• TOP>
  • 【バイオハザードRE2】ゾンビ・クリーチャー一覧

【バイオハザードRE2】ゾンビ・クリーチャー一覧

注目記事はこちら!
1月11日配信の体験版攻略情報

バイオハザードRE:2(バイオハザード2リメイク)に出現するゾンビ・クリーチャーの特徴や対処方法などをまとめています。

一覧

ゾンビ

ゾンビヘッダー

特徴

「T-ウィルス」に感染し、怪物化した人間。
最も多く出現するゾンビ。プレイヤーを発見すると、接近し噛み付き攻撃を行う。

対処方法

ハンドガンで距離を保って攻撃すれば安全に倒すことができる。至近距離なら、ショットガン(上方攻撃)で頭部を撃つのが有効だ。

ゾンビ改

特徴

アンブレラ研究所にて登場する改造されたゾンビ。通常のゾンビよりも攻撃力が強化されている。

対処方法

ゾンビと同じ。

ゾンビ犬

ゾンビ犬

特徴

警察犬として飼育されていたドーベルマンが「T-ウィルス」に感染したもの。
床をゆっくり歩いていて、プレイヤーが近くを通ると走って襲ってくる。

対処方法

攻撃を受けると必ず転倒するため連続的に攻撃がしやすい。
複数いる場合は交互に攻撃して転倒させるなどすると倒せる。

リッカー・リッカー改

リッカー

特徴

天井に貼りついてプレイヤーが近くを通ると落ちてくる。プレイヤーと距離が開いていると飛び掛って攻撃をする。
床にいる場合はプレイヤーが近くを通ると足を引っかいて攻撃をしてくる。

対処方法

ショットガン1発~3発やグレネードランチャー(硫酸弾)1発~2発で倒すことができる。

カラス

特徴

プレイヤーの頭をつっついて攻撃してくる。
最初は床に止まっている事が多いが、プレイヤーが近づいたり銃を撃つと発砲音で気づかれてしまう。

対処方法

基本的には走れば通過できる。
倒すならコンバットナイフで1匹ずつ倒すといい。

アリゲーター

特徴

「T-ウイルス」に感染して巨大化したワニ。プレイヤーに接近して噛み付き攻撃をしてくる

対処方法

壁に設置されているガスボンベをくわえさせて武器で攻撃して爆発させて倒す。
通常の武器で追い詰められる前に倒す。

イビー

特徴

植物が進化した生物。プレイヤーを見つけると接近し触手をたたきつけて攻撃してくる。接触すると、捕まえて消化液をかけてくる

対処方法

火炎放射器グレネードランチャー(火炎弾)で簡単に倒せる。
それ以外の攻撃では対処に時間がかかってしまう。

毒イビー

特徴

イビーが進化した生物。表シナリオにてアンブレラ研究所にある対B.O.W.用ガスを散布していると裏シナリオに出現。
捕まって消化液を受けると毒状態になってしまう

対処方法

対処方法はイビーと同じ

大クモ

特徴

100%毒状態にする毒液を放ってくる。

対処方法

毒液をくらうと100%毒状態になるので、無視するのがお勧め。倒す場合はショットガンなどで攻撃するとよい。

タイラント

タイラント

特徴

裏シナリオに出現。
アンブレラが兵器開発技術の粋を集めて創り上げた最強のB.O.W.。横をすり抜けて通過しようとするとラリアット攻撃を仕掛けてくる。
倒すとアイテムを落とす。

対処方法

体力が高く倒そうとするとかなりの弾薬が必要になってしまうため、ダメージ覚悟で接近してラリアット攻撃を受けて通過するのがベスト。

スーパータイラント

特徴

裏シナリオに出現。
タイラントのリミッターが解除されたもの。ダッシュで接近し鋭い爪で攻撃してくる。

対処方法

スーパータイラントは通常の武器による攻撃で倒す事はできず、戦闘が始まって1分経過するか、武器よる攻撃で体力を減らしていくとロケットランチャーが渡されるイベントが発生する。そのロケットランチャーを入手して1発撃ち込むと倒せる。

1分経過するまで逃げ回ればベストだが、攻撃スピードが速いため、最初からダメージ覚悟でマグナム2発~や硫酸弾2発~を数発攻撃すると、1分たたずロケットランチャーが渡されるので、攻撃をした方が効率がいい。

G成体

G

特徴

口から小型のG生体を吐き出して、プレイヤーを見つけると足から登ってきて首を噛み付いて攻撃してくる。G生体はプレイヤーと距離をゆっくりと詰め寄って鋭い爪で攻撃してくる。攻撃すると酸のような物が噴出し当たるとダメージを受けてしまう。

対処方法

接近される前にマグナムボウガンで倒してしまおう。その際に小型のG生体が素早く接近して首に噛み付いてくるため、足にまとわりつかれたらボタン連打で振りほどこう。G生体は踏み潰す事ができるが踏みづらい。

G第1形態

G第1形態

特徴

ウィリアム・バーキンが自身にG-ウィルスを投与し変化した姿。人の形は保っているが右腕には大きな眼球ができている。右腕で持っている鉄パイプを使用して攻撃してくる。

対処方法

動きは鈍いが攻撃力が高いため、距離をとってマグナムグレネードランチャー(硫酸弾)で攻撃しよう。

G第2形態

特徴

先の主人公との戦闘によるダメージからの回復に伴いG細胞を増殖させた影響で、更なる進化を遂げたのに加えG生物独自の気管が随所で発達、形成される途中の状態。攻撃方法は大きな爪で切り裂く。

対処方法

第1形態よりスピードが早くなっており、攻撃範囲も広くなっている。距離をとってマグナムグレネードランチャー(火炎弾)で攻撃しよう。接近してきたら、距離をとってから攻撃を再開しよう。

G第3形態

特徴

ウィリアムの細胞とG細胞との融合、入れ替わりが完了し、完全なG生物にへと進化を遂げた状態。以前まで発達していなかった左腕も右腕同等の大きさに発達し、背中に腕が移動し翼のような形になっている。

対処方法

スピードは第2形態より少し早くなり、距離をとりすぎるとジャンプして一気に間合いを詰めてくる。距離をとりすぎず、一定の間合いを維持してマグナムグレネードランチャー(火炎弾)で攻めよう。

G第4形態

特徴

第3形態の時点で度重なる主人公との戦闘によるダメージを負ったGが、回復を遂げつつ次の形態に変異した状態。バイオハザード2で登場するクリーチャーで最強クラスの強さ。第3形態の機動力、跳躍力を持っており、体当たりや爪攻撃また高所からの飛びかかりなど攻撃手段が多い。その中で特に驚異的な攻撃が噛み砕き。HPが半分近くあっても一撃でやられてしまうほどの攻撃力。

対処方法

回復アイテムを多めに準備し、ダメージを受けたら噛み砕き警戒ですぐに回復しても構わない。攻めるときはカスタムマグナムグレネードランチャー(火炎弾)で攻撃。また足場に乗ったときは上方攻撃で1~2回攻撃しよう。

G第5形態

特徴

これまでの戦闘による度重なるダメージからの超回復に加え、それに必要な養分等を補うため、手当たり次第に死体やゾンビなどを大量に摂取した結果、最早以前の原型すら止めない非常に巨大な肉塊のような醜悪な姿となった状態。第5形態と戦う列車内はとても狭く迫ってくる第5形態を迎え撃つような形となっている。主な攻撃は触手攻撃と大きな口から繰り出される噛み砕き。

対処方法

戦闘が始まったらその場でカスタムマグナムグレネードランチャー(火炎弾)を撃ちまくり、近づかれたら入り口まで下がって再び撃ち続けよう。

関連記事

バイオハザードRE2TOPへバナー

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

最新コメント


コメントをもっと見る

最新の更新ページ


更新ページをもっと見る

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 バイオハザード2リメイク攻略wiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

バイオハザード2リメイク攻略wikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。