• TOP>
  • 「吉本興業vs講談社」という図式

「吉本興業vs講談社」という図式

竹中功

著者:竹中 功

1959年大阪市生まれ 1981年吉本興業株式会社入社後、宣伝広報室を設立、『マンスリーよしもと』初代編集長、よしもとNSCの開校に携わる。よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役、よしもとアドミニストレーション代表取締役などを経て2015年7月退社。
現在は作家として謝罪関連から、広報、コミュニケーションの専門家としての出版多数。また講演会やセミナーを通してビジネス人材の育成や危機管理、広報、メディアリレーションなどに関するコンサルタント活動を行う。
https://www.mdnboys.com/profile

本サイトは竹中 功氏による著書「吉本興業史」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

吉本興業vs講談社

 紳助の引退が発表されたあとも、さまざまなメディアが紳助を取り上げていた。糾弾の色合いが強く、復帰への道を閉ざしてしまうことにもつながりかねない報道も見られた。吉本興業としては、そんな報道を歓迎できるはずがなかった。紳助と山口組幹部が親しげにしている写真を掲載するなどしていた『フライデー』は、とくにそうだった。ある種の遺恨が生まれて引きずっている部分もなくはなかった。

 これまで吉本興業は、『フライデー』や『週刊現代』を相手にして裁判でも争ってきた。雪解けできていた面もあれば、引きずっている面もある。

 吉本興業所属のタレントが、講談社の媒体に露出する機会が少ないのは事実といえる。
「ロザン」菅広文(すがひろふみ)の『京大芸人』『京大少年』が講談社から刊行されたように、関係が断絶しているわけではないが、あくまでレアケースだ。

吉本を取り上げて『フライデー』は売れるの?

 令和の騒動は『フライデー』によるスクープが引き金になっていた。それも、やはり過去とは切り離せない部分もあったのではないかと考えられる。「吉本興業vs講談社」という図式が背景にあったといっても勘繰りすぎではないはずだ。

 大﨑は感情的になりやすい面があり、自分が育てた芸人を守ろうという意識が強い。いつまでも根に持っていることもあれば、あっさり忘れたりすることもある両極端な面がある。そのあたりも、この人の憎めないところだ。

 闇営業に関する一連のスクープがあったあとの2019年(令和元年)11月には、大﨑が女性と寿司(すし)屋に行っていたところを『フライデー』に直撃されていた。内心はどうだったかはともかく、このとき大﨑は、『フライデー』のインタビューにも応じていた。そのうえでこうも話していた。

「吉本を取り上げて『フライデー』は売れるの? 売れなかったら申し訳ないわ」
 この記事を読んだときには、大﨑らしいな、と思わず笑ってしまった。

試し読みページ一覧

はじめに
日本中を騒がせた二つの記者会見
・宮迫博之と田村亮の闇営業謝罪会見
・吉本の内部事情をさらけだすよな2時間半
「ビッグボス」がいなくなった日
・「お家騒動」に巻き込まれた中田カウス
・林正之助会長の逝去
「創業家当主」が起こした、お家騒動
・林マサ氏によるお家騒動
・中田カウスとマサ氏の関係
・キナ臭かった当時の吉本
「血だらけ」になっていた中田カウス
・未だ犯人の判明しない中田カウス襲撃事件
・襲撃を受けた中田カウスのその後
TOBにより林家、暴力団関係者と決別
・吉本興業の改革/創業家の排除
島田紳助の後輩への想い
・一世を風靡した島田紳助/島田紳助の引退
大﨑洋の「紳ちゃん……、ごめんな」
・波紋を呼んだ大崎の発言/大﨑の心中
「吉本興業vs講談社」という図式
闇営業騒動の余波
・カラテカ入江の契約解除
・加藤浩次と田村淳の独立
デビュー前のダウンタウン物語
NSC一期生という「ファミリー」
和会系暴力団組長の誕生パーティ出席事件

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 吉本興業史 - 竹中功 ~ 吉本興業の組織を徹底解剖!
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

吉本興業史 - 竹中功 ~ 吉本興業の組織を徹底解剖!へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。