• TOP>
  • 扇動する船頭/Risky Skipper

扇動する船頭/Risky Skipper

TOP > ウォリアー > 扇動する船頭/Risky Skipper

ガラクロンドの目覚め


《扇動する船頭/Risky Skipper》はウォリアーのレア・ミニオンカード。


扇動する船頭
種族テキスト
海賊自分がミニオンを手札から使用した後全てのミニオンに1ダメージを与える。

入手法

アドベンチャーモードのガラクロンドの目覚め3章・悪党同盟クリア報酬として入手。
元のカードを開放していなければ作成することはできないし、還元もできない。
作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

注意点

戦略

手札からミニオンを使用する度に1ダメージをばらまく海賊。このカード自身もダメージを受けるので、そのままだと最大3回の起動となる。
相手の小型ミニオンを一掃できる他、爆弾ラングラー/Bomb Wranglerのような自傷系のカードの効果も起動できる。
スタッツも良好なのでとりあえず1ターン目に出しておくのも有効だが、現在のウォリアーではあらゆるコンボに必須カードになるため安易な素出しは避けるべき。

続けて鎧職人/Armorsmithを出すことで装甲を溜め、狂瀾怒濤/Battle Rageでの大量ドローを狙い、爆弾ラングラー/Bomb Wranglerで爆弾を量産し、血気の拳鬼/Bloodboil Bruteのコストを下げるなどあらゆるカードとシナジーを可能とする。

扇動する船頭、鎧職人、血盟の傭兵/Bloodsworn Mercenaryで鎧職人をコピー、空の略奪者/Sky Raiderあたりで回数を稼ぐと装甲はすさまじいものとなり、ダメージレースを仕掛けてくる一部のデッキと戦う際にはその時点で勝負が決まることは多い。
狂瀾怒濤を続けて打ってリソースを補充しようものならほとんどのデッキは対抗できないだろう。
イカリ/Ancharrrで引き込みやすく、またイカリが海賊の隠し武器/Corsair Cacheで引き込めることから、このカードに頼ったデッキ構築を可能としている。

現在ではほぼすべてのウォリアーに必須カードとして採用される。
上記のようにコンボのキーカードになっているのもあるが、グローフライの群れ/Glowfly Swarmで2/2を展開するドルイド、サテュロスの監督者/Satyr Overseerで体力2を量産するデーモンハンターなど除去としても有効に働くからである。
灰に舞う降魔の狩人で登場したトップクラスのデッキに対する回答になり、ウォリアーデッキを回すためにも必須なことからウォリアーを同環境における最強ヒーローとした陰の立役者とも言えるミニオン。

闘技場(Arena)

1ターン目にとりあえず出してもいいし、相手の小型ミニオンもまとめて倒せるので便利。ダメージをうまく調節すれば有利トレードも狙える。
状況によっては自分の首を絞める事になりかねないので、場に出さない方がいい事も。

コンボ

メモ

パッチ修正

  • Patch 16.23 (2020-2-07):種族に海賊を追加。

フレイバーテキスト

  • 日:川走、船頭千度賤奴を扇動、戦闘先導せんとす。
  • 英:Sworn enemy of the Safety Matey.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。