• TOP>
  • 【モンハンワールド:アイスボーン】ベヒーモスの弱点・素材・攻撃パターン

【モンハンワールド:アイスボーン】ベヒーモスの弱点・素材・攻撃パターン

ここではモンハンワールド(モンスターハンターワールド、MHW、アイスボーン)に登場する「ベヒーモス」の特徴と弱点、ドロップする素材、攻撃パターンなどをまとめています。

ベヒーモス攻略情報

ベヒ

ベヒーモスはFFシリーズお馴染みのモンスター。超広範囲の即死攻撃を持っているため、事前に対策方法を知る必要がある。

ベヒーモスの特徴と弱点

ベヒーモスの特徴

咆哮風圧振動属性やられ状態異常
-裂傷
弱点部位弱点属性
頭部
破壊可能部位
角・前脚・尻尾

ベヒーモスの肉質

通常時

部位エキス
頭部
背中
腹部
前脚
後脚
尻尾

ベヒーモスの出現場所

※赤字が寝床

マップ名移動エリア
龍結晶の地?エリア8,9,12,13,14,15

ベヒーモスのドロップ素材

下位上位
剥ぎ取り-魔獣のたてがみ?
魔獣の堅骨?
魔獣の裂爪?
魔獣の尻尾?
魔獣の大角?
捕獲--
落とし物-魔獣のたてがみ?

ベヒーモスの攻撃パターン・立ち回り

共通

ベヒーモスはソロとマルチでHPが変わらないため、マルチで挑戦するのがおすすめ。ベヒーモス戦は武器ごとの役割を把握することが大事で、タンク(盾役)、アタッカー(攻撃役)、ヒーラー(回復役)の3つに別れて戦うことが重要。各役割をしっかり理解した上で戦いに挑もう。

ロール名武器種やる事
タンクランス、ガンスなど頭を攻撃して敵視(こちらに攻撃対象が向いている)を稼ぎ、味方の代わりに攻撃を受ける役職。
アタッカー太刀、チャアク、弓などタンクにヘイトが向いている間に尻尾や前脚を攻撃し、ダメージを稼ぐ役職。
ヒーラー片手剣、狩猟笛など広域化や、旋律でタンクやアタッカーの回復やサポートを行う役職。

剣士

タンク(ランス、ガンスなど)は積極的に頭を攻撃し、必ず敵視を自分に向けられるように動き、アタッカーが攻撃しやすいように自分が攻撃を受け持とう。

アタッカー(太刀、スラアク、チャアクなど)はタンクが攻撃を受けている間に、尻尾や前脚を攻撃して部位破壊を目指す。頭は攻撃してしまうと敵視を受けるため、頭はタンクに任せて尻尾や前脚を優先して攻撃しよう。

ヒーラー(片手剣、狩猟笛など)は攻撃より味方のサポートを優先して行おう。必ず広域化Lv5を付けてHPが少ないプレイヤーがいたらすぐに回復してあげよう。

ガンナー

ヘヴィの場合はシールドを装備し、ガード強化ガード性能をつけると安定して戦えるようになる。頭を集中的に攻撃し敵視を稼ごう。ライトや弓の場合はアタッカーとして戦うのがいいため、尻尾や前脚を攻撃していこう。

ベヒーモスの攻撃パターン

注意すべき行動

ミールストーム

数秒間その場に配置される竜巻攻撃。自分の足元に砂煙が上がり出したら、ミールストームに狙われている合図。エリア中央に竜巻が発生すると邪魔になるため、エリアの端に行くか、スリンガー閃光弾でキャンセルしてしまおう。

エクリプスメテオ

隣のエリアまで判定がある広範囲の即死攻撃。ベヒーモスが立ち上がったらエクリプスメテオのサイン。すぐにコメット(隕石)の裏に隠れよう。初めは予備動作が分からないかもしれないため、他のハンターが攻撃をやめ走り始めたらそれについていこう。

攻撃パターン一覧

攻撃動作
叩きつけ正面に拳を叩きつける。
飛びかかりハンターとの距離がある時に大きくジャンプして飛びかかる攻撃。
突進地面に肩を当てながら前方に突進。
回転攻撃その場で一回転する広範囲の攻撃。尻尾を切ると攻撃範囲が狭くなる。
ミールストームエリアに一定時間残り続ける竜巻攻撃。スリンガー閃光弾でキャンセルできる。
サンダーボルト地面が光った後正面と左右斜め前に雷が走る。
メテオ狙ったハンターの頭上に隕石が落ちてくる。
コメット落石攻撃。エクリプスメテオの回避手段になるため、壊されないようにする。
エクリプスメテオ広範囲の即死攻撃。コメットの裏に隠れて回避する。

モンスター一覧

コメント

アクセスランキング

人気記事ランキング

最新の更新ページ

最新コメント

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 モンハンワールド:アイスボーン攻略wiki【MHWI攻略】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

モンハンワールド:アイスボーン攻略wiki【MHWI攻略】へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。