下がった事により使い勝手が抜群に増したカード。あらゆる用途で使える。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

A思念奪取/Thoughtsteal(コモン)
能力:相手のデッキのカードを2枚コピーし、自分の手札に追加する。
解説:相手のデッキからランダムに選ばれたカード2枚を補充出来る呪文。嫌われるプリーストカードの代表格である。
相手のデッキパワーが高くても同じカードが使えれば始めたばかりでも対応出来るかも。実際に使ってどう強いか体感するのが上達の一歩かもしれない。
影の狂気と同様、コストが下がった事により非常に有用な呪文となった。とりあえずで入れておいて損は無いだろう。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

爆誕!悪党同盟

C悪党同盟の徴集係/EVIL Conscripter(コモン)
能力:(2/2/2), 断末魔:悪の手先1体を自分の手札に追加する。
解説:汎用性に優れるカード。悪の手先を生成するカードは何かと制限があったりするが、このカードは単純なので使いやすい。
採用デッキ:断末魔デッキ、コンボ、ミッドレンジ

B怪しくない潜入者/Convincing Infiltrator(レア)
能力:(5/2/6), 挑発断末魔:ランダムな敵のミニオン1体を破壊する。
解説:プリーストのミニオンの大半はコンボ向けだが、このカードは単体でシンプルに纏まっており使い回しが効く。レアリティがレアなのがやや難点。
採用デッキ:断末魔デッキ、コンボ、ミッドレンジ、コントロール

突撃!探検同盟

B死の災厄/Plague of Deathエピック
能力:全てのミニオンを沈黙させてから破壊する。
解説:凶悪なリセットカード。プリーストでコントロールデッキを組む場合、このカードの存在がかなり重要となる。
コントロールを組む以上は他の高レアリティカードも必要となってくる。魔素と要相談しよう。
採用デッキ:コントロール

B贖罪/Penance(コモン)
能力:生命奪取、ミニオン1体に3ダメージを与える。
解説:シンプルな回復付き除去。《聖なる一撃/Holy Smite》とは一長一短。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

灰に舞う降魔の狩人

S再起/Renew(コモン)
能力:体力を3回復する。呪文を1つ発見する。
解説:プリーストの呪文は強力な物が揃っており、圧倒的な汎用性を持つ。
採用デッキ:ほとんどのプリーストデッキ

B神格化/Apotheosis(コモン)
能力:ミニオン1体に+2/+3と生命奪取を付与する。
解説:生命奪取が嬉しいアグロ対策にもなるバフ。コストが軽く、どの場面でも有用。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

魔法学院スクロマンス

B粉骨の砕身者/Brittlebone Destroyer(レア)
能力:(4/3/3), 雄叫び:このターンに自分のヒーローの体力が変化していた場合ミニオン1体を破壊する。
解説:自傷できるウォーロックよりは僅かに発動条件が厳しい程度で十分に使える。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

A死者蘇生/Raise Dead(コモン)
能力:自分のヒーローに3ダメージを与える。この対戦で死亡した味方のミニオンを2体まで自分の手札に戻す。
解説:プリーストは単体で優秀なミニオンが多く、それらを回収できるのはデカい。0コストで自傷できるので、粉骨の砕身者とのシナジーも○。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

C無気力の波/Wave of Apathy(コモン)
能力:次の自分のターンまで敵のミニオン全ての攻撃力を1に変える。
解説:コンボ向け。《カバルの影の僧侶/Cabal Shadow Priest》や《カバルの侍祭/Cabal Acolyte》とのコンボが望ましいが、それらはエピックなのが難点。
採用デッキ:ミッドレンジ、コントロール

Mana一番上へ

ローグ

  • コンボ(Combo)持ちのカードと低コストの呪文が作りやすく、相乗効果が期待出来る。
  • 最終的に高レアリティのカードが多く必要になりやすく、いくつのもキーカードをパックで引き当てる強運の持ち主でなければ無課金で強力なデッキを作るのは難しいヒーロー。

クラシック

A腹裂き/Eviscerate(コモン)
能力:2ダメージを与える。コンボ(Combo): 代わりに4ダメージを与える。
解説:コンボを発動させればコストパフォーマンスがとても優れたダメージ呪文。そのまま使っても及第点の2ダメージ。
ミニオン除去としても良しリーサルとしても良しとまさに万能カード。
採用デッキ:ほとんどのローグデッキ

ASI7諜報員/SI7 Agent(レア)
能力:(3/3/3), コンボ(Combo): 2ダメージを与える。
解説:コンボでダメージを飛ばせるミニオン。後攻ローグの怖さを与えるコンボカードの一枚。
後攻2ターン目のコインから出して体力2のミニオン除去は単純ながら強力。スタッツも十分なので出した後も不足はない。
採用デッキ:ほとんどのローグデッキ

B影隠れ/Shadowstep(コモン)
能力:味方のミニオン1体を自分の手札に戻す。そのミニオンのコストは(2)減る。
解説:ローグの低コストコンボor雄叫びを持つミニオンは低レアリティが殆どで使い勝手が良い。悪の手先を使い回すのもいい。
採用デッキ:コンボ、ミッドレンジ

爆誕!悪党同盟

B血の復讐/Vendetta(レア)
能力:ミニオン1体に4ダメージを与える。自分の手札に他のクラスのカードがある場合コスト(0)。
解説:発動条件が緩く、他のクラスを生成するカードの大半はレア以下であり低コストデッキでも十分に使える。
採用デッキ:ミッドレンジ

C最下層の故買屋/Underbelly Fence(レア)
能力:(2/2/3), 雄叫び:自分の手札に他のクラスのカードがある場合+1/+1と急襲を獲得する。
解説:血の復讐/Vendettaと似た評価を持つカード。但し血の復讐/Vendettaと比べると使い勝手はやや劣る。
採用デッキ:ミッドレンジ

A悪党同盟の悪漢/EVIL Miscreant(コモン)
能力:(3/1/4), コンボ:ランダムな悪の手先2体を自分の手札に追加する。
解説:悪の手先を生成するカードの中でもトップクラスの強さを誇る。攻撃力が低いのが難点だが、それを補って余りある程のカードパワーを持つ。
採用デッキ:ほとんどのローグデッキ

Bヘンチ・クランの強盗/Hench-Clan Burglar(コモン)
能力:(4/4/3), 雄叫び:他のクラスの呪文を1つ発見する。
解説:非常に豊富なシナジーを持つ上に単体でも強い便利屋。やや複雑な他のコンボカードと違い、場に出すだけで使いやすいのも特徴。
採用デッキ:コンボ、ミッドレンジ

突撃!探検同盟

Aファラオの愛猫/Pharaoh Cat(コモン)
能力:(1/1/2), 雄叫び:蘇りを持つランダムなミニオン1体を自分の手札に追加する。
解説:リソース確保に良し、コンボの起点にしても良しなカード。1コストのカード生成ミニオンは資産が無い場合は何かとお世話になる。
採用デッキ:ミッドレンジ

B鉤付きシミター/Hooked Scimitar(コモン)
能力:コンボ:攻撃力+2を獲得する。
解説:使い勝手に優れるコモン武器。ローグの武器は何かと複雑だがこれはシンプルで使いやすく、更にコモンなのが嬉しい。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

激闘!ドラゴン大決戦

Bドラゴンの宝の山/Dragon's Hoard(レア)
能力:他のクラスのレジェンドミニオン1体を発見する。
解説:ギャンブル要素が強いが、資産が無いうちは強力なフィニッシャーとなり得る。血の復讐や最下層の故買屋とのシナジーも持つ。
採用デッキ:ミッドレンジ

灰に舞う降魔の狩人

Cアッシュタン・スレイヤー/Ashtongue Slayer(レア)
能力:(2/3/2), 雄叫び:隠れ身状態のミニオン1体にこのターンの間、攻撃力+3と無敵を付与する。
解説:隠れ身シナジーのカードだが、どちらかというとアグロ向け。1コストの隠れ身を持つミニオンが揃ってから作成しよう。
採用デッキ:アグロ、隠れ身デッキ

Bスパイミストレス/Spymistress(コモン)
能力:(1/3/1), 隠れ身
解説:こちらもアグロ向け。1マナで3点が約束されるのはデカい。
採用デッキ:アグロ、隠れ身デッキ

C汚い手/Dirty Tricks(コモン)
能力:秘策:相手が呪文を使用した後カードを2枚引く。
解説:ローグで秘策デッキを組むには複数の高レアリティが必須となる為組みにくいが、このカードは単品で使える。
採用デッキ:秘策、ミッドレンジ

魔法学院スクロマンス

A秘密の通路/Secret Passageエピック
能力:自分の手札を自分のデッキのカード4枚と入れ替える。次のターンに入れ替え前の手札に戻す。
解説:異常なパワーを誇るカード。アグロ、ミッドレンジ問わずローグはこのカードが入ってる事が前提となる程。
作成の優先度は他のアグロ用カードが上なので、カードが揃ってない時に作ってしまわない様に。
採用デッキ:すべてのローグデッキ

B自己研鑽の剣/Self-Sharpening Sword(レア)
能力:自分のヒーローが攻撃した後攻撃力+1を獲得する。
解説:アグロ向け。レアリティはレアなので、アグロ用であればコモンである鉤付きシミターでも代用できなくもない。
採用デッキ:アグロ

Sワンド泥棒/Wand Thief(コモン)
能力:(1/1/2), コンボ:メイジの呪文を1つ発見する。
解説:メイジと同じ評価だが、コンボの発動が容易なローグでは更に需要が上がる。どちらのヒーローでも極めて有用なのが嬉しい。
採用デッキ:ほとんどのローグデッキ

Bヴァルペラの毒刃研究者/Vulpera Toxinblade(コモン)
能力:(3/3/3),自分の武器は攻撃力+2を得る。
解説:こちらもアグロ向け。常在能力なので武器を変更しても有効。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ、秘策

ダークムーン・フェアへの招待状

A狐の騙し屋/Foxy Fraud(コモン)
能力:(2/3/2), 雄叫び:このターン中に次に使用するコンボカードのコストを(2)減らす。
解説:コンボカードのコストを下げるため実質的に0マナ3/2ミニオン。少ないマナでもミニオンを出しつつコンボカードを使える点はコモンとは思えぬほどのパワーがある。ローグなら是非欲しい。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

Aペテン/Swindle(コモン)
能力:呪文を1枚引く。コンボ:さらにミニオンを1体引く。
解説:前提条件はあってないようなものであり実質2マナ2ドロー呪文。ローグならとりあえず採用を検討できる。
採用デッキ:ほぼすべてのローグデッキ

デーモンハンター

  • ベーシックカードと新参デーモンハンターで入手できるカードが圧倒的に強く、低資産のデッキが組みやすい。
  • レア以下のカードでも強力なものが目白押しであり、デッキ構築の幅は広い。

灰に舞う降魔の狩人

Aグルダンの髑髏/Skull of Gul'dan(レア)
能力:カードを3枚引く。異端:それらのコストを(3)減らす。
解説:デーモンハンターのドロー代表格。このカードにより息切れが滅多に起きない。
採用デッキ:ほとんどのデーモンハンターデッキ

C霊視力/Spectral Sight(コモン)
能力:カードを1枚引く。異端:カードをもう1枚引く。
解説:異端ドローソースその2。こちらも優秀だが、アグロ寄りの場合は中立で使い回しが効く貪欲な読書家に軍配が上がる。
採用デッキ:ほとんどのデーモンハンターデッキ

魔法学院スクロマンス

Aマロウスライサー/Marrowslicer(コモン)
能力:雄叫び:「魂の欠片」2枚を自分のデッキに混ぜる。
解説:ヒロパで1点を追加できるデーモンハンターにとって4点の武器はありがたい。「魂の欠片」シナジーを考慮しなくても投入できる。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

ダークムーン・フェアへの招待状

Aドレッドロード・バイト/Dreadlord's Bite(コモン)
能力:異端:全ての敵に1ダメージを与える。
解説:積極的に攻撃を行うデーモンハンターにとって3マナ武器は扱いやすく異端効果も強い。
採用デッキ:アグロ、ミッドレンジ

還元してよいカードの判断

エピックカードやレジェンドカードが当たったからといってそれが今の環境で使い道のあるカードとは限らず、還元(Disenchant)した方が良いカードもあります。
どのカードは還元した方がよいカードでどのカードは取っておくべきか、という判断はWikiで調べたいカードのページやコメントを読んだり、
HSreplay などの統計サイトで調べたいカード名を入力してどのくらい使われているかなどの方法で参考にするのが良いでしょう。
1度還元したカードを取り消すことはできないので、還元する前に自分の作りたいデッキに採用されていないか、あるいはメジャーなデッキによく使われているカードではないかをよく確認しましょう。

さいごに

「はじめに」の項にも書いてある通り、今まで挙げてきたのは絶対に必須なカード達、というわけではありません。
それでも様々なデッキに採用されますし、実際にゲーム中でも助けられる場面は多いはずです。

何から作ったらいいのかわからない、といった方は、初心者用デッキのページから、興味のあるものや手持ちのカードで近づけそうなデッキから、一つ目標を始めてみるのがいいと思います。

酒場のオヤジに安定して勝てるようになり、初心者用リーグを卒業するのが最初の目標です。
そこから先は、カードの揃っている相手も増えてきますので、相手の手を知ることも重要になります。
サイドメニューにある「脱初心者」関連ページを覗いてみると良いでしょう。

そうしていく内に、どんなカードが強いのか、どんなタイプのデッキが好きなのか、デッキに必要なカードが何なのかといったことがわかってくると思います。
勝ち上がることを目標にしている人も、憧れのデッキを作ることを目標にしている人も、正しい目で効率のよい(もしくは自分に合った)作成/還元ができるようになれば、より楽しくハースストーンを続けられるでしょう。


過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。