• TOP>
  • 【モンハンワールド】弓の特徴・操作方法・モーション・立ち回り

【モンハンワールド】弓の特徴・操作方法・モーション・立ち回り

ここでは【モンハンワールド(MHW)】の「弓」の特徴と使い方、操作方法、モーション、おすすめ立ち回りをまとめています。

▼全武器種の新モーションまとめはこちら
全武器種の新モーションまとめ

弓の特徴

  • チャージステップで避けながら溜められる
  • 溜め撃ち、剛射、曲射のコンビネーション攻撃が強力
  • 竜の一矢で遠距離でも高い火力が出せる
  • 撃ったあとすぐ溜めることで、次の溜めレベルから始められる

矢を引き絞って攻撃する遠距離武器。
機動性に優れているので、安全にモンスターに攻撃が可能。
溜め撃ち、剛射のおかげで火力も高くチャージステップを使うことですぐに矢を放つこともできるようになった。

今までモンスターとの距離が離れてしまうと有効な攻撃手段がなかったが、今作から竜の一矢の追加でそれも改善された。
竜の一矢は発動までに時間がかかるというデメリットはあるが、クリティカル距離が長く威力が高いため隙を見つけて撃っていこう。

新要素として最大溜めに達していない状態で撃ち、すぐに溜めると次の溜めレベルから溜め始めることができる。(最大溜めだと無効)
溜め時間を短縮できるテクニックなので覚えておこう。

スタミナ消費が非常に激しい武器なので、スタミナ管理には気を付けよう。

弓のおすすめコンボ

弓

基本コンボ

R2→〇

剛射を使った一般的なコンボ。
弓使いの基本なので必ずマスターしよう。

剛射曲射ループ

〇→〇→〇→

剛射と曲射交互に撃ち続けるコンボ。
瞬間火力が高めで、曲射のスタンを狙うときに便利。
徐々に後ろに下がるので、剛射のダメージが減ってきたら距離調整をし直そう。

短時間高火力コンボ

R2→〇→〇→〇+△

溜め射撃→剛射→曲射→竜の一矢と繋がるコンボ。
ハンターはほぼ動かないため、モンスターを狙いやすい。
モンスターのダウンと取った時に使おう。

弓のおすすめスキル

溜め短縮

弓の溜め時間を短縮するスキル。
射撃頻度が上がるので、火力を底上げできる。

装填数

溜めレベルの限界値を1段階上げるスキル。
溜め4の射撃が使いやすい場合に付けると効果を発揮する

ランナー

溜めの消費スタミナを軽減するスキル。
スタミナ消費が激しい弓にとって、スタミナ管理が楽になるスキルとは相性がいい。

変則射撃

剛射や曲射の威力を上げるスキル。
お手軽に弓の火力を上げることができる。

弓のおすすめ防具

※準備中

弓の操作方法

操作方法

ボタン説明
L2照準
R2射撃
特殊射撃
ビン装着
HOLD L2+×チャージステップ
△+○竜の一矢

弓のモーション動画

新モーション

竜の一矢

溜めから「〇+△」で出すことができる弓の大技。
クリティカル距離がものすごく長く威力も高い貫通矢。
発動してから発射までに時間がかかるので、モンスターが遠くに行ってしまったときなどで使おう。
直前の溜めの段階によってダメージが変わる。

クイックショット

溜めなくても矢を撃つことができる新モーション。
威力は溜め2と同レベルで、矢はクイックショット個別で設定されている。

チャージステップ

チャージ状態をキープしたままステップをする。
構えた状態で回避すると出すことができる。

武器一覧

系統別最強装備まとめ

各種武器一覧

モンハンワールドおすすめ攻略情報

★最新ピックアップ情報

ゲームの進めかた

おすすめ装備

素材の入手先まとめ

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

人気記事ランキング

最新の更新ページ

最新コメント

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 モンハンワールド攻略まとめwiki【MHW/モンスターハンターワールド】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

モンハンワールド攻略まとめwiki【MHW/モンスターハンターワールド】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。