• TOP>
  • 年経たロングネック/Elder Longneck

年経たロングネック/Elder Longneck

TOP > ドルイド > 年経たロングネック/Elder Longneck

UNG.jpg


《年経たロングネック/Elder Longneck》はドルイドのコモン・ミニオンカード。


年経たロングネック.png
種族テキスト
雄叫び:手札に攻撃力5以上のミニオンがいる場合、適応する。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

マグマ・レイジャー/Magma rager》並のスタッツに条件付きの適応がついた獣。脆さを適応でカバーできる。
特に有用なのは体力+3と聖なる盾。1回は殴れる隠れ身や、序盤にミニオンを出さない相手なら対象不可も刺さる。盤面を取っているなら攻撃力+3や疾風で除去の避雷針になれる。
逆に速いデッキ相手だと小型ミニオンや軽量除去であっさり処理されてしまう。有利な相手には有利だが不利な相手には不利。

コスト手札と適応の引きで二重にランダム要素が絡むので安定せず、盤面やクラス相性を引っくり返せない。
シナジーが期待できるクエストデッキか遅めの獣デッキなら好みで採用もアリ。重いカードの多いデッキの低コストミニオン枠としてはそれなりに働いてくれる。

闘技場(Arena)

条件を満たせなければ《マグマ・レイジャー/Magma rager》と変わらず、条件を満たすのに闘技場ではちょっと困る。
適応できれば十分強いのだが適応内容自体もやや安定感に欠けるためか評価はそこそこ。

コンボ

デッキ

メモ

  • 大魔境ウンゴロ時点で唯一の、ドラゴンでない手札を参照するカード。
  • 適応で体力+3が出る確率は30%。聖なる盾でもよければ53%、隠れ身でもよければ71%。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ロングネックの首は何であんなに長いのかって?そりゃあ、頭があんな高いところにあるからさ。
  • 英:And so the bartender says, “Why the long neck?”
    • 訳: そしてバーテンダーはこう言った、「ロング・ネック(首の長い瓶入りのビール)はいかがで?」

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。