• TOP>
  • 【バイオハザードRE2】プレイキャラの違い|レオンとクレアどちらから始めればいいか

【バイオハザードRE2】プレイキャラの違い|レオンとクレアどちらから始めればいいか

バイオハザードRE:2(バイオハザード2リメイク)のレオンとクレアのキャラによる違いについてまとめています。

キャラによる違い

キャラによる違いについて

プレイキャラクターのレオンとクレアにはキャラごとに武器の違いや体力の違いなど異なる特徴が存在する。

クリア後に解放されるストーリーについて

クリア後に追加される2ndストーリー

レオン編をクリアすれば「クレアの2ndストーリー」が解放され、クレア編をクリアすれば「レオンの2ndストーリー」が解放される。

通常プレイとは異なる視点で物語を楽しむ

2ndストーリーとは、通常プレイとは異なる視点から物語を進めることができる特別なストーリーのことだ。

エクストラモードもある

また本作では特定条件を達成してクリアすると、ハンクや豆腐などエクストラモードも開放される。

無料DLCで3人のプレイキャラが追加予定

間もなく配信される無料DLC「ゴーストサバイバーズ」をダウンロードすればガンショップ店長を含む3人のキャラクターのサブストーリーをプレイすることができる。

どちらのキャラからはじめればいいの?

比較的クレアの方が初心者向け

基本的にどちらのキャラクターからスタートしてもかまわない。いずれのキャラクターでスタートしても『バイオRE2』のメインストーリーをすべて知り尽くすためには計4回ストーリーをクリアすることになる。ただし、クレアの方がハンドガンのクリティカル性能が高めに設定されているためヘッドショットを駆使すれば弾薬を節約できるので、比較的に初心者向けキャラクターだと言えるだろう。

レオンの特徴

レオン

ショットガン、マグナム、火炎放射器が使える

どんなタイプの敵にも高威力を発揮するショットガンとマグナムを使用することができる。また、植物化したゾンビであるイビーに有効だ。

体力が高い

クレアに比べて体力が高いため敵の攻撃をより多く受けることができる。

パートナーはエイダ・ウォン

エイダ・ウォン

レオンのパートナーは東洋系のエイダ。謎多き女性とともに脱出を図りたいならレオンを選ぼう。

▼レオンが気になるプレイヤーはさっそくレオン編からプレイスタート!

クレアの特徴

クレア

クレアの方が初心者向け

クレアの初期ハンドガンは5発しかないがクリティカル率が高く頭にしっかり当てれば弾薬を節約できる。また道中で取れる2個目のハンドガンは威力が高く扱いやすい。

グレネードランチャー、サブマシンガン、スパークショットが使える

榴弾、焼夷弾、硫酸弾の3つの弾を使い分けることができる強力な武器「グレネードランチャー」を使うことができるのが最大の特徴。バイオシリーズの女性キャラのといえばグレネードランチャーだ。

体力は低め

レオンに比べて体力が低めに設定されている。そのぶんプレイ難易度はレオンに比べて若干高いか。

パートナーはシェリー・バーキン

シェリー・バーキン

クレアのパートナーはバーキン博士夫婦の娘であるシェリー。戦闘能力のない少女を助けながら脱出の道を切り開こう。

▼クレアでプレイしてみたいプレイヤーはクレア編からはじめよう!

アンケート

関連記事

バイオハザードRE2TOPへバナー

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

    アクセスランキング

    人気ページランキング

    最新コメント


    コメントをもっと見る

    最新の更新ページ


    更新ページをもっと見る

    動画


    ▶︎動画をもっと見る

    編集メンバー参加申請

    こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

    管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

    編集メンバーの詳細はこちらから。

    あなたのアカウント ゲスト
    サイト名 バイオハザード2リメイク攻略wiki
    メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
    編集メンバー参加申請

    編集に参加するにはログインが必要です。

    バイオハザード2リメイク攻略wikiへようこそ!

    {{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
    ※勝手にツイートすることはありません。